東日本の地方銀行初、DataRobotが開発したAIを福島銀行が実務導入開始

個人向け融資領域におけるAI開発〜導入をわずか半年で実現

エンタープライズAIのリーダーであるDataRobot, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、CEO:Dan Wright、以下DataRobot)は本日、株式会社福島銀行(本社:福島県福島市、取締役社長:加藤 容啓、以下 福島銀行)が、DataRobotによって開発されたAIの実務導入を東日本の地方銀行として初めて開始したと発表しました。
今回の実務導入は、2020年12月8日に発表した「SBIホールディングス株式会社との戦略的資本業務提携」(https://www.datarobot.com/jp/news/datarobot-begins-strategic-capital-and-business-alliance-with-sbi-holdings/)に基づき、SBIグループが資本業務提携する地方銀行に対して提供されたプログラムの成果であり、福島銀行では、このプログラムを通じ、デジタルシフトの加速を目指してきました。

1.    福島銀行における本取組みの意義
金融機関はデジタル化が急速に進む環境変化への対応が求められる中、顧客ニーズを捉えるDXの取組みが重要視されております。
本取組みではビッグデータやAIを活用することで、従来の知識や経験に頼った営業スタイルを高度化し、データに基づく多角的な視点を得ることでDXを推進します。

2.    福島銀行における取組みの概況
福島銀行では、約半年という短い期間で『DataRobot』のAI実務導入を実現しました。
その結果、個人向け融資において、AIの導入により言語化できない推測的情報をマーケティングに活用し、お客さま一人ひとりのニーズに即したタイムリーなご提案が可能となりました。

DataRobotは、福島銀行が今後も様々な領域で、ビッグデータやAI活用の拡大を通じて業務改革・効率化を推進し、お客さまにより充実したサービスを提供できるよう、引き続きAIネイティブな戦略的サクセスチームによる支援を行ないます。


■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL:https://www.datarobot.com/jp/)DataRobotはエンタープライズ向け人工知能(AI)のリーディングカンパニーであり、AIイノベーションを競うグローバル企業に信頼性の高いAI技術と投資利益率(ROI)を実現するサービスの提供を行っています。DataRobotのエンタープライズAIプラットフォームは、機械学習モデルの構築、デプロイ、管理を自動化によってエンドツーエンドで提供しデータサイエンスの民主化を実現します。AIを大規模に提供し、継続的にパフォーマンスを最適化することで、ビジネス価値の最大化をサポートします。DataRobotの最先端のソフトウェアと世界最高クラスのAI実装、トレーニング、サポート、サクセスサービスが、組織の規模や業種を問わず、あらゆる組織においてビジネスの成果を高めています。
Forbes が選ぶ2020年の「クラウド100(世界の優良非公開クラウド企業100社)」、2019年および2020年の「AI 50(最も有望なAI企業50社)」にも選出され、IDCのレポート「IDC MarketScape: Worldwide Advanced Machine Learning Software Platforms Vendor Assessment(IDC MarketScape:世界の高度機械学習ソフトウェアプラットフォームベンダー評価)」では、リーダーに選ばれました。詳細についてはwww.datarobot.comをご覧ください。

■ 商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DataRobot, Inc. >
  3. 東日本の地方銀行初、DataRobotが開発したAIを福島銀行が実務導入開始