電気自動車カーシェアeemoがサイクルラックを搭載!

~電気自動車で空気を汚さずサイクリングを楽しむ~

e-モビリティで脱炭素社会を目指すEnergy Tech企業の株式会社REXEV(東京都千代田区、代表取締役社長:渡部 健)が運営する電気自動車カーシェアリングeemo(イーモ)では、ロードバイクなどで自転車の旅やサイクリングを楽しむ方向けに、サイクルラックを搭載した電気自動車(以下、「EV」)の貸し出しサービスを9月15日から開始します。
自転車は人ひとりが移動するために必要なエネルギーが、車や電車はもちろん歩くよりも小さいと言われている非常にエネルギー効率がよい移動手段です。また、eemoで利用するEVは可能な限り小田原でつくられた再生可能エネルギーで充電しています。EVシェアリングと自転車を組み合わせ、移動にかかるエネルギーやCO2の排出を抑えた地球環境にやさしい脱炭素の実現を目指した取り組みです。小田原は、車通りが少なく達成感のあるサイクリスト人気のスポットへのアクセスが良いといった特徴があります。小田原発のサステナブルなサイクルツーリズムを体験いただけます。

 

  • サービス概要
小田原駅から徒歩3分の距離にある城山第一(小田原駅西口)ステーションの車両にサイクルラックを設置しています。24時間365日いつでも借りられます。
ご利用料金:通常のカーシェア料金のみでご利用いただけます。サイクルラックのご利用に際して追加料金はありません。また、利用中も含めて充電代もかかりません。
設置場所 :城山第一(小田原駅西口)ステーション
神奈川県小田原市城山1 丁目9-9
※ご利用にはeemoへのご入会が必要となります。ご入会はこちらから
https://www.eemo-share.jp/entry/

  • サイクルラック詳細
メーカー :Carmate
品名 :INA389 TIRE HOLD2
適応タイヤ :20-29インチ、幅:18C-2.7インチ
メーカーサイト :https://ps.carmate.co.jp/c/car/ina389
 
  • ご利用方法
eemoアプリから車両、ご利用日時を選択して予約するだけでご利用いただけます。
ご予約時間にステーションへ到着したら、アプリでドアロックを解除します。
グローブボックス内に車両のリモコンキーを取りだし、充電プラグを抜きます。
自転車を設置して出発。(車内にサイクルラック用のキーと脚立を準備しています。)
〇サイクルラック取付方法
https://youtu.be/fJ8_ckMjbcI(メーカー公式チャンネルの動画に遷移します。)
 
  • 小田原からのおすすめサイクリングコース
ステーション出発→大石公園駐車場(車で約1時間30分:約80km)→サイクリング(富士五湖を1周。5時間程度:約100km)→大石公園駐車場→ステーション着。
ご利用料金目安:7,480円(いつも使いプランで、12時間ご予約の場合。(安心サポート付)
※追加での充電代はかかりません。

 

 

  • 会社概要
所在地 東京オフィス(本社):東京都千代田区神田淡路町一丁目9番5号
小田原オフィス  :神奈川県小田原市寿町一丁目1番12号
代表者 代表取締役社長 渡部 健
事業内容 企業・自治体向けのEV導入支援およびEV運用システム提供事業
EVを使ったエネルギーマネジメントシステムの開発および提供事業
EV車両マネジメントシステムの開発および提供事業
EVカーシェアリングシステムの開発および提供事業
小田原・箱根のEVカーシェアリングサービス『eemo』の運営 等
設立 2019年1月23日
URL コーポレートサイト:https://rexev.co.jp/
EVカーシェアリングサービス『eemo』:https://www.eemo-share.jp/
EV導入支援サービス『Flemobi』:https://rexev.co.jp/service/flemobi/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. REXEV >
  3. 電気自動車カーシェアeemoがサイクルラックを搭載!