AIを活用した中古不動産流通プラットフォームサービスRENOSY(リノシー)の会員数が5万人を突破

〜実店舗オープンを含む5つの新サービスを開始し、 売上高過去最高を達成〜

株式会社 GA technologies [ジーエーテクノロジーズ](本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:樋口 龍、証券コード:3491、以下、「当社」)は、AIを活用した中古不動産流通プラットフォームサービス「RENOSY(リノシー)」の会員数が2019年6月に5万人を突破したことをお知らせいたします。また、2019年1月より、実店舗のオープンを含む計5つの新サービスの提供を開始したことにより、プラットフォームをさらに拡大しユーザー利便性の向上を図るとともに、2019年第2四半期には、売上高過去最高を達成しました(※1)。

RENOSY(リノシー)会員数の推移RENOSY(リノシー)会員数の推移


◆AIを活用した中古不動産流通プラットフォーム「RENOSY(リノシー)」

URL:https://www.renosy.com/

【トピックス】
  • 5万人にご利用いただく都心の中古マンションに特化した不動産プラットフォームサービス
  • 実店舗オープンを含む計5つの新サービスを開始し、売上高過去最高を達成


◆ 5万人にご利用いただく都心の中古マンションに特化した不動産プラットフォームサービス
「RENOSY(リノシー)」の会員数は、2017年10月のサービス提供開始から、順調に増加しており、2019年6月に5万人を突破しました。

昨今、中古マンションの売買市場は、2017年に首都圏の成約件数が過去最高を更新し、2016年から3年連続で3万7千件台の高水準で推移しております(※2)。また、世界的な企業であるWeWorkやOYOなどが国内の不動産業界に参入し、不動産テック企業への注目も集まっております。

このような中、5万人の会員の皆さまにRENOSYをご利用いただいていることに心より感謝申し上げます。当社は、今後も「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」というコーポレートミッションのもと、住まい探しからリノベーション、資産活用、購入後の管理まで、皆さまの暮らしに寄り添うプラットフォームサービスの利便性向上に努めてまいります。


◆実店舗オープンを含む計5つの新サービスを提供開始し、売上高過去最高を達成
2019年1月からの6ヶ月間で、実店舗のオープンを含む計5つの新サービスを開始しました。また、AIや約3,000件(※3)の不動産売買契約データを活用した自社開発の不動産業務支援ツールを用い高効率な利便性の高いサービスを実現し、 2019年第2四半期には、売上高過去最高を達成しました。
 

RENOSYアプリRENOSYアプリ

・「RENOSY(リノシー)アプリ」(2019年1月28日提供開始)
街の不動産屋さんで家探しを相談するように、ご自身の希望のエリアとご希望の条件から、ユーザー毎のより細かな希望を叶える物件をご提案するスマートフォンアプリです。

サービスサイトURL:https://www.renosy.com/apps/renosy_app

 

RENOSY STAND SHIBUYA (リノシースタンド渋谷)RENOSY STAND SHIBUYA (リノシースタンド渋谷)

・「RENOSY STAND SHIBUYA [リノシースタンド渋谷]」(2019年6月7日オープン)
「4D RENOVATION ™(フォーディーリノベーション)」をコンセプトに、RENOSYが得意とするテクノロジーを活用した住まい探しや家づくりが体験できるリノベーションショールームです。コーヒーを片手に気軽にライフスタイルにあった暮らしのご相談が可能です。

特設サイトURL:https://stand.renosy.com/
 

RENOSY SELL(リノシーセル)RENOSY SELL(リノシーセル)


・「RENOSY SELL(リノシーセル)」(2019年5月23日提供開始)
中古マンションの価格査定・売買仲介・売買契約などの不動産売却取引をワンストップで実施できる中古マンションの売却サービスです。AIを活用したスピーディなオンライン価格査定は、会員登録不要でどなたでも気軽にご利用いただけます。また、売出し物件に関する不動産業者間でのやりとりを可視化することで、リアルタイムに売却活動をお知らせいたします。

サービスサイトURL: https://www.renosy.com/sell/

 

不動産投資用 バウチャー(借入可能額証明書)発行サービス不動産投資用 バウチャー(借入可能額証明書)発行サービス

・「不動産投資用 バウチャー(借入可能額証明書)発行サービス」(2019年2月18日提供開始)
株式会社MFS (以下、「MFS」)(※4)とのサービス連携により、投資用物件を決める前にユーザー毎の与信に応じた借入可能額をもとにMFSが「バウチャー」を発行し、その範囲内で当社が物件提案を行うという新しい不動産投資スキームを用いた不動産投資用サービスです。



・「OWNR by RENOSY(オーナーバイリノシー)」(2019年2月20日提供開始)

OWNR by RENOSY(オーナーバイリノシー)OWNR by RENOSY(オーナーバイリノシー)

不動産オーナーの資産管理のためのアプリです。AIを活用し、当社の不動産エージェントが選び抜いた投資物件の情報収集やご提案、収支シミュレーション、所有物件の管理や月々の収支管理がこのアプリ1つで完結します。

サービスサイトURL:https://www.renosy.com/apps/ownr

 

RENOSY(リノシー)RENOSY(リノシー)

◆RENOSY(リノシー)の概要
RENOSYは、テクノロジーとリアルの融合により、住まい探しからリノベーション、資産活用、購入後の管理までをトータルでサポートする中古不動産の流通プラットフォームサービスです。「探す」「リノベ」「投資」「クラウドファンディング」などをワンストップで提供しています。

サービスサイトURL:https://www.renosy.com/



(※1)GAテクノロジーズ FY2019.10 2Q 決算説明会資料より、「売上高 9,277百万円」
   : https://ssl4.eir-parts.net/doc/3491/tdnet/1720771/00.pdf
(※2)公益財団法人東日本不動産流通機構「首都圏不動産流通市場の動向(2018年)」
   :http://www.reins.or.jp/pdf/trend/sf/sf_2018.pdf
(※3) 2012年4月〜2019年6月現在のGAテクノロジーズにおける不動産売買契約数
(※4)住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」および住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」を運
   営する株式会社MFS


◆GAテクノロジーズ 会社概要
会 社 名:株式会社GA technologies
代 表 者: 代表取締役CEO 樋口 龍
設   立: 2013年3月12日
資 本 金: 1億円
本社所在地:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40 F
企業 U R L :https://www.ga-tech.co.jp/
事 業 内 容 :
・AIを活用した中古不動産の総合的なプラットホーム「RENOSY®」の開発・運営
・AIを活用した不動産業務支援ツールTechシリーズの開発・運営
・不動産オーナー向けアプリ「OWNR by RENOSY」の開発・運営
・中古区分マンションの投資型クラウドファンディングサービスの開発・運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GA technologies >
  3. AIを活用した中古不動産流通プラットフォームサービスRENOSY(リノシー)の会員数が5万人を突破