「ものを大切にする心を育みたい」という願いが生んだ、コラボレーション 神戸のベビー・子ども関連ブランド「familiar」× 岩手の伝統工芸「大槌刺し子」

認定NPO法人テラ・ルネッサンス(所在地:京都府京都市 理事長:小川真吾)が運営する「大槌刺し子」は、神戸を拠点にモノ・コト・マナビなど様々なコンテンツを展開するベビー・子ども関連ブランド ファミリアとのコラボレーション商品(カバーオール、Tシャツ)を製作。2021年7月14日(水)よりファミリア神戸本店、代官山店、およびオンラインショップにて販売いたします。

 


「お母さんが自分の子どもに着せるつもりでお洋服を作りましょう」という創業者の想いを受け継ぎ、モノづくりを続けるファミリアと、「手仕事の価値を伝える」ことを目指し活動する大槌刺し子。手仕事のもつ温かみを通して、「ものを大切にする心を育みたい」という共通の想いからコラボレーションが実現しました。

自由な表現が有名な画家パブロ・ピカソも愛したと言われているバスクシャツからインスピレーションを受け、コーディーネートがしやすく動きやすい、ファミリアのこだわりが詰まったバスクシャツが登場。爽やかなボーダーの胸元にハウスチェックが立体的に見える刺し子がポイントです。刺し子は、大槌刺し子の職人がひと針、ひと針、手仕事で施しました。

男女問わず、ジェンダーレスで幅広く着用いただけるデザインは、親子ペアにもおすすめです。両ブランドのこだわりが詰まったコラボーレーションアイテムをぜひこの機会にお買い求めください。

                                                             カバーオール(7部袖)

                     ■サイズ:70cm
                       ■価格:11,000円(税込)   
                     ■カラー:BL・NB


                     Tシャツ(7部袖)

                    ■サイズ:80~140cm、S/M
                    ■価格:8,580円(税込)〜   
                    ■カラー:BL・NB


                    ボートネックについて

バスクシャツといえば、首元が浅い船底のように横に広く開いた「ボートネック」。
子どもはだらしなく見えないように程よいボートネックに、大人はスッキリ見えるように広めのボートネックに。サイズによって綺麗に着こなしていただけるように形を追求しました。

               左:子どもTシャツ     右:大人Tシャツ


                     ピスネームについて

カバーオールにはかわいらしいクマさんのピスネーム、子どもと大人のTシャツにはシンプルなファミリアのロゴがついています。


                左:カバーオール     右:Tシャツ



                      刺し子について

「刺し子」は、布地を綴り縫いや刺し縫いする針仕事のことです。衣服の補強や防寒のために布を重ねるなど、モノを大切に使うための知恵から生まれた伝統手芸です。


【購入方法】■販売日:2021年7月14日(水) 10:00〜
■販売店舗:ファミリアオンラインショップ・神戸本店・代官山店
 ※ファミリア神戸本店・代官山店はオープン時間に合わせて11:00より販売いたします

■株式会社ファミリア【子どもの可能性をクリエイトする】https://www.familiar.co.jp
わたしたちは、すべての子どもたちがもっている可能性という未来を、一緒にクリエイトしていきます。うまれて最初に触れる「もの」「こと」、最初に目にするもの、身に付けるもの。そのすべてに、本物とやさしさを。ファミリアは、世界で最も愛されるベビー・子ども関連企業になるために、子どもたちの可能性に触れる「本物」を発信していきます。を2つ削除

■大槌刺し子 https://sashiko.jp/
2011年6月に東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町にて、支援に関わっていた5名の東京のボランティアが発足。現在は認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営。1.手仕事の価値を伝える、2.持続可能な社会をつくる、3.工芸と日本を元気にすることを目指している。発足以降、これまでに、累計約158,459千円を売り上げ、209名の岩手三陸の女性たちに約39,809千円の加工賃を支払った。現在、約30名の刺し子さんが職人として活躍し、岩手県内の伝統工芸の一つとして注目を集めている。


○ 認定NPO法人テラ・ルネッサンス


『すべての生命が安心して生活できる社会の実現』を目的に、2001年に鬼丸昌也によって設立。現在では、カンボジア・ラオスでの地雷や不発弾処理支援、地雷埋設地域の生活再建支援、ウガンダ・コンゴ・ブルンジでの元子ども兵の社会復帰支援を実施。また、日本国内では、平和教育(学校や企業向けの研修)や、岩手県大槌町を中心に、被災者支援活動を展開しています。主な受賞歴:「地球倫理推進賞」(社団法人倫理研究所) 、「地球市民賞」(独立行政法人 国際交流基金)、「エクセレント NPO」組織力賞ノミネート(エクセレント NPO を目指そう市民会議)、「社会貢献者表彰」(公益財団法人 社会貢献支援財団)、「日経ソーシャルイニシアチブ」国際部門賞 ファイナリスト(日本経済新聞社) 、「企業価値認定」(一般社団法人企業価値協会)、第4回ジャパンSDGsアワード副本部長(外務大臣)賞 など。国連経済社会理事会特殊協議資格NGO。

 名 称:特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス
所在地:京都府京都市下京区五条高倉角堺町21番地jimukinoueda bldg. 403号室
URL :https://www.terra-r.jp
理事長 :小川 真吾
設 立:2001年10月31日(2014年5月30日より認定NPO法人)
事業内容:『地雷』『小型武器』『子ども兵』の課題に対するアジア・アフリカでの支援活動、および国内での『平和教育』を中心とした啓発活動 等
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人テラ・ルネッサンス >
  3. 「ものを大切にする心を育みたい」という願いが生んだ、コラボレーション 神戸のベビー・子ども関連ブランド「familiar」× 岩手の伝統工芸「大槌刺し子」