「企業の文化投資は経済界・文化界に何をもたらすのか」シンポジウム開催!2/20(木):国立新美術館

文化庁では、文化界・経済界双方の発展のため「文化経済戦略推進事業」を実施しています。その一環として、2/20(木)に「企業の文化投資は経済界・文化界に何をもたらすのか」と題したシンポジウムを開催します。https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/92035901.html

 

国立新美術館外観国立新美術館外観

【日時】2020年2月20日(木)14:30~17:30※受付開始14:00
【会場】国立新美術館3階講堂 (東京都港区六本木7-22-2)
▼▼▼▼参加申し込みはこちら▼▼▼▼
https://tohmatsu.smartseminar.jp/public/seminar/view/6749


【登壇者(敬称略)】
青柳正規(多摩美術大学理事長、山梨県立大学美術館館長、東京大学名誉教授、前文化庁長官)
AKI INOMATA(美術家)
今里譲(文化庁次長)
長谷川一英(株式会社E&K Associates代表)
前田育男(マツダ株式会社常務執行役員)
※登壇者・テーマは変更になる場合があります

【プログラム内容】
●14:30-14:45 文化庁が推進する"文化と経済の好循環"/今里譲
●14:50-15:10 文化と経済の好循環を生むためには/青柳正規
●15:15-15:35 イノベーションのドライバーとしてのアート/長谷川一英
●15:40-15:55 アーティスト思考について/AKI INOMATA
●15:55-16:10 休憩(場面転換)
●16:10-17:10 パネルディスカッション
●17:10-17:30 参加者交流会


「文化経済戦略推進事業」の位置づけや戦略をご説明するとともに、様々な関係者(文化芸術界関係者・企業経営者・アーティスト)が集い、世界の潮流や国内の事例を共有しながら、課題や今後の展望について議論します。是非ご参加ください。
▼▼▼▼参加申し込みはこちら▼▼▼▼
https://tohmatsu.smartseminar.jp/public/seminar/view/6749


ーーーーーーーーーーー

※文化庁は、平成29年12月に「文化経済戦略」をまとめ、国・自治体・企業等による文化芸術への投資により新たな価値を創出し、それらが文化芸術に再投資される「文化と経済の好循環」の実現を目指しています。






 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文化庁 >
  3. 「企業の文化投資は経済界・文化界に何をもたらすのか」シンポジウム開催!2/20(木):国立新美術館