令和元年、平和の願いをこめて・・・「第7回沖縄チャンプルーカーニバル~PEACEFUL MESSAGE RADIO~」10月5日、6日に開催!!

日時:2019年10月5日(土)・6日(日) 会場:クイーンズスクエア横浜/日本丸メモリアルパーク(式典のみ)

「横浜」と「沖縄」の友好を表すイベントとして、第7回を迎えるFMヨコハマ主催「沖縄チャンプルーカーニバル」。今年は令和元年開催ということもあり、副題として、<PEACEFUL MESSAGE RADIO>と銘打って展開致します。
「沖縄チャンプルーカーニバル」はタイトルのチャンプルーが示す通り、ごちゃ混ぜの何でもありで、ラジオの公開放送、アーティストライブに沖縄物産展まで、横浜で沖縄の魅力を多種多彩に伝える秋の祭典ですが、今年はそれらに加えて、横浜と沖縄がそれぞれ平和への想いを抱えて、メッセージを発信する平和の祭典として進めていきます。

 

喜納昌吉喜納昌吉

沖縄から迎えるのは、ウチナーポップの第一人者、喜納昌吉さん。「すべての武器を楽器に」をモットーとする喜納昌吉さんには、「すべての人の心に花を」という想いを歌にした名曲「花」をオーケストラと収録した令和元年バージョンで披露していただきます。また、沖縄を含む琉球列島の奄美大島からは、元ちとせさんを招聘。平和を願う唄者としてのパフォーマンスを展開いただきます。ほかにも個性あふれる様々なアーティストがステージを彩り、2日間に渡って、みなとみらいから、ピースフルメッセージを発信致します。

元ちとせ元ちとせ

また、これらのイベントと並行して、国の重要文化財、帆船日本丸が保存される、日本丸メモリアルパークでは
平和を祈る式典<泡盛タイムカプセル~平和の祈り~>を開催致します。

泡盛の醍醐味は古酒ですが、沖縄本島では74年以上の古酒はほとんどないと言われています。理由は、74年前の戦争で地形が変わるほどに砲弾が撃ち込まれ、沖縄の地が灰燼に帰したからに他なりません。つまり、古酒があればあるだけ、戦争が行われなかったということになり、古酒は平和の象徴とも言えます。そんな古酒にフォーカスし、平和を祈る式典を企画することに致しました。
熟成期間は20年で、海中から引き揚げて開封するのは、令和20年の2039年の10月5日。20年後も平和な時代であるならば、泡盛も無事であり、令和生まれの赤ちゃんたちは成人して祝杯をあげることが出来ます。

舞台は日本丸メモリアルパーク。保存される、帆船日本丸は昭和5年に建造された練習帆船で、54年間にわたって、地球を45.4周する距離を航海した後に引退、石造りドックの中で一般公開されていますが、昭和から平成、令和と時代の移り変わりを見つめてきた日本丸こそが熟成泡盛を見守るに相応しいという想いからの選定です。

そして、実際にタイムカプセルに平和の想いを託すのは、FMヨコハマのリスナー。放送を通じて集まった令和生まれの赤ちゃんとその親御さんたち(10組)にそれぞれ特製タグをつけた泡盛(合計10本)を帆船日本丸の帆先の下、水深12メートルの海底に沈めていただきます。
まさに平和を祈るタイムカプセルであり、FMヨコハマはピースフルメッセージラジオとして、令和元年の秋、
平和の未来予想図を描きます。


【イベント概要】
名称:沖縄チャンプルーカーニバル~PEACEFUL MESSAGE RADIO~
日時:2019年10月5日(土)・6日(日) 11:00~19:00
会場:クイーンズスクエア横浜1F (クイーンズスクエア&クイーンズパーク)
出演アーティスト:喜納昌吉/元ちとせ ほか

【式典概要】
名称:泡盛タイムカプセル~平和の祈り~
日時:2019年10月5日(土)14:30~15:30(予定)
会場:日本丸メモリアルパーク
会場MC:光邦(FMヨコハマDJ)
ライブアーテイスト:カワミツサヤカ
トークアーティスト:五大路子
 

カワミツサヤカカワミツサヤカ

五大路子五大路子

※イベントの詳細などは、FMヨコハマのホームページをご覧ください。https://www.fmyokohama.co.jp/pc/topics/6428?p=20190906pt

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FMヨコハマ >
  3. 令和元年、平和の願いをこめて・・・「第7回沖縄チャンプルーカーニバル~PEACEFUL MESSAGE RADIO~」10月5日、6日に開催!!