プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社BS朝日
会社概要

毎月1回スペシャルなゲストを迎える40周年アニバーサリー企画がスタート!第1回ゲストはクラシックカーを愛する雅楽師・東儀秀樹さん!

「カーグラフィックTV」〜40周年アニバーサリー企画〜

株式会社BS朝日

BS朝日「カーグラフィックTV」松任谷正隆とゲストの東儀秀樹さんBS朝日「カーグラフィックTV」松任谷正隆とゲストの東儀秀樹さん

■松任谷と東儀さんが「CGTV」に新たな化学反応を!

 1984年10月に地上波のテレビ朝日でスタート、2024年に40周年という節目を迎えるBS朝日の自動車情報番組「カーグラフィックTV」。2024年1月11日の放送からグレードの高い美しい映像と、番組のメイン司会である松任谷正隆によるテーマ曲で視聴者から高い支持を得ているオープニングも一新。松任谷による三代目のオープニング曲が登場します。さらに番組では、40周年のアニバーサリー企画として年間にわたり月に1回、クルマを愛する各界の有名人をゲストに招き、愛車を紹介しつつ松任谷とクルマにまつわるトークに花を咲かせるスペシャルプログラムを放送していきます。

 

 その40周年アニバーサリー企画のゲスト第1回目となる1月25日(木)の放送には、イタリアのクラシックカーラリー、ミッレミリアに出場し、ナショナルチャンピオンを獲得した経験を持つ雅楽師の東儀秀樹さんがゲストとして登場。息子の東儀典親(のりちか)さん(17)と一緒にミッレミリアに参戦した愛車AC ACEをお披露目しつつ、松任谷と雅楽師となるまでの青春時代からクルマに魅了されるまでの経歴や現在のクルマやバイクなどとの付き合い方など、これまであまりテレビで語られて来なかったクルマ愛の遍歴などを語り尽くします。

自身のクルマに対する愛情について「やっぱり生まれた年代というか、それが大きいと思います。クルマは憧れのもので一般人が手にできるものでない時代に生まれたから。その憧れ部分の刷り込みはいつまでたっても消えない感じです」と語っていた松任谷。はたして東儀さんのクルマに対する思いとは?

 

 「カーグラフィックTV」については「松任谷さんが自分のインプレッションを素直に語り、そこにウソっぽいことが一つもない。そんなリアルで自然体な作りが番組として長続きしている理由なんだろうなと思います」と魅力を語る東儀さん。収録を見学に来ていた父と仲が良いという典親さんも「今日の松任谷さんとのトークでは、父とよく話をする僕でも聞いたことがない話が聞けて興味深かったです。僕が普段、父から聞いてクルマに興味を持つようになった話もありました。そんなところを皆さんにも見ていただいて共感していただければうれしいですね」と父・東儀さんと松任谷のクルマ談義の感想を語ってくれました。

 

 普段の雅楽師とは違うクルマ愛好家としての東儀さんが、同じ音楽家にしてクルマを愛する松任谷と熱っぽく語り合ったクルマとの関わり、そしてその愛情とは? クルマを愛するすべての人に見ていただきたい40周年アニバーサリーにふさわしいトークにご期待ください!

 

 

松任谷正隆 コメント

Q: 40周年を迎えての思いは?

「40年はあっという間でしたが、思えばいろいろありました。最初の海外ロケなど思い出はいっぱいあるんだけど、この番組が始まって車の仕事をするようになり、モータージャーナリスト協会にも所属して、カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員にもなれました。全部この番組のおかげだと思っています」

 

Q: 番組への出演依頼が来たときどう思われましたか?

