TikTokの新アップデートで安全機能を強化「ペアレンタルコントロール(保護者管理)」機能を拡充 お子様に、より安心安全な環境でTikTokをお楽しみいただけます

TikTok(ティックトック)は、より安心安全な環境で保護者とお子様の皆様にTikTokを楽しんでいただくために「ペアレンタルコントロール」機能を拡充し、デジタルウェルビーイング機能内に実装しました。

「ペアレンタルコントロール」は、TikTokが開発したアプリ内機能です。TikTokアプリを保護者とお子様の両方のスマートフォンにダウンロードした上で、それぞれのアカウントをリンクすることで、簡単に機能を設定することができます。「ペアレンタルコントロール」を設定すると、お子様の安全な利用にかかるTikTokの設定を保護者のアプリからコントロールすることが可能となります。

主な機能としては、
・お子様のアプリ利用時間を40分から120分の間で設定できる「使用時間制限モード」
・未成年のユーザーに不適切だと思われるコンテンツの表示を制限する「使用制限モード」
・お子様にダイレクトメッセージを送信できる人の範囲を設定する「DM管理モード」
となります。

<Introduction>
保護者とお子様の両方のスマートフォンにTikTokアプリをダウンロードしてください。

1.保護者のスマートフォンのTikTokアプリ内、設定からデジタルウェルビーイング機能にお進みください。デジタルウェルビーイング機能内の「ペアレンタルコントロール」をクリックいただくと、設定画面に入ります。


2.「ペアレンタルコントロール」を有効化するボタンをクリックいただくと、QRコードが表示されます。お子様のスマートフォンで星型マークタブの右上にあるTikTokアプリ内のQRコードスキャナーでスキャンしていただくと「ペアレンタルコントロール」機能を了承したことになり、保護者がお子様のデジタルウェルビーイング機能をコントロールできるようになります。


3.「ペアレンタルコントロール」が連動されると、保護者はお子様のアプリ利用時間の設定、お子様に不適切なコンテンツの表示制限、ダイレクトメッセージを受けられる相手の設定をコントロールできます。

 - 使用時間制限モード:保護者はお子様の1日におけるTikTokアプリの使用時間を40分から120分の間で制限することができます。設定した制限時間を過ぎた場合は、保護者の使用時間制限設定で発行するパスワードをお子様に知らせることで、アプリを再び使えるようになります。

- 使用制限モード:TikTokではユーザーの安心安全なコンテンツ視聴のために、機械学習ならびに人的なチェックで動画の危険性等を判断し、必要な動画に関してはリスクのラベルを表示しています。この使用制限モードをオンにすることで、未成年に不適切と考えられるリスクのラベルが付けられた動画はフィルタリングされ表示されなくなります。なお、上記使用時間制限モード、使用制限モードを設定した場合、お子様が別のアカウントを使おうとするなどの行為を抑制するために、TikTokからログアウトができないようになります。

- DM管理モード:保護者はお子様のダイレクトメッセージの受信範囲を3つの設定 全員・友達のみ・オフ(ダイレクトメッセージを受けられないようにする)から制限できます。


4.「ペアレンタルコントロール」が有効になると、それ以前に設定した未成年者のアカウントでの使用時間制限モード、使用制限モード、DM管理モードは保護者の設定に上書きされます。

なお、お子様が第三者から意図せず「ペアレンタルコントロール」を連動されたような場合、お子様からTikTokに異議を申し立てることができます。異議の申し立てを行うと、「ペアレンタルコントロール」を設定した相手の携帯に、お子様との関係を証明することを求めるメッセージが届きます。設定したのが保護者ではないと確認が取れ次第、設定された「ペアレンタルコントロール」連動は無効になります。

TikTokは引き続き、未成年者や保護者の皆様が安心してご利用いただける機能や環境の提供に向け、TikTok Japanセーフティパートナー協議会や各関係機関の皆様からのご指導を頂きながら努力してまいります。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Bytedance株式会社 >
  3. TikTokの新アップデートで安全機能を強化「ペアレンタルコントロール(保護者管理)」機能を拡充 お子様に、より安心安全な環境でTikTokをお楽しみいただけます