コロナビールが観光・旅行業界をサポートするプロジェクト 宿泊施設200室の当選キャンペーンを開始 沖縄の“いま”を伝えるドキュメンタリーも同時公開

グローバルビールブランド「コロナ エキストラ」は、COVID-19の影響を受けた観光・旅行業界のサポートを行う取り組み「Rediscover Paradise(リディスカバー パラダイス)」プロジェクトで、沖縄の宿泊施設を買い取り、消費者に提供するキャンペーンを開始いたします。

コロナビールは、世界各国でCOVID-19の影響を受けた観光・旅行業界のサポートを行うプロジェクト 「Rediscover Paradise(リディスカバー パラダイス)」を行っています。世界中の1000軒以上のホテルで14000室以上の部屋をコロナが予約、その料金を先払いし消費者に提供することで、苦戦する観光・旅行業界への支援を目指すものです。日本では、国内でのブランド年間予算から2,000万円を今回の観光支援プロジェクト予算として拠出。7月に、沖縄県内の宿泊施設の空室料金を先払いし、コロナが買い取った分の空室を消費者に提供することを発表しました。皆様への提供は、今月9日(金)からプレゼントキャンペーンとして募集を開始いたします。

さらに、本プロジェクトの一環として、コロナが沖縄の“いま”を伝えるドキュメンタリームービーを制作。沖縄にはまた人が戻ってくることを待っている人たちがいて、沖縄に訪れることを待っている人たちがいます。誰もがCOVID-19で少なからず打撃を受けた今年においては、非日常的な体験よりも、等身大のストーリーで沖縄の「人」が紡ぐ魅力を伝えることが、沖縄の観光をサポートするにあたって私たちができることだと考えました。

ドキュメンタリーでは、沖縄の観光関連事業に従事するプレイヤーにフォーカスを当て、COVID-19がもたらした変化を描きます。今回取材したのは、宿の経営者、飲食店のマスター、観光インストラクターなど沖縄観光を支える4名。COVID-19がどのように人を、生活を変えてしまったのか、そして「また沖縄に人が戻ってくるその時」を待ちながら、どんな日々を送っているのか。そんな生の声と姿を、沖縄の風景と共にお届けします。

公式ページ:https://corona-extra.jp/rediscover-paradise/

コロナが沖縄を支援する
コロナが掲げるブランドメッセージ「THIS IS LIVING」は、人生における本質的な豊かさや歓び、価値観の大切さを示唆しています。このブランドメッセージには、日常の喧騒から離れ、自然を愛し、仲間と一緒に過ごす時間の大切さが込められており、コロナはそんなかけがえのない時間を作るきっかけを皆さんに提供してまいりました。その中でも特に大切にしている要素が「旅」「サンセット」「音楽」。国内ではその象徴となる体験として、ビーチで開催する音楽フェス「CORONA SUNSETS FESTIVAL」を2015年から5年間にわたり沖縄の美らSUNビーチにて毎年開催してきました。美らSUNビーチは沖縄でも有数の、夕陽が綺麗なビーチ。この沖縄でしか体験できないコロナフェスの開催で、長年お世話になってきた沖縄に対して恩返しをする気持ちで、沖縄県内の観光・旅行業を支援しています。

「Rediscover Paradise」プロジェクト
コロナが行う世界中の観光・旅行業界を支援するプロジェクト。世界中の1000軒以上のホテルで14000室以上の部屋をコロナが予約、その料金を先払いし消費者に提供することで、苦戦する観光・旅行業界への支援を目指すものです。安心安全に旅行を楽しむことができるようになったタイミングで消費者に機会を提供することにより、国内観光をサポートしながら、自然とのつながりを取り戻して欲しいというメッセージが込められています。

Rediscover Paradiseキャンペーン “また沖縄で会おう”
今回のキャンペーンは、沖縄にまた人が戻ってくることを待っている人たちと、沖縄に訪れることを待っている人たちとの、いまできる約束という意味合いを込めて、“また沖縄で会おう”と題して行います。

コロナからのメッセージ
僕たちを豊かにしてくれる沖縄へ、また訪れる約束をしよう。コロナフェスを5年に渡って開催した楽園であり、いま観光業が大きなダメージを受けている沖縄をコロナビールはサポートすることを決めました。いまも待ち受けている沖縄の自然や人々へのエールとして、いまできる約束をしよう。

