海外拠点向けクラウド型ERP「multibook(マルチブック)」、ロジスティクス機能を強化クラウド倉庫管理システムで業界シェア1位の「ロジザードZERO」と連携開始

〜倉庫内の在庫の位置・数・状態の把握や、商品在庫の評価・収益性の即時算出が可能に〜

株式会社マルチブック(東京都品川区、代表取締役CEO:渡部学、以下「当社」)は、海外拠点のデータ集計・不正防止・決算早期化などの経営管理課題を解決する、グローバル企業向けクラウド型会計・ERP※1サービス「multibook(マルチブック)」と、クラウド型在庫管理システムのリーディングカンパニーであるロジザード株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:金澤 茂則、以下「ロジザード」)の提供する業界シェア1位のクラウド型WMS※2サービス「ロジザードZERO(ロジザードゼロ)」との連携を開始しました。


■サービス連携の背景
「multibook」は、グローバル展開する企業が全事業・全拠点の経営状況をクラウド上で把握できる環境を構築し、日本企業のグローバル進出や会計DXを支援する月額6万円から使用可能なクラウド型会計・ERPサービスです。
グローバル企業の在庫管理をリアルタイムで実現し、品目別の受発注残状況を反映した在庫見通し管理に加え、品目別、取引先別での収益性を分析する高度な機能を標準で提供しています。特に、海外に事業展開する製造業や物流を担う商社が本機能を利用していますが、利用者からは海外でグローバルなサプライチェーンを展開するなど、リアルタイムに各国における現物在庫の管理を正確に把握したいとの要望が上がっていました。このことから、当社は、「multibook」と連携して倉庫における在庫状況をより正確に管理する機能の拡充を検討していました。

クラウド型WMSサービス「ロジザードZERO」は、物流倉庫やバックヤードの実在庫をクラウドで正確に管理できる倉庫管理システム業界においてシェア1位のサービスです。倉庫内のどこに・何が・何個、どの状態(A品・B品など)で保管されているかをクラウド上で把握することが可能です。

以上を踏まえ、当社は、当社が提供する「multibook」を、クラウド型在庫管理システムのリーディングカンパニーであるロジザードの提供する業界シェア1位のクラウド型WMS※2サービス「ロジザードZERO(ロジザードゼロ)」と連携し、より正確な海外現地倉庫における在庫状況を元にした経営・会計管理が実現するサービスへと強化しました。
両クラウドサービス間が連携されることにより、入出荷の予定の共有や入出荷実績、棚卸実績などのデータを提供することが可能となります。また利用者は個別開発を行わずに両クラウドサービス間でデータの入力が可能です。

今後も当社は両クラウドサービス間の連携活用を推進することで、日本企業の海外進出支援やグローバル経営管理DXの実現に取り組んでまいります。

※1 ERP…Enterprise Resources Planning の略称で、企業経営の基本となる資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を一元管理し有効活用する考え方です。企業の基幹業務を支援する「基幹システムパッケージ」を指すことが多く、データに基づいた経営や業務効率化を実現します。

※2 WMS…Warehouse Management Systemの略称で、倉庫への貨物、資材、商品の入出庫管理や在庫管理などの機能を搭載した物流品質や生産性の向上につながる倉庫管理システムを指します。

 ■連携概要

連携イメージ図連携イメージ図

 

《multibook→ロジザードZERO》 《ロジザードZERO→multibook》
・商品マスタデータ ・入荷実績データ
・入荷予定データ ・出荷実績データ
・出荷指示データ ・棚卸しデータ

 



 ■「ロジザードZERO」概要
「ロジザードZERO」はロジザードが提供するクラウド型倉庫管理システム(WMS)です。国内外のメーカー様・通販事業者様・3PL事業者様にご利用いただいており、WMS業界においてトップシェアを誇ります。BtoC物流からBtoB物流まで幅広い業態・商材を管理できる柔軟性、丁寧かつスピード感のある導入支援、365日対応のサポート体制が評価され、口コミを中心に実績を伸ばしてきました。
海外利用については6言語に対応、東南アジアに展開された現地代理店網により安心してご利用頂けるサポート体制を高く評価いただいています。
※Logistics Today発表「第1回 主要クラウドWMSアクティブ導入拠点(アカウント)数調査結果(2020年11月)」より
サービス名:ロジザードZERO(ロジザードゼロ)
URL:https://www.logizard-zero.com/
言語対応:日本語、英語、タイ語、ベトナム語、中国語(繁体字・簡体字)


■クラウド型会計・ERP「multibook」概要
海外拠点管理に最適なクラウド型会計・ERPサービスです。11言語※・複数帳簿に対応し、各言語・通貨での会計業務や為替の換算が可能で、複数拠点を本社で一元管理できます。
製造・商社・飲食・建設など多業種にわたり、上場企業から非上場企業まで、31ヵ国・250社への導入実績があります。
サービス名:multibook(マルチブック)
URL:https://www.multibook.jp/
利用料金:月額6万円〜。
主な機能:11言語対応※、各言語・通貨による会計、固定資産管理、在庫管理、経費精算、連結会計連携等
※11の対応言語:
日本語、英語、タイ語、ベトナム語、韓国語、ミャンマー語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語(繁体字・簡体字)


■ロジザード株式会社 会社概要
会社名:ロジザード株式会社(証券コード:4391)
代表取締役社長:金澤 茂則
設立:2001年7月
本社:〒103-0013東京都中央区日本橋人形町三丁目3番6号
事業内容:SaaS(クラウドサービス)事業、情報システムの開発及び販売、物流業務・小売業務コンサルティング
URL:https://www.logizard.co.jp/

 

■株式会社マルチブック 会社概要
会社名:株式会社マルチブック
代表者:代表取締役CEO渡部学
設立:2000年9月
本社:東京都品川区西五反田1-1-8 NMF五反田駅前ビル5階
海外拠点:シンガポール ・タイ ・香港 ・ オランダ ・ドイツ
事業内容:クラウド型会計・ERPサービス「multibook」等の企画・開発・提供
URL:https://www.multibook.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マルチブック >
  3. 海外拠点向けクラウド型ERP「multibook(マルチブック)」、ロジスティクス機能を強化クラウド倉庫管理システムで業界シェア1位の「ロジザードZERO」と連携開始