血球計数項目の測定から塗抹標本の作成までを自動化する全自動総合血液学分析装置 Alinity h システムを発売

次世代型の全自動総合血液学分析装置Alinity hシステムは、理想的なワークフローを実現し、検査室と病院の作業および検査効率の改善に貢献します
2017年12月18日―アボット ジャパン株式会社は、全自動総合血液学分析装置Alinity h システムを本日発売いたします。Alinity h システムは、血球計数項目を測定するAlinity hqモジュールと、塗抹標本の作製および染色を行うAlinity hsモジュールから構成されるシステムで、検査室の生産性向上に貢献します。

(写真左・右:Alinity hqモジュール、写真中央:Alinity hsモジュール)(写真左・右:Alinity hqモジュール、写真中央:Alinity hsモジュール)

血液学は、血液の代謝や、血液に関連する病気の原因、診断、治療と予防を研究する専門分野です。血液検査では、さまざまな血液細胞の計数と鑑別を含む血液構造分析を行います。この血液検査において、全自動総合血液学分析装置Alinity hシステムは塗沫標本の作製から検査を行う工程を自動化し、臨床検査技師の皆さまの仕事を簡素化し、ヒューマンエラーを減少、検査結果入手までの時間を短縮することで、検査室の生産性向上に寄与します。
アボット ジャパン株式会社代表取締役会長兼社長の坂本春喜は「現在、検査室は限られた資源とコストの中で効率的な検査の実施が求められています。先行発売したAlinty i、AlinIQに今回Alinity hを加えることにより、検査業務の効率化はもちろんのこと、管理業務、診療支援まで包括的にカバーすることで、各病院の課題に対し、ソリューションを提供し、臨床検査が病院全体にもたらす価値を最大化するよう貢献してまいります」と述べています。

Alinity hシステムは、日々の検査業務の問題点を解決し、ニーズに対応できるようにデザインされています:
  • ワークフロー向上:2つのモジュールを統合し、モジュール間の自動搬送を実現、検体やラックの移動をオートメーション化することで、マニュアル操作を大幅に削減
  • 高い柔軟性:検査室のニーズとワークフローに合わせたモジュール構成・増設が可能
  • 待機時間の解消:装置を止めることなく、測定中の試薬交換や緊急検体の割り込みが可能となり、業務効率を向上

 


Alinity h システムを含むAlinity シリーズでは、共通のアイコン、デザイン、レポートシステム、ユーザーインターフェースを採用しています。また検体ローディングや試薬管理も共通化しています。そのためAlinityシリーズを使用する際、施設内での操作トレーニングを簡素かつ効率的に実施することができます。

Alinityについて
Alinityシリーズでは、免疫測定や血液分析など、臨床検査の現場のニーズに合わせたさまざまな製品を用意しています。経営分析から臨床検査のサポートまでをインフォマティクスサービスで実現するAlinIQシリーズと共にお届けすることで、病院や検査室がより少ないリソースで効率的な検査を実現することに貢献します。

アボットについて
アボットは、健康の力を通して人々が最高の人生を送ることができるよう注力するグローバルヘルスケア企業です。125年以上にわたり、栄養剤、診断薬・機器、医療機器およびブランド ジェネリック医薬品分野で、人生のあらゆるステージにおいて、健康が持つ可能性を実現するため、新たな製品・技術を提供してまいりました。現在、世界150カ国以上、約94,000人の社員が、人々が健康で長く充実した人生を送ることができるよう活動しています。

 アボット(www.abbott.com)、アボット ジャパン(www.abbott.co.jp)、フェイスブック(www.facebook.com/Abbott)、ツイッター(@AbbottNews @AbbottGlobal)もご参照下さい。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アボット ジャパン株式会社 >
  3. 血球計数項目の測定から塗抹標本の作成までを自動化する全自動総合血液学分析装置 Alinity h システムを発売