AIプログラミング学習サービス「Aidemy」、新コース「機械学習におけるデータ前処理」を開設

- DBからのデータ取得、欠損値の対応、不均衡データの調整 -

東大発スタートアップの株式会社アイデミー(本社:東京都文京区、代表取締役CEO 石川聡彦)が提供するAIプログラミング学習サービス「Aidemy」(https://aidemy.net/)は、2018年9月27日(木)より、新たに「機械学習におけるデータ前処理コース」の提供を開始しましたのでお知らせいたします。

「機械学習におけるデータ前処理コース」概要
本コースでは、Pythonで機械学習を行う際に必要となる様々な前処理を学びます。CSV・Excel・DBからのデータの取得、欠損値への対応方法、不均衡データの調整方法、データのスケール調整や、縦持ち横持ち変換など、実務で必須となる前処理をスマートに実装するためのライブラリ(pandas、scikit-learn、statsmodels、imbalanced-learn、scipyなど)についてコード例を確認しながら習得が可能です。

「機械学習におけるデータ前処理コース」詳細
本コースでは、下記の4つの項目を重点的に学習できます。

1. データ分析プロセスと前処理
データ分析のプロセスには、CRISP-DMとKDDの2つがあります。それぞれのプロセスについて理解し、このプロセスを踏まえた上でデータの前処理について学習していきます。

2. DBからデータを取得
sqlalchemyモジュールを用いてDBに接続し、pandasのread_sql関数によりDataFrame形式でデータを取得してテーブルの結合やグループ化をする方法を学習します。

▲「機械学習におけるデータ前処理コース DBからのデータ読み込み」の画面▲▲「機械学習におけるデータ前処理コース DBからのデータ読み込み」の画面▲

3. 欠損値への対応方法、不均衡データの調整方法
欠損値が発生するメカニズム、外れ値・不均衡データによって起こる問題を説明し、それぞれの対処方法を様々なモジュールを用いて学習します。

4. 連続値とデータスケールの変換
例えば、データにおいて10代、20代、30代のように何十代であるかが重要である場合どのようにカテゴリ化していくのか、また、他のデータと比較して相対的に大きな値が含まれるデータが存在するとき、データの大きさを一定の基準に収まるようにスケール調整をする方法を学習します。

■価格
3,980円(税込)

■お申し込み
機械学習におけるデータ前処理コースお申し込みページ(https://aidemy.net/courses/8000)よりお申し込みください。


【Aidemyの概要】
Aidemyは正式公開から3ヶ月で会員登録ユーザー数1万人以上、コード実行回数100万回以上を記録した、日本最大級の先端技術のラーニングサービスです。 https://aidemy.net/
1.10秒で演習開始 – PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングができます。
2.今話題の技術を習得可能 – ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得できます。
3.無料から始められる – 一部の講座は完全無料にてご受講いただけます。

▲Aidemyの演習画面の例(コードを書きながら学習する問題)▲▲Aidemyの演習画面の例(コードを書きながら学習する問題)▲

▲Aidemyの演習画面の例(クイズに答えながら学習する問題)▲▲Aidemyの演習画面の例(クイズに答えながら学習する問題)▲


【Aidemyの教材の特徴】
1.業界トップシェア技術を採用 – Python/numpy/pandas/scikit-learn/tensorflowなどの技術が学べます。
2.理論より実践重視 – 難しい数学の知識や理論もできるだけ直感的に理解できるような教材です。
3.自動採点システム – 書いたプログラムは仮想環境上で自動的に採点されます。

▲Aidemyの教材(受講ルートページ)▲▲Aidemyの教材(受講ルートページ)▲

▲Aidemyの教材(受講コースページ)▲▲Aidemyの教材(受講コースページ)▲


【株式会社アイデミーについて】
株式会社アイデミー(旧社名 Goods株式会社)は「社会とテクノロジーをつなぐ。」をミッションとする、2014年創業のベンチャー企業です。大学での機械学習応用系の研究、クライアント企業のアプリケーション制作・データ解析を経て、2017年12月に「10秒で始めるAIプログラミング学習サービスAidemy」をリリースしました。Aidemyはサービス開始3ヶ月で会員数1万名超、コード実行回数100万回を突破した日本最大級の先端技術のラーニングサービスです。また、早稲稲田大学リーディング理工学博士プログラムでのAI 入門特別実践セミナーも担当し、代表取締役 石川聡彦の著書「人工知能プログラミングのための数学がわかる本」がKADOKAWAより2018年2月に発売されました。こうした事業を通じて、「世界100万人規模の先端IT人材の不足」という社会課題の解決に貢献して参ります。

▲株式会社アイデミー 代表取締役CEO 石川 聡彦▲▲株式会社アイデミー 代表取締役CEO 石川 聡彦▲


【株式会社アイデミー概要】
会社名:株式会社アイデミー
所在地:東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ302号室
代表者:代表取締役CEO 石川 聡彦
設立:2014年6月
URL:https://aidemy.net/
株主:経営陣, Skyland Ventures, UTEC, エンジェル投資家 他
事業内容:エンジニアのためのAIプログラミング学習サービス「Aidemy」の提供

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイデミー >
  3. AIプログラミング学習サービス「Aidemy」、新コース「機械学習におけるデータ前処理」を開設