Yogiboプロデュースによる「センサリールーム」 Yogibo WEリーグが行われる「ノエビアスタジアム神戸」に常設

 快適すぎて動けなくなる魔法のソファYogibo(ヨギボー)を展開する株式会社ウェブシャーク(大阪市中央区/代表取締役社長 木村誠司)は、公益社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)およびINAC神戸レオネッサのご協力のもと、9月12日(日)に開幕を迎える2021-22 Yogibo WEリーグの開幕戦会場であるノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)に、Yogiboプロデュースによる「センサリールーム」を導入いたしました。
 本取り組みはYogiboがタイトルパートナーを務めるWEリーグが行う多様性社会の実現に向けた活動「WE ACTION」の一環となります。この度の常設化によりWEリーグ参加クラブである「INAC神戸レオネッサ」のホームゲーム開催時において、センサリールームの利用が可能となります。
※WEリーグ開催時以外のセンサリールーム運営については調整中となっております。
 


 センサリールームとは、聴覚や視覚など感覚過敏の症状がある人やその家族が安心して過ごすことができる部屋です。大きな音や眩しい光、人混みなどが苦手な方でも落ち着いた環境でスポーツ観戦を楽しむことができる空間となっております。

 今回プロデュースしたセンサリールームのコンセプトはコクーン(繭)。母親の胎内のように優しく包みこまれた空間をイメージして設計しております。部屋全体はナチュラルで温かみのある色調にすることで落ち着いた空間となっており、床面には人工芝を敷くことでスポーツ観戦の臨場感を演出しております。また、Yogiboのビーズソファを始め、ぬいぐるみや玩具を取りそろえ、子どもだけでなく家族全員が安心してゆったりと過ごせる空間となっております。なお、センサリールームの運営にあたっては、数々のコンサルティング実績のある橋口亜希子個人事務所様にサポート頂きます。

 欧米や豪州を中心にスポーツ施設での設置が広まりつつある中、日本国内においてはまだまだ「センサリールーム」自体の認知が低い状況です。Yogiboはスポーツや文化活動に誰しも参加できるストレスのない社会の実現を目指し、今後も『センサリールーム』の啓発・普及を推進してまいります。
 
  • センサリールーム概要
運営:公益社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)/アイナックフットボールクラブ株式会社
協力:楽天ヴィッセル神戸株式会社、橋口亜希子 個人事務所
会場:ノエビアスタジアム神戸(INAC神戸レオネッサゲーム開催時)
   兵庫県神戸市兵庫区御崎町1丁目2-2
定員:2家族
 
  • Yogiboについて
ビーズソファをはじめインテリア家具・生活雑貨などリラックスアイテムを取り扱うライフスタイルブランド。
Yogiboのビーズソファは従来型のビーズクッションとは異なり、1つでベッド・ソファ・リクライニングチェアなど、用途に合わせて形状を自由に変化させることができます。デザイン性も高い最先端のインテリアとして、ご自宅だけでなくホテルや温泉旅館、キャンプやグランピング施設、オフィスでのビジネスシーンなど、様々な場所で活用頂いています。また、総合格闘技「RIZIN」や日本初の女性プロサッカーリーグ「WEリーグ」など各種イベントへの協賛や、「センサリールーム」のプロデュース・普及活動、被災地への支援活動など、社会への貢献を通して“ストレスのない社会を実現する”ことを目指し活動しております。
 

  • 会社概要
商号  : 株式会社ウェブシャーク
代表者 : 代表取締役 木村 誠司
所在地 :〒541-0048 大阪市中央区瓦町3丁目6-5 銀泉備後町ビル2F
設立  : 2002年2月1日
事業内容:
・「Yogibo」の日本総代理店(2014年11月より運営) https://yogibo.jp/
・世界初エッグウィッチ専門店
 「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」の運営 http://eggwich.jp/
・持続的な社会課題解決を目指す広告 「TANZAQ(タンザク)」 http://tanzaq.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウェブシャーク >
  3. Yogiboプロデュースによる「センサリールーム」 Yogibo WEリーグが行われる「ノエビアスタジアム神戸」に常設