ワントゥーテン、あらゆる面をタッチ画面化できる「スマッチ」を使い、オオサンショウウオと出会える生息地探索の疑似体験「京都水族館ぬめぬめワールド〜世界最大級の両生類は鴨川にいた!!〜」の企画制作を担当

〜オオサンショウウオの生態観察体験をアップデート〜

株式会社ワントゥーテン(本社:京都市、代表取締役社長: 澤邊芳明、以下1→10)は、4月27日より京都水族館内、京の川エリアにて開催する企画展示、オオサンショウウオと出会える生息地を探検する疑似体験「京都水族館ぬめぬめワールド〜世界最大級の両生類は鴨川にいた!!〜」において、イベントの世界観構築、「スマッチ(Smart Touch System)」を使用した、鴨川上流に生息することを伝える水槽の拡張演出、告知ポスター・生態紹介の展示パネルの制作を担当いたしました。今までにない新たなアプローチで、オオサンショウウオの謎に包まれた生態とその魅力をお伝えします。

演出イメージ演出イメージ

■演出内容
今回、1→10では「京都の鴨川に生息し、実は身近な生き物であるオオサンショウウオを多くの方に知ってもらいたい」という施設側のご要望を受け、企画段階から参画いたしました。デジタル技術を駆使し、「京の川」エリアにオオサンショウウオの生息地である鴨川上流をよりリアルに再現した空間を制作。「スマッチ」を使用することにより、「京の川」エリアに一歩足を踏み入れると足や手の動きに反応して川の水の波紋が広がったり、映像で表現された実物大に近いたくさんのオオサンショウウオが足元を「ぬめぬめ」と動く空間を歩くような体験ができたりと、探究心と冒険心をくすぐる演出を実現しました。オオサンショウウオと出会える映像体験は迫力満点で、自然の中に引き込まれるような感覚です。さらに森の香りや音(※1)までリアルに再現した、臨場感たっぷりの体験型プログラムとなっています。オオサンショウウオの「ぬめぬめ」したイメージを持つ真相などを図鑑形式で徹底解析した解説パネルも登場し、まだまだ謎が多いオオサンショウウオの生態に触れる機会を提供します。

ポスターポスター

1→10は今後も、水族館をはじめとしたレジャー施設等でのさまざまな体験のアップデートを実施してまいります。

■オオサンショウウオについて
オオサンショウウオは世界最大級の両生類と言われており、在来種は国の特別天然記念物に指定されています。ずんぐりとした体形に小さな愛らしい目や大きな口など、不思議な見た目が特徴的です。夜行性で、日中はあまり活動せず、折り重なるように身を寄せ合ってじっと動かないようすが来館者の人気を集めています。京都水族館では、入り口を入った最初のエリア「京の川」での展示や、「オオサンショウウオの日」の制定(※2)などを通じて、オオサンショウウオの生態や生息環境の情報発信に努めています。

■展示概要
「京都水族館ぬめぬめワールド〜世界最大級の両生類は鴨川にいた!!〜」
開催期間:2019年4月27日(土)〜9月1日(日)
開催時間:施設の営業時間に準ずる。(入場受け付けは1時間前まで) 
開催場所:京都水族館「京の川」エリア
参加料金:無料 ※入場料は別途要
機材協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
企画・制作:株式会社ワントゥーテン(1→10)

■スマッチについて
プロジェクターで投影可能なあらゆる面を、測域センサー(※3)を用いてインタラクティブコンテンツに変化させます。
スマッチ特設サイト: https://www.1-10.com/drive/products/smarttouchsystem

■株式会社ワントゥーテン について
最先端テクノロジーを軸にデジタル技術を駆使したプロタイプ開発や新サービスの開発、プロジェクションマッピングやAI/XRなどを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行っているクリエイティブスタジオ。
様々なクライアントビジネスで培ったマーケティング視点を武器としてアミューズメント施設や水族館等のエンターテインメント分野、日本の伝統文化と先端テクノロジーの融合によるアート活動のMixedArts(複合芸術)プロジェクト、パラスポーツとテクノロジーを組み合わせた新しいスポーツエンタテインメントのCYBER SPORTSなどを通して利用者の体験をアップデートする多くの独自プロジェクトを推進しています。
オリックス水族館では、2016年冬「京都水族館 雪とくらげ」2018年冬「すみだ水族館 雪とクラゲ」2019年春「すみだ水族館 桜とクラゲ」等、数々の展示に企画から参加しています。
https://www.1-10.com/

※1 アロマはAir Aroma Japan株式会社、音楽は株式会社マスターマインドプロダクションによる演出です。
※2 オオサンショウウオの姿が数字の「9」に似ていることや、繁殖のため9月ごろにオオサンショウウオの活動が活発になることから、 「9月9日」を『オオサンショウウオの日』として、京都水族館が2018年4月に一般社団法人 日本記念日協会へ申請し、認定されました。
※3 測域センサー:空間の物理的な形状データーを出力することができる走査型の光波距離計。レーザースキャナーとも呼ばれます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワントゥーテン >
  3. ワントゥーテン、あらゆる面をタッチ画面化できる「スマッチ」を使い、オオサンショウウオと出会える生息地探索の疑似体験「京都水族館ぬめぬめワールド〜世界最大級の両生類は鴨川にいた!!〜」の企画制作を担当