WILLERが新たな都市型交通「IKEBUS」の運行を開始 真っ赤でかわいい池袋の新たなシンボル ゆっくりと走る車両は乗る人にとってオンリーワンの空間に

 WILLER(代表:村瀨茂高)は、駅・公園・「Hareza池袋」をはじめとする商業施設など池袋の主要スポットをつなぐ電気バス「IKEBUS(イケバス)」を、11月2日(土)から貸切バスとして、そして11月下旬から決まった路線を定期的に運行する路線バスとして運行開始します。運行開始に先駆け、本日11月1日(金)に中池袋公園にて、出発式を開催しました。

 2020 年に向け、街全体が国際アート・カルチャー都市として大きく変わろうとしている池袋エリア。「Hareza池袋」の2020年のグランドオープンに先駆け、ブリリアホール・中池袋公園・としま区民センターが本日先行オープンし、まもなく池袋西口公園は野外劇場グローバルリングと共にリニューアル、また2020年春には造幣局地区防災公園オープンが予定されています。そんな豊島区でIKEBUSは単なる移動手段としてだけでなく、街に点在する様々な魅力あるスポットをシームレスに繋ぐ移動装置としての役割を担い、また行動範囲の拡張と回遊を促す事で、街にさらなる活気とコミュニケーションを生むことを目的としており、豊島区内外の人々の移動をサポートし、文化をつなぐことで、さらなる賑わいを生みだします。

 車両は、低速電動ビークル「eCOM-10」をベースにした最高時速19kmの電気バスで、バス停・制服含めたトータルデザインは、京都丹後鉄道の観光列車「丹後くろまつ号」・特急列車「丹後の海」などの鉄道車両をはじめ、数々の作品を手掛ける水戸岡鋭治氏によるもので、「利用者にとって、使いやすく、分かりやすい、美しくて、楽しい、オンリーワンの移動空間」がコンセプトです。また、電気バスであるため排ガスの排出がゼロであるとともに、車いすの方もご利用頂きやすいよう、車両後部に電動リフトを装備するなど、人に優しく地球にも優しい車両となっています。

 メインターゲットは豊島区に来るインバウンド含めた来街者で、池袋の地理に不慣れな観光客や周辺にお住いの高齢者・障害をお持ちの交通弱者の方も簡単に利用できます。赤くてよく目立つスタイリッシュなボディは乗車の際の期待感を創出し、豊島区の文化や季節に合わせたイベント情報などを映像で発信する車内のデジタルサイネージの天井では、移動中にも街の情報を知ることができます。
また、通常の乗車運賃だけでなく、3時間券・1日券・2日券など様々な券種を提供し、曜日を問わず20分間隔で運行するIKEBUSは、わかりやすくかつ動く歩道のように簡単に乗降でき、池袋の街を存分に楽しめる回遊するための移動装置として、街の移動をサポートします。

 今後もWILLERは、日本をはじめアジア・ASEAN で起きているさまざまな社会課題を、日本および世界のスタートアップ企業とともにオープンイノベーションで、解決していくことを目指していきます。

■出発式の様子

 出発式では、高野豊島区長より開会の挨拶を頂いた後、株式会社ドーンデザイン研究所代表取締役水戸岡鋭治様、WILLER株式会社代表取締役村瀨茂高、一般社団法人アートカルチャーまちづくり協議会代表理事前田三郎様、公益社団法人豊島区シルバー人材センター会長米倉義明様の4名が登壇し、それぞれから運行開始に向けたコメントがありました。村瀨は「豊島区が目指すアートカルチャーな街の代表的なシンボルとして、池袋の魅力を伝えていきたい。」と述べました。その後出発を記念したテープカットを展示された車両の前で行い、盛大に運行開始を祝いました。式典終了後は、実際の車両を使った試乗会も開催され、来場された多くの方に、IKEBUSをご体感いただきました。

■「IKEBUS」概要

【乗車定員】22名 【最高速度】時速19Km
【サイズ】全長5,165㎜、全幅2,105㎜、全高2,710㎜
【デザイン】ドーンデザイン研究所/水戸岡鋭治
【車両制作】株式会社シンクトゥギャザー
【運行会社】WILLER EXPESS株式会社
【貸切運行】
一般社団法人としまアートカルチャーまちづくり協議会へ要予約(電話:03-3983-2366) ※走行ルートは申し込み時に要相談。
【路線運行】
<運行時間> 始発10:00発~最終19:40発
<運賃> 1回券(a:200円、b:100円)、3時間券(a:300円、b:100円)、1日券(a:500円、b:250円)
、2日券(a:800円、b:400円) ※a:大人、b:子ども・高齢者・障害者
【特設サイト】https://travel.willer.co.jp/ikebus/

■配信元情報
【社名】WILLER株式会社
【本社所在地】〒531‐6006 大阪府大阪市北区大淀中1‐1‐88‐600梅田スカイビルタワーイースト6階
【設立】2005年6月
【代表者】代表取締役 村瀨 茂高
【事業内容】移動マーケティング事業(移動・観光eコマースの開発&運営/交通ネットワークの創造)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WILLER株式会社 >
  3. WILLERが新たな都市型交通「IKEBUS」の運行を開始 真っ赤でかわいい池袋の新たなシンボル ゆっくりと走る車両は乗る人にとってオンリーワンの空間に