レジュメ単価レポート 2020年7月:エンジニア人材が前月比30%減少。単価平均も徐々に回復しています。

ITスキルごとの単価情報を毎月発表!国内最大級のITビジネスプラットフォームが実際のレジュメデータから市況を分析

株式会社エル・ティー・エスの完全子会社である株式会社アサインナビ(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:樺島 弘明/以下、アサインナビ)が提供するITビジネスマッチングサービス「アサインナビ」は、IT業界で人材調達・案件(取引先)開拓に取り組むすべての方々に向けて、市況感を把握するためのデータを提供しています。

この度「アサインナビ」が保有する、リアルなレジュメ情報(人材情報)を分析し、「レジュメ単価レポート(2020年7月)」を公開いたしましたので、その内容をご報告いたします。

▽詳細はこちらをご覧ください
https://assign-navi.jp/hint/information/howtouse/8590/

人材データを「単価感」を軸に分析した市況レポートです。人材データを「単価感」を軸に分析した市況レポートです。人材データを「単価感」を軸に分析した市況レポートです。人材データを「単価感」を軸に分析した市況レポートです。


■2020年7月の人材データサマリ
 
月間平均単価  86.7万円/月
平均単価(前月比) 2.1%(↑)
レジュメ登録数 425名
登録数(前月比) -29%(↓)
 
6月から人材数が約3割減少し、全体として単価平均は微増となりました。
「WEB・オープン」「システム運用・保守」「テスト・評価」のスキルカテゴリにおいては人材数が減少となり、単価平均が上昇しました。
コンサル領域のスキルカテゴリでは目立つ傾向はなく、「戦略・業務コンサル」「ITコンサル」は人材数が微増、「ERP・パッケージ導入」「PMO」は人材数が微減となりました。

詳細は毎月発行されるレジュメ単価レポートをご確認ください。

▽レジュメ単価レポート 2020年7月
https://assign-navi.jp/hint/information/report/8590/

■IT業界で働くすべての方々に向けた、市況感を把握するためのデータ「レジュメ単価レポート」とは

「レジュメ単価レポート」は、IT企業とフリーランスのコンサルタントやエンジニアが集い、リアルな案件・人材データをもとに、IT業界の価値ある出会いをナビゲートするビジネスマッチングのプラットフォーム「アサインナビ」が毎月提供する、人材データを「単価感」を軸に分析した市況情報です。

詳細は毎月発行されるレジュメ単価レポートをご確認ください。

▽レジュメ単価レポート 2020年7月
https://assign-navi.jp/hint/information/report/8590/

▽レジュメ単価レポート 2020年6月
https://assign-navi.jp/hint/information/report/8456/

▽レジュメ単価レポート 2020年5月
https://assign-navi.jp/hint/information/report/8430/

■「レジュメ単価レポート」の活用例

①発注側企業:営業・人材調達担当の方

利用シーン
・顧客からの人材調達依頼に対して、適切な価格で提案する
・人材調達をする際に、必要なスキル・経験を持った人材に提案すべき適切な単価を知る

活用方法
各スキルカテゴリにおける「平均単価」と「前月からの変動率」を参考に、提案単価を決めましょう。
はじめに適切な予算感を顧客と共有した状態で、人材探しを「アサインナビ」でおこなうことで、調達の成功率が高まります。
また、人材調達を成功に導くために、本レポートで継続的に市況(人材側)の動きを把握しておきます。
単価の決定や、面談時における単価交渉にご活用ください。

②受注側企業:営業担当の方

利用シーン
・自社社員を市場価格に合わせて、適切な単価で提案する

活用方法
要員提案の前に、本レポートで該当するスキルカテゴリにおける人材登録数と平均単価の変動を確認しましょう。
本レポートを引き合いに出して、市場価格を踏まえた「より正しい」単価での案件受注が可能になります。

※その他、様々な用途にご活用いただけます。
・社内で市場全体の人材登録数の変動と、平均単価を確認する。
・提示する(された)単価設定が適切かどうかを判断する。
・取引先との定期的なコミュニケーションのため、市況情報を共有する。
・市況(人材側)の最近の変化が期待通りかどうかを確認する。

■「アサインナビ」とは

「アサインナビ」は、リアルな案件・人材データをもとに、IT業界の価値ある出会いをナビゲートするビジネスマッチングのプラットフォームです。3,800社以上の企業と5,200名以上のフリーランスが集い、直接案件の受発注を行うことができます。

▼「アサインナビ」公式サイト
https://assign-navi.jp/
 

日本最大級のITビジネスマッチングサービス「アサインナビ」日本最大級のITビジネスマッチングサービス「アサインナビ」


【株式会社アサインナビについて】

エンジニア・IT企業とIT案件のマッチングサイト「アサインナビ」は、日本最大級のITビジネスマッチングサービスです。エンジニア・コンサルタントを必要とする企業と、エンジニア・コンサルタントを抱える企業およびフリーエンジニア・フリーコンサルタントが直接商談する機会を提供します。

「ITビジネスにおける価値ある出会いをたくさん創出すること」を⽬的に、すべてのIT企業、フリーのコンサルタントやエンジニア個⼈、その⼒を必要とするクライアント企業が無理なく参加し、安⼼して利⽤できるプラットフォームとして「アサインナビ」を創りました。どういう市況であっても⼀つでも多くの価値ある出会いを創るべく、最⼤限サポートしていきます。

「アサインナビ」が「価値ある出会いを多数⽣み出す場」として機能すれば、出会いのコストは格段に下がり、そのスピードも劇的に向上します。⼤⼿であれ中⼩であれ、同じ⼟俵で挑戦できる環境さえ整えば、あとは知恵⽐べ、実⼒勝負なので⾔い訳はできず、よりよい競争/共創が⽣まれてくるはずです。機会の平等が進んだ先にある競争と共創。これこそが、我々が⽬指す健全な業界の姿です。

「アサインナビ」( https://assign-navi.jp/ )をコンサル/IT業界のコラボレーションを加速するプラットフォームとして育てることで、業界全体がよりよくなることに貢献していきます。「アサインナビ」を今後とも宜しくお願いいたします。

【株式会社アサインナビ】
代表者: 代表取締役社長 樺島 弘明
設立 : 2008年3月
資本金: 3,000万円
所在地: 東京都新宿区新宿2-8-6 KDX新宿286ビル3階
URL : https://assign-navi.com/

※株式会社アサインナビは、株式会社エル・ティー・エスのグループ会社です。

【株式会社エル・ティー・エスについて】
エル・ティー・エスは企業のデジタルシフトと働き方改革を支援する企業です。
東京証券取引所市場第一部(証券コード:6560)
URL :https://lt-s.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エル・ティー・エス >
  3. レジュメ単価レポート 2020年7月:エンジニア人材が前月比30%減少。単価平均も徐々に回復しています。