2021年フォーブス「日本長者番付」 上位50人の資産総額は48%増加

2021年4月22日─新型コロナウイルスのパンデミックが続く中でも、日本の富豪上位50人の資産は合計で2490億ドル(約27兆円)となり、昨年の1680億ドルから48%増加した。今回の番付では初めて、番付の50位までに入ったすべての富豪の保有資産が10億ドルを超えた。50人全員をを含むリストは、Web特設ページ https://bit.ly/3eBJJ0L(英語)とwww.forbesjapan.com/feat/japanrich(日本語)、雑誌「Forbes Asia」4/5月号、
「Forbes JAPAN」8月号(6月25日発売)に掲載される。

2020年に5%縮小した日本経済はその後、輸出が増加に転じたことや、近く開催予定の東京五輪への期待感もあり、力強い回復に向かう基調にある。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が4月に適用した措置がもたらした先行きの不透明性を払いのけ、ベンチマークである日経平均株価は、1年前からおよそ54%上昇している。

長者番付の1位に返り咲いたのは、日本のコングロマリット、ソフトバンクグループの創業者、孫正義。ランク入りした50人の中で最も大きく資産を増やし、保有する資産額は昨年の2倍を超える444億ドルとなった。

出資するフードデリバリーの米ドアダッシュ(DoorDash)や、「韓国のアマゾン」と呼ばれる同国のネット通販大手クーパン(Coupang)の新規株式公開(IPO)も、資産の増加が影響した。

在宅勤務に適した快適な衣類を提供するユニクロは需要が増大。ユニクロを運営するファーストリテイリングの柳井正の資産は、昨年から約90%増加し、およそ420億ドルとなっている。過去2年間トップにつけていたが、今回は1ランク下げた。

3位は昨年と同じ、キーエンス創業者の滝崎武光。資産は昨年の198億ドルから258億ドルに増加した。4位も昨年と変わらず、サントリーホールディングスの会長、佐治信忠となっている。佐治の資産額は今年、昨年の94億ドルから97億ドルに増えた。

ランキングのリストに名を連ねた富豪のうち、36人が資産を増やしており、うち十数人の保有資産は10億ドル以上増加した。さらにそのうち5人は、資産を倍以上に増やしている。

その5人に含まれる1人は、日本電産の永守重信(5位、資産額90億ドル)。コロナ禍で自社が手掛けるコンピューターやハードディスクドライブ、家電製品向けのモーターの売上高が急増、今回初めてトップ5に入った。

また、中古品を売買できるフリマアプリ、メルカリの創業者である山田進太郎(25位、22億ドル)は、利用者の急増を受け、資産の増加率で50人中トップとなっている。

コロナ禍に見舞われる中でも、日本には新たなビリオネアが誕生している。そのメンバーは、以下のとおりとなっている。

インターネットを利用した医療関連サービスのエムスリーの代表取締役、谷村格(40位、14億2000万ドル)、クラウドサービスのラクスの代表取締役、中村崇則(45位、12億6000万ドル)、投資家向け広報活動・株主情報に特化したコンサル業務のアイ・アール・ジャパンホールディングスCEO、寺下史郎(47位、12億4000万ドル)、電子契約サービスなどを提供する弁護士ドットコム創業者、元榮太一郎(49位、12億ドル)。もう一組は、半導体関連装置のレーザーテックの創業家である内山家(27位、20億5000万ドル)だ。

また、今回リストに返り咲いたのは、しまむらの創業者、島村恒俊(37位、16億ドル)、ビックカメラの創業者、新井隆二(43位、13億ドル)。そして、TSUTAYAの創業者、増田宗昭(48位、12億2000万ドル)。

昨年から資産を減らした富豪は、パンデミックで打撃を受けた大手パチンコ店グループ・マルハンの創業者、ハン・チャンウ(35位、16億9000万ドル)などわずか4人だった。そのほか今回リストから姿を消した8人には、ダイナムジャパンホールディングスの佐藤洋治など、同業者の3人が含まれている。

今回の番付では50位の富豪の保有資産は11億5000万ドルとなり、昨年の8億1000万ドルから増加した。

日本長者番付トップ10:
1)孫 正義:444億ドル
2)柳井 正:420 億ドル
3)滝崎武光:258億ドル
4)佐治信忠:97億ドル
5)永守重信:90億ドル
6)高原豪久:80億ドル
7)三木谷浩史:75億ドル
8)似鳥昭雄:52億ドル
9)重田康光:51億ドル
10)毒島秀行:44億ドル

ランキングは本人や証券取引所、アナリスト、企業の財務諸表などから得た情報を基に作成。非公開会社の価値は、類似した公開会社の財務比率などと比較して推計した。各氏の保有資産は、家族の資産を含む場合もある。また、番付には日本に事業基盤を持つ外国籍の人も含まれる。資産額は2021年4月5日の取引終了時の株価の終値と為替レートに基づいて算出。3月5日の株価に基づき決定した世界長者番付とは、順位が異なる場合がある。

詳細は下記リンク先を参照のこと。
www.forbes.com/japan
www.forbesjapan.com/feat/japanrich

 Forbesとは:
「起業家資本主義」のメッセージを発信するフォーブスは、成功者、そして成功を目指す人たちをたたえることにより、その成功を支援しています。フォーブスは変化の原動力となり、ビジネスを変え、世界に多大な影響を与えている有力なリーダーや起業家から情報を集め、発信しています。フォーブス・ブランドは現在、信頼を得たジャーナリズムと、独自の「ForbesLIVE」イベント、マーケティングに関するカスタム・プログラム、ライセンスによって71カ国で発売する32の現地版を通じて、世界の1億4000万人以上にサービスを提供しています。フォーブス・メディアのブランドには、不動産、教育、財務サービスのライセンス契約に関するものも含まれます。さらに詳しい情報は、Forbes News HubやForbes Connectのサイトでご確認頂けます。

Forbes JAPANとは:
フォーブス ジャパンは「Forbes」の日本版として2014年6月に新創刊。グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。毎号ライフスタイル記事を同載し、読者へオンとオフの情報を発信しています。
そのWeb版forbesjapan.comではForbes.comが日々配信する多彩な記事をキュレーション。本誌記事、専門性のあるオフィシャルコラムニストによるオリジナル記事と合わせ、読み応えのあるコンテンツを毎日配信しています。

媒体名   : フォーブス ジャパン
刊行形態  : 月刊(毎月25日発売)
発行部数  : 80,000部
判型    : A4変形/無線綴じ
総ページ  : 150ページ前後
定価    : 1200円(税込)
発行元   : リンクタイズ株式会社
発売元   : 株式会社プレジデント社
編集長   : 藤吉 雅春
発行人   : 上野 研統
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リンクタイズ株式会社 >
  3. 2021年フォーブス「日本長者番付」 上位50人の資産総額は48%増加