プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

小米技術日本株式会社
会社概要

見やすい大画面に、20日間長持ちバッテリーのスマートウォッチ 「Redmi Watch 4」2月27日(火)より発売

小米技術日本株式会社

小米技術日本株式会社(以下「シャオミ・ジャパン」、本社:東京都港区、取締役社長:大沼 彰)は、前世代モデルRedmi Watch 3よりさらに大画面になり、バッテリー持続時間が最大20日間と進化した「Redmi Watch 4」を2月27日(火)に発売します。

Redmi Watch 4は、標準使用モードで最大20日間のバッテリー持続時間※を実現しました。前モデルより大幅に進化し、スマートウォッチのバッテリー充電の煩わしさを解消しました。

さらに、ディスプレイは、Redmi Watchシリーズ史上最も大きい1.97インチの有機ELディスプレイと60Hz高リフレッシュレートを採用しているため、驚くほど見やすく、滑らかに反応します。


デザインにおいても、アルミニウム合金フレーム※を初めて採用し、より高いデザイン性を実現し、また、ステンレススチール製回転式クラウンを採用することで、より快適に操作できるようになりました。

※ バッテリー持続時間のデータはXiaomiの社内ラボによる標準使用モードでの試験によるものです。 実際の結果とは異なる場合があります。

※ アルミニウム合金フレームは、ウォッチ本体のフレーム部分であり、ウォッチ全体ではありません。



■Redmi Watch 4の製品特長

大容量バッテリーと電力効率の高いチップを搭載

大容量バッテリーと、長時間使用のために最適化された電力効率の高いチップの搭載により、標準使用モードで最大20日間のバッテリー持続時間が実現しました。ロングバッテリーモードでは最長30日間、常時オンモードで約10日間の連続使用が可能です。

 

Redmi Watch 史上最も大きい1.97インチ有機ELディスプレイ

1.97インチの有機ELディスプレイを採用し、Redmi Watchシリーズのこれまでのモデルよりもさらに大画面になりました。表示領域は26%拡大しており、LTPSは5Hz、60Hzの高リフレッシュレートと相まって、驚くほど見やすく、滑らかに反応します。最大輝度は600nitと明るく、自動明るさ調整機能に対応しているため、環境に合わせて理想的な明るさレベルに自動調整します。

 

堅牢で信頼性の高い金属製ミドルフレームと回転式クラウンで

大きくアップグレードされたデザインと操作性

アルミニウム合金フレームを初めて採用し、より高いデザイン性を実現しました。2色 のカラーオプションで自分のスタイルを演出できます。また、精巧でスムーズに回転するステンレススチール製回転式クラウンを採用し、快適に使用できます。

 

アップグレードされた150種類以上のワークアウト・スポーツモード

ユーザーに最適なフィットネスを提案

屋内外でのランニング、ウォーキング、サイクリングなど、150種類以上の様々なプロスポーツモードに対応。運動前にプロのコーチの動画を見ながらウォーミングアップすることで、正しい姿勢でスポーツ負傷を軽減することができます。デュアルセンサー搭載により運動検出機能が向上し、より正確なモーション検出ができます。


マルチ衛星測位システムと5ATM防水性能に対応

独立したマルチ衛星測位システムに対応しているため、スマートフォンと接続していない場合でも単独で動作します。5つの衛星測位システムに対応し、あなたの一歩一歩を正確にとらえます。

また、5ATMの防水性能により18種類のウォータースポーツに対応、安心して楽しむことができます。便利な自動排水機能を実装しています。


デュアルセンサー搭載で精度が向上した24時間体制の健康管理機能※

24時間体制で心拍数、血中酸素レベル、睡眠などをモニタリングし、毎日の健康データを詳細に表示します。Strava™やApple Health、今回新たに対応するGoogle Fitとのデータ同期※も簡単に行えます。デュアルセンサーを搭載し、4チャネルにアップグレードされたPPGセンサーにより、モニタリングの精度がさらに向上しました。

※ 本製品は医療機器として設計されておらず、いかなる疾患の診断、処置、治療、予防も目的としていません。

データと測定値は個人的な参照用であり、診断および治療の根拠としては使用できません。

※ デバイスをStrava™アプリやAppleHealth、Google Fitに直接バインドすることはできません。

 

Bluetooth®通話機能でトレーニング中や仕事中にハンズフリーで通話が可能

Bluetooth®でスマートフォンに接続すれば、スマートフォンを取り出さずにウォッチで着信を表示したり拒否したりでき、内蔵のマイクとスピーカーで会話することも可能です。トレーニング中や仕事中でも手を上げるだけで電話に出ることができるため、目の前のタスクに集中しながら応答することができます。

※ ウォッチをスマートフォンのBluetooth®に接続した状態にしておく必要があります。サードパーティ製アプリからの音声通話は現在未対応です。


緊急時のクイックコールに対応

緊急時にサイドボタンを3回連続でタップすることで、Mi fitnessアプリに予め登録した緊急連絡先に素早く電話をかけることができます。

※ 本機能の使用には、機能を有効にしてアプリで緊急連絡先を設定する必要があります。また、ウォッチをBluetooth®でスマートフォンに接続した状態にしておく必要があります。

 

