追手門学院大手前中・高等学校 タイ最古の学校の児童・生徒と交流

あす(3月8日)、追手門学院大手前中・高等学校(大阪市中央区、校長:原田哲次)に、タイ最古の学校として知られる「バンコク・クリスチャン・カレッジ」の生徒らが来訪し、交流を深めます。
来訪するのはタイ最古の学校として知られる創立約170年の歴史を誇る「バンコク・クリスチャン・カレッジ」という男子校で、サッカー強豪校としても名を馳せています。
当日は10歳から16歳までの小中高生30人が来訪し、本校の授業に参加するほか、クラブや校舎を見学して交流を深めます。
また、タイの小中高生によるムエタイの演舞披露も行われます。
今回の交流が、ロボット教育をはじめとするグローバルサイエンス教育を推進する本校の生徒達の刺激になるものと期待しています。

開催概要
日  時:2019年3月8日(金)11時から14時30分まで
会  場:追手門学院大手前中・高等学校(大阪市中央区大手前1-3-20)
予  定:
11:10 オープニングセレモニー
12:00 4時間目の授業をともにうける 各クラス3名
12:50 カフェテリアにて昼食 タイ→カレー
13:30  ムエタイの披露
13:40  クラブ見学
14:30 学校出発
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人追手門学院 >
  3. 追手門学院大手前中・高等学校 タイ最古の学校の児童・生徒と交流