「それはすっごく覚えていますよ。夢のような話だと思ったから。出演依頼から本決まりになるまで違反をしてはいけないと車の運転も慎重になりました(笑)。そして最初の顔合わせのときに小林彰太郎さん(カーグラフィック名誉編集長、故人)が僕の隣にお座りになり、その瞬間に僕はバケツで水を被ったみたいな汗をかき、紅茶が一口も飲めなかったというのを覚えています。いや、緊張しましたね。自分の結婚式よりも、今まで自分が出たどのステージよりもあの瞬間が一番緊張しました(笑)」

 

Q: 今回40周年のアニバーサリー企画の第1弾で東儀さんをゲストにお迎えしましたが。

「面白かったですよ。東儀さんにも音楽と車という自分との共通点があるから、僕としては彼のお話もとても理解できたし、共感もできました。彼の車はこの時期のオープンカーということで寒かったですけど(笑)、すごく整備されていて完璧というのはこういうことを言うんだろうなと思いました。エンジンがご機嫌な音だったですね。ボディもしっかりしていたし。1回目のゲストとして完璧だったなと思っています」

  

東儀秀樹さん コメント

Q: 収録を終えられての感想は?

「松任谷さんには初めてお会いしたんだけど、すごくフレンドリーでやっぱり思っていた通りの人だなと。すごくいい時間でしたね。楽しかったです。もっともっといろいろな話に発展しそうだし、松任谷さんも僕との共通点をいっぱい知ることができたと言ってくれましたが、それは僕も同じで。これから2人の関係がもっと発展するといいなと思っています。今日はいいきっかけをいただきました」

 

Q: 今回ご紹介された車はやはり思い入れがおありになるんですか?

「僕が付き合う車の中でもっとも大事な1台だし、思い入れもあってヒストリーもあるんです。海外の、特にヨーロッパの重鎮たちの前でも堂々としていられる車です。ラリーに息子と一緒に出て優勝もしていますから」

 

Q: 40周年企画という特別な「カーグラフィックTV」の第1弾ゲスト、出演依頼が来たときの心境は?

「ゲストが僕で当然だろうと…、いやウソウソ(笑)。すごい誉れですね。いっぱい重鎮がいるのによく僕を指名してくれたなと思いました。やっぱり雅楽師という変わったことをやっているとこういうおいしいことがあるのかなって(笑)。雅楽師で車好き、それも普通の車好きじゃなくてクラシックカー、しかもイタリアでラリーに参戦したり、国内で優勝しているというので縁を作っているんだなとワクワクしました」

 

Q: ご自身がご出演された今回の番組ですが、みどころは?

「ご覧になる方には車好きという部分で共感してもらいたいなと思います。雅楽師というと真面目に音楽をやっているだけの人と思われるんだけど、そういう人でも実は車好きですごく話が盛り上がることがあるんだ、と思っていただければいいですね。車好きの仲間として捉えてもらえるとうれしいです。こういうことがないと僕は絶対話しかけちゃいけない人と思われやすいんです(笑)。怖そうと思われているみたいで(笑)。ぜひ気軽に声をかけてください」

 

Q: トークでは本当にたくさんお話しされていましたね?

「編集泣かせですよね(笑)。オンエアではどこを切ったかチェックしますよ(笑)」

 

番組概要

【番組名】「カーグラフィックTV」

【放送日時】毎週木曜よる10時00分~10時30分

【放送局】BS朝日

【CAST】松任谷正隆

【ナレーター】 古谷徹

 

【放送日時】1月25日(木)よる10時00分~10時30分

【ゲスト】 東儀秀樹さん

 

【制作】BS朝日、カーグラフィック

【プロデューサー】篠原弘光(BS朝日)、久保健(カーグラフィック)

【コピーライト】番組写真をご使用の際は「©BS朝日」の表記をお願いいたします。

【公式HP】https://www.bs-asahi.co.jp/cgtv/

【番組公式X】@CARGRAPHIC_TV

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
その他
関連リンク
https://www.bs-asahi.co.jp/cgtv/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社BS朝日

1フォロワー

RSS
URL
https://www.bs-asahi.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16階
電話番号
-
代表者名
浜島 聡
上場
未上場
資本金
100億円
設立
1998年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード