ウォンテッドリー、株式会社ASTINAに出資

ウォンテッドリー株式会社は、自動で衣類を折りたたみ収納する新しい家具「INDONE(インダン)」を開発する株式会社ASTINAに出資したことをお知らせします。

株式会社ASTINAが提供する「INDONE」は、本体に設置された衣類カゴに乾燥済の衣類を入れるだけで、自動で衣類を仕分けてたたんで、棚に収納するタンスです。INDONEには同社による特許出願中の独自のテクノロジーが実装されており、創業以来約20機種以上のロボット・制御機器の開発に携わる中で培われた同社のノウハウが詰め込まれています。

※参考:INDONEコンセプトムービー

 

本出資ならびに当社事業領域におけるノウハウ提供等を通じて、「ふだん使いのロボティクスを」をミッションとして掲げる株式会社ASTINAのサービス開発や事業拡大をサポートしていきます。

今後も、当社「Wantedly AI/Robot Fund」を通して、AI やロボティクスが軸となる第 4 次産業革命の時代において、これらの技術を核に日本から世界に羽ばたく企業の創出を支援し、『ココロオドルシゴト』を増やしていきたいと考えています。

株式会社ASTINA 会社概要
社名:株式会社ASTINA
所在地:東京都千代田区外神田2丁目13-4千代田ビル4F
代表取締役:儀間 匠
事業内容:ロボット・IoTデバイスの企画・設計・開発・コンサルティング
URL:http://www.astina.co

<代表取締役プロフィール>
儀間 匠(ぎま たくみ):新日本製鐵株式会社にて生産設備の改良設計業務に従事後、アミューズメント機器の設計会社にてゲーム機器の開発に従事。株式会社ウィンクル(現:Gatebox株式会社)にてコミュニケーションロボット「Gatebox」のハードウェア部門の開発リーダーとしてハード設計業務ならびにマネジメント業務に従事。
2017年にロボット/IoTデバイス特化型開発企業・ASTINAを創業。年間約20種類の開発案件に携わる。

Wantedly AI/Robot Fundについて
「Wantedly AI/Robot Fund」はAI(人工知能)分野、ロボティクス分野において技術や事業の研究/開発/提供を行うシード期のスタートアップを対象としたウォンテッドリー株式会社が行う投資プロジェクトです。

ウォンテッドリー株式会社 会社概要
ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドル人をふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。2012年2月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数25,000社、月間ユーザー数200万人を突破し、国境を越えて『はたらくすべての人のインフラ』を創っていきます。

<会社概要>
会社名  : ウォンテッドリー株式会社
URL : https://www.wantedly.com
本社所在地: 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
代表取締役: 仲 暁子
設立   : 2010年9月
事業概要 :  月間200万人が利用するビジネスSNS「Wantedly」
会社訪問サービス「Wantedly Visit」
はたらくを面白くするブログ「Wantedly Feed」
名刺管理アプリ「Wantedly People」
ビジネスチャット「Wantedly Chat」
社内ツールの口コミサイト「Wantedly Tools」
ポートフォリオサイト「Wantedly Case」
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウォンテッドリー >
  3. ウォンテッドリー、株式会社ASTINAに出資