東京建物グループ5社が健康経営優良法人2021に認定

~東京建物㈱は、ホワイト500に認定~

東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村均)ならびにグループ会社の東京建物不動産販売株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 福居賢悟)、株式会社イー・ステート・オンライン(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 吉田哲也)、東京不動産管理株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長 輿水秀一郎)、株式会社東京リアルティ・インベストメント・マネジメント(本社:東京都中央区、代表取締役社長 城﨑好浩)の5社は、経済産業省が実施する健康経営優良法人認定制度(※1)である「健康経営優良法人 2021」に認定されましたのでお知らせします。
2020年度は、東京建物グループで禁煙に関する取り組み(※2)を開始したほか、新型コロナウイルス感染症対策として顔認証による検温システムの導入(東京建物本社にて導入)、オンラインでの特定保健指導の実施など、役職員が健康に働き続けられる環境づくりを推進してまいりました。
今後も「東京建物グループ健康経営宣言」の下、グループを挙げて健康経営を推進してまいります。

 ※1 健康経営優良法人認定制度
経済産業省が実施する、地域の健康課題に即した取組みや日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

 ※2 禁煙に関する取り組み
東京建物では、喫煙率を2022年度までに12%以下にすることを目指しています。詳細は、
2020年3月27日付ニュースリリース「東京建物グループ 禁煙に向けた取組み開始」
 (https://pdf.irpocket.com/C8804/T4TO/tA4G/QcAc.pdf)をご参照ください。


【健康経営優良法人認定状況一覧】
★:健康経営優良法人ホワイト500認定、☆:健康経営優良法人認定



【東京建物グループにおけるサステナビリティ推進上の重要テーマとの関連性】
健康経営の取り組みは、当社グループのサステナビリティ推進上の重要テーマのうち、
S:社会「持続的成長を支える人材の確保・育成」に寄与する施策です。



【東京建物グループ健康経営宣言】
東京建物の企業理念は「信頼を未来へ」であり、“世紀を超えた信頼を誇りとし、企業の発展と豊かな社会づくりに挑戦する”という意味が込められています。
この企業理念を体現するためには、役職員ならびにその家族が健康であることが大切と考えております。私たち東京建物グループは、役職員の心身の健康を「企業の持続的な発展の源泉」と捉え、一人ひとりの健康の維持・増進活動を積極的に推進してまいります。私は「最高健康経営責任者」として、そのための環境整備を強化し、グループ一丸となって「健康経営」に取り組むことを宣言いたします。

                       東京建物株式会社 代表取締役 社長執行役員 野村 均


                                              以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京建物株式会社 >
  3. 東京建物グループ5社が健康経営優良法人2021に認定