自由にカスタマイズして個性を表現できるウォッチフェイス※

200種類以上のスタイリッシュなウォッチフェイスから、自分だけのデザインを選択可能。スタイルに合わせて自由自在に個性を表現できます。

※ ご利用は、Mi Fitnessアプリで利用可能なウォッチフェイスに基づきます。


新しいクイックリリース構造で多彩なストラップをカスタマイズ

改良された次世代クイックリリース構造で、ストラップを簡単に交換できるようになりました。多彩なストラップオプションにより、スタイルを思いのままに変えられます。

 

■Mi Fitness アプリとは

Xiaomi Smart Band、Xiaomi Watch、Redmi Watchなどに連携して、体調や運動状況を把握できるようにするアプリです。

 

毎日の健康データを指先で確認

心拍数、フィットネス、睡眠などの毎日の健康状態を詳細に表示します。

Strava™およびApple Health、Google Fitと簡単にデータ同期ができます。

※ STRAVA およびStrava™はStrava, Incの商標です。

※ Appleは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

※ Google Fitは、Google LLCの商標または登録商標です。

 

■Redmi Watch 4販売情報

・発売日:2024年2月27日(火)

・販売チャネル:

量 販 店:

エディオン、ケーズデンキ、上新電機、ビックカメラ、ヤマダデンキ、

ヨドバシカメラ(それぞれオンラインのみの取り扱い)


オンライン:Xiaomi 公式サイト(mi.com)、Amazon.co.jp、楽天市場

mi.com : https://www.mi.com/jp/product/redmi-watch-4

Amazon公式:https://www.amazon.co.jp/dp/B0CQM9TRRS

楽天市場公式:https://item.rakuten.co.jp/xiaomiofficial/m51494/


・市場想定価格:11,980円(税込)

・カラー:オプシディアンブラック、シルバーグレー

※ 販売開始日、販売価格は各社からの発売情報をご確認ください。もしくはお問い合わせください。









■早割キャンペーン

2月27日(火)~3月5日(火)にご購入いただくと早割キャンペーン価格が適用になります。

早割キャンペーン価格:10,980円(税込)

※販売価格は各社からの発売情報をご確認ください。もしくはお問い合わせください。


■Redmi Watch TPU ストラップ(別売) 販売情報

・市場想定価格:980円(税込)

・カラー:ダークシアン、ミントグリーン、パステルパープル










※ 別売りストラップの取扱については、各社からの発売情報をご確認ください。もしくはお問い合わせください。

※ 標準同梱されているのはオプシディアンブラックまたはシルバーグレーのTPU素材ストラップです。その他のストラップは別途購入が必要です。販売状況は各販売店でご確認ください。


■スペック

Redmi Watch 4

※ 高さ、幅、厚さの寸法はストラップや突出部を除きます。

※ 本製品は 5 ATM (水深 50 m)の防滴等級に対応しています。スイミングプールやビーチで泳ぐ時など、水深の浅い場所でのアクティビティ時にも装着可能です。ただし、熱いシャワー、サウナ、ダイビングで使用することはできません。また、ウォータースポーツ中にスマートバンドが速い水流に直接さらされないように注意してください。防水機能は永続的ではなく、時間の経過とともに低下する可能性があります。

※ メッセージや着信の通知をはじめとする機能をバックグラウンドで常時実行するには、Mi Fitness が必

要です。詳細については、アプリケーションの設定を参照してください。

※ 記載内容は2024年2月現在のものです。

 

 

Xiaomi について

Xiaomi Corporation(以下Xiaomiと表記)は2010年4月に設立され、2018年7月9日(1810.HK)に香港証券取引所のメインボードに上場しました。Xiaomiは、IoTプラットフォームで接続されるスマートフォンとスマートハードウェアを核とした家電およびスマートデバイスを製造する企業です。


Xiaomiは「ユーザーの友となり、最もクールだと"心から"思ってもらえる企業になる」というビジョンを掲げ、イノベーション、高品質なユーザーエクスペリエンス、効率的な運営を追求しています。当社は、世界中の誰もが革新的なテクノロジーを通じてより良い生活を楽しめるように、適正な価格で優れた製品を製造し続けています。


Xiaomiは、世界をリードするスマートフォン関連企業の1つです。2023年9月、自社ファームウェアであるMIUIの月間アクティブユーザー数(MAU)は世界中で約6億2,300万に達しました。当社はまた、世界をリードするコンシューマIoTプラットフォームを確立しており、2023年9月30日時点で、6億9,900万台以上のスマートデバイス(スマートフォン、ラップトップ、タブレットを除く)が自社のプラットフォームに接続されています。


現在、Xiaomi製品は世界中の100を超える国と地域で販売されています。Xiaomiは2023年8月、5年連続で「Fortune Global 500」にランクインし、順位は360位でした。


Xiaomiは、香港ハンセン指数、ハンセン中国企業指数、ハンセンテック指数、ハンセン中国50指数の構成銘柄です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.mi.com/jp/product/redmi-watch-4
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

小米技術日本株式会社

36フォロワー

RSS
URL
https://www.mi.com/jp/
業種
製造業
本社所在地
東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ17F
電話番号
-
代表者名
大沼 彰
上場
未上場
資本金
-
設立
2020年01月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード