estie(エスティ)、最新不動産マーケット動向の月次レポート「エスティ マーケットレポート」2023年3月号を配信

都心5区、ならびに注目サブマーケット「市谷・神楽坂」エリアの最新動向を調査

企業による価値創造の心臓部であるオフィスをはじめとする商業用不動産業界のデジタルシフトを推進し、日本最大級の商業用不動産データ分析基盤「estie pro」を提供する株式会社estie(本社:東京都港区、代表取締役CEO:平井瑛、以下「estie」)は、「estie pro」による分析データを基にした商業用不動産マーケットの月次レポート「エスティ マーケットレポート」2023年3月号を配信します。本号では、都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の物件需給バランスに関する最新動向について、引き続き調査しました。サブマーケットの注目エリアは「市谷・神楽坂」を抽出し、分析しました。


都心5区では、新募集面積ストックは引き続き高止まりとなり、横ばいで推移しています。千代田区・中央区・新宿区では、募集終了面積が新規募集面積を上回りました。1万坪以上の動きを見ると、募集終了面積では港区が26,182坪、千代田区19,957坪となり、新規募集面積では港区28,811坪、千代田区14,628坪でした。
注目サブマーケットである「市谷・神楽坂」エリアは、総貸付可能面積に対する募集終了面積の比率が、他エリアと比較し相対的に高い4.32%であり2,971坪でした。
 
  • 「エスティ マーケットレポート」を閲覧していただきたい方
・不動産ニュース等の情報をもとに情報収集・分析を時間をかけずに行いたい方
・「estie pro」では実際にどのようなことができるか知りたい方
 
  • 「エスティ マーケットレポート」2023年3月号のダウンロード
本レポートの閲覧をご希望の際は、お申し込みフォーム(https://www.estie.jp/products/research/docs/market-report/3F9EUUj0OzWuuvVZei1ecs/)よりダウンロードにお進みください。
 
  • 「estie pro」概要
「estie pro」は、オフィス賃貸業に必要なあらゆる情報を提供する業界最大級のデータ基盤サービスです。全国8万棟/40万フロアの建物情報、500万坪の募集情報、24万件の賃料情報、主要都市45万件の入居企業情報等からなる網羅的なデータを搭載し、データを活用した不動産事業者の意思決定をサポートします。
サービスのデモンストレーションをご希望の方は、https://www.estie.jp/products/research/trial/ からお申し込みください。
 
  • 株式会社estie(エスティ)概要
estieは、「産業の真価を、さらに拓く。」をパーパスに掲げ、商業用不動産業界が抱えるデータ流通の課題をデジタルシフトにより解決し、業界の取引をなめらかにするプロダクトを提供しています。主要サービスである商業用不動産データ分析基盤「estie pro」は、50以上の不動産デベロッパー・管理会社・仲介会社等による独自情報を日々集約し、自動で処理するデータパイプラインを構築することにより、オフィス賃貸業やオフィス投資業に必要なあらゆる情報を提供し、データを活用した不動産事業者の意思決定をサポートします。
【会社名】株式会社estie(エスティ)
【所在地】東京都港区西新橋1-1-1 日比谷フォートタワー
【代表者】代表取締役CEO 平井 瑛
【設立】2018年12月
【コーポレートサイト】 https://www.estie.jp/
【事業】
・オフィス不動産データ分析基盤「estie pro」 https://www.estie.jp/products/research/
・賃貸オフィスマッチングサービス「estie」 https://www.estie.jp/products/finder/
・不動産領域におけるAI・機械学習アルゴリズム、新規事業の開発
過去のプレスリリース一覧はこちら: https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/40115
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社estie >
  3. estie(エスティ)、最新不動産マーケット動向の月次レポート「エスティ マーケットレポート」2023年3月号を配信