本キャンペーンへの参加方法は、以下の通りです。

応募方法:
1)公式サイト(https://corona-extra.jp/rediscover-paradise/)から応募フォームで必要事項を入力
2)随時抽選の上、11月中旬までにご当選者のみメールにて当選連絡いたします
   ※ご当選はお一人様1回のみとさせていただきます。
   ※ご応募は代表者が満20歳以上の方に限らせて頂きます。未成年者の方はご応募できませんのでご注意ください。 
   ※日本国内在住で、かつご連絡先が日本国内の方が対象となります。

当選者数:200組600名様 ※1組3名
キャンペーン期間: 2020年10月9日(金)12時00分 ~ 2020年11月8日(日)23時59分まで
賞品:以下5つのホテルのうちいずれかの宿泊券をプレゼント。 
      ※ご応募時にホテルをお選び頂くことはできませんのでご了承ください。
      ※航空券は賞品内容に含まれません。
      ※ご当選された賞品については、2021年3月末日までのご利用に限らせて頂きます。

オキナワ マリオット リゾート & スパ

 

ザ・ナハテラス

 

ザ・ブセナテラス

 

ロワジールホテル 那覇

 

沖縄ハーバービューホテル


Corona Rediscover Paradise ムービー
コロナが伝える沖縄の“いま”。10月9日(金)からスタートし、順次公開予定です。
■「Rediscover Paradise Okinawa」10/9(金)公開URL:https://youtu.be/Wz7DEq_E8MI

出演者プロフィール:

漢那 潤・桜
建築家。建築設計事務所を経営する傍ら、沖縄の生活そのものを味わえる自然と融合した宿「新民家VILLA」を夫婦で営む。
https://www.shinminka-villa.com/ 10月9日(金)公開
 

 

土山 直純
飲食店オーナー。シーフード料理とサンセットが楽しめる「EL FARO」やレモネードと生パスタ
で話題のマリンカフェ「New Cinema Parlor」を経営。
https://elfaro-okinawa.com/ 10月16日(金)公開予定

3・4本目も、10月23日(金)以降で順次公開予定。COVID-19の影響を受けて「沖縄に人が来ない夏」を経験した彼らは、いま何を想い、どんな日々を送るのか。彼らが感じる沖縄の魅力、伝えていきたい価値とは。そんな生の声を通じて、沖縄の“いま”を感じ取っていただけたら幸いです。

本プロジェクトに関して
■(一財)沖縄観光コンベンションビューローからのコメント
この度のコロナビール様が展開する観光・旅行業界をサポートするプロジェクトの実施については、沖縄の観光業にとって大変ありがたい取り組みであり厚くお礼申し上げます。沖縄県独自の緊急事態宣言が解除されたことやGoToトラベルキャンペーンの影響、また沖縄県、沖縄観光コンベンションビューローが取り組む国内誘客プロモーション「憩うよ、沖縄。」の展開を本格的に始めたところでもあり、少しずつではありますが観光客の皆様もお越しいただけるようになってきました。ぜひ温暖な沖縄で、食や文化といった魅力あるコンテンツを体験していただきコロナビール様が掲げる「THIS IS LIVING」、人生における本質的な豊かさや歓び、価値観の大切さを感じていただければと思います。

■コロナ ブランドマネージャーからのコメント
今回コロナビールがお届けするコンテンツは、沖縄の観光をサポートする「人」の物語です。私たちが安心してパラダイスを楽しむことができるのは、その裏側でこの「人」たちの思いや努力による支えがあるから。普段は語られることのないビハインドストーリーを発信していくことによって、新しい旅の楽しみ方や気づきに繋がり、コロナビールのブランドメッセージである「T his is Living」の本質により近づくと信じています。何があってもパラダイスを守るという彼らの姿勢を、いつかぜひ沖縄を訪れて感じて欲しいと思います。- Rediscover Paradise

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン株式会社 >
  3. コロナビールが観光・旅行業界をサポートするプロジェクト 宿泊施設200室の当選キャンペーンを開始 沖縄の“いま”を伝えるドキュメンタリーも同時公開