新型コロナウイルス感染症拡大防止に備えた、在宅勤務(リモートワーク)の適用拠点拡大のお知らせ

株式会社MS-Japanは、2020年4月7日に政府から発令された緊急事態宣言を受けて、2020年4月2日に発表致しました「新型コロナウイルス感染症拡大防止に備えた在宅勤務(リモートワーク)に関するお知らせ」(https://company.jmsc.co.jp/info/2020/0402_11683.html)について、その適用拠点の範囲を全拠点へと拡大し、大阪支社及び名古屋支社の一部の社員についても対象とすることを決定致しましたので、お知らせ致します。


これまでは東京本社及び横浜支社に対してのみ、原則在宅勤務(フルリモートワーク)を行う事としておりましたが、政府からの緊急事態宣言を受けて、名古屋支社については本日4月9日、大阪支社については4月13日より一部社員を対象に在宅勤務とし、全拠点において在宅勤務を実施致します。


今後一定期間、原則オンラインでのコミュニケーションを行い、引き続き新型コロナウイルス感染症のさらなる拡大防止と従業員およびその家族、並びにステークホルダーの皆さまの安全確保を最優先に、事業を運営してまいります。

 
以上。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MS-Japan >
  3. 新型コロナウイルス感染症拡大防止に備えた、在宅勤務(リモートワーク)の適用拠点拡大のお知らせ