CO2削減プロジェクトを応援して脱炭素社会の早期実現を目指す、環境貢献型NFT「capture.x (キャプチャーエックス)」プレオープン

capture.xが目指す世界観や仕組みなど一部を公開

株式会社bajji(本社:東京都台東区、代表取締役:小林慎和)は、環境貢献型NFT「capture.x (キャプチャーエックス)」をプレオープンしました。プレオープン期間は、当サービスが目指す世界観や仕組みなど一部をご覧いただけます。

  • 環境貢献型NFT「capture.x」とは
URL:https://capturex.world 

capture.xは、CO2削減プロジェクトを応援して脱炭素社会の早期実現を目指すサービスです。

CO2削減に取り組む施設やプロジェクトをNFT化し、NFTを購入したユーザーは対象施設・設備・プロジェクトの「デジタルオーナー」となります。
デジタルオーナーは、対象施設の画面で「エール」(応援)を送ると、日々のCO2削減データをリアルタイムで確認できるとともに、「エールポイント」を獲得できます。デジタルオーナーたちの応援熱量によってはボーナスポイントを獲得することも今後計画しています。
ポイントは、初期バージョンではcapture.x内でのNFTの購入のみに使用でき、将来的には、他社発行のポイントとの交換やQRコード決済との連携によって日常の決済で使えることを計画しています。

capture.xのパーパスは、CO2削減の実現に向けた、ユーザーと企業の行動変容です。
CO2削減に関わる数字を毎日目にするこの仕組みによって、CO2削減を「自分ごと化」し、環境貢献への意識を高めてもらうことが行動変容の第一歩だと捉えています。

また、企業側としては、なかなか一般消費者の方々に知られることがないCO2削減への取り組みを、より多くの方々に知ってもらえる機会にもなります。自社の環境貢献活動を多くのユーザーから応援されることで、さらなる環境対策へと事業を推進する企業としての行動変容を促進できればと考えています。
※事前登録時にご案内していた「マイル」は「エールポイント」に名称を変更しました。

↑開発中の「エール」を送る画面です。エールを送ると、日々のCO2データの閲覧が可能になり、エールポイントも獲得できます。
 
  • サービスロゴリニューアルについて

サービス名称「CAPTURE X」は、ロゴとともに「capture.x」に名称をリニューアルしました。楽しく・ワクワクしてサービスを使うことが、脱炭素社会の実現に近づいていくことをイメージし、リニューアルいたしました。読み方は変わらず「キャプチャーエックス」です。
 
  • プレオープンサイトの概要と今後の予定
今回のプレオープンでは、capture.xの世界観とサービス概要をご覧いただけます。
本オープンは2月を予定しており、第一弾として太陽光発電所1設備の販売を計画しています。
プレオープンサイトでメーリングリストに登録いただくと、本オープンでのアカウント登録時に特典ポイントが付与されます。
なおプレオープン・本オープンともに同じURLになります。追って、スマートフォンアプリのリリースを予定しています。
URL:https://capturex.world 
Twitterで最新情報を受け取る:https://twitter.com/capturex_x 
 
  • CO2削減活動に取り組まれている事業者様へ
capture.xに掲載いただけるパートナー様を募集しています。当サービス上でNFTを発行することで、貴社の取り組みを一般消費者の方々に知っていただくことができます。個別にカスタマイズしてご提案しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者様向けサイト:https://business.capturex.world/
 

  • 会社概要
会社名:株式会社bajji
設立:2019年4月8日
代表:小林慎和
所在地:東京都台東区柳橋2丁目1番11号 Barq SHINSO BLDG 403
URL:https://corp.bajji.life/
お問い合わせ:info@bajji.life

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社bajji >
  3. CO2削減プロジェクトを応援して脱炭素社会の早期実現を目指す、環境貢献型NFT「capture.x (キャプチャーエックス)」プレオープン