地元の「おいしい」を発見する『イートローカル探検隊』スタート!

~多摩エリアにおける大人の食農コミュニティづくりを目指します~

 JR東日本グループの株式会社JR中央線コミュニティデザイン(本社:東京都小金井市/代表取締役社長:髙橋好一)と、株式会社エマリコくにたち(本社:東京都国立市/代表取締役社長:菱沼勇介)は、多摩エリアの豊かな農地と、農業のもつコミュニティづくりの場という側面を生かし、体験型のプログラム『イートローカル探検隊』を、共同で2022年5月より開催します。
 多摩エリアを舞台に、食べ比べをしながら地元の食を支える名人を巡る「探検部」と、プロの農家のもと農作業を手伝いながら交流を楽しむ「援農部」に分かれて、体験型コミュニティを形成します。

 

 

 

 

 

 

 

 



1 背景
  テレワークの拡大によって、居住する地域で過ご  
 す時間がこれまでよりも長くなり、多摩エリアにお
 いても、お住まいの方の地元への関心はこれまでに
 なく高まっています。多くの魅力がある多摩エリア
 ですが、なかでも、すぐそばに農地があるという価
 値は、新鮮な農産物の産出という面だけでなく、コ
 ミュニティづくりの場という側面にも大きな可能性
 があります。




2 目的
  商業施設運営・駅業務受託・教育事業等で沿線でのコミュニティづくりに取り組む株式会社JR中央線コミュ
 ニティデザインと、多摩エリア130軒の農業者ネットワークを有する農産物流通ベンチャーであり収穫体験事業
 の経験も豊富な株式会社エマリコくにたちが連携することで、豊かな農業生産の舞台である多摩エリアの魅力を
 効果的に発信するとともに、食や農を通じた新たなコミュニティづくりを目指します。

3 概要
  (1)  『イートローカル探検隊』とは
      「探検部」、「こくぶんじ援農部」、「くにたち援農部」で構成されています。日ごろ、なかなか親
     しく触れることのできない地元の農業・農地について学び、参加者である隊員が活動を通して、地元の
     おいしいものをはじめ、自ら地域の魅力を発見していく体験型プログラムです。
      そして、各プログラムを通して、隊員同士、その想いを共有するコミュニティをかたちづくります。   
     なお、下期は内容をさらに拡充してご案内する予定です。どうぞご期待ください。

  (2)  コンセプト
      “おいしいは、地元にあり!”
 
  (3)   プログラム(詳細はお申込みリンクにてご案内しています)
      ◇「こくぶんじ援農部」、「くにたち援農部」
        内容:農園・食品製造見学、畑でBBQ、報告会  参加費:29,700円(税込み)

        期間:5~9月  回数:10回  募集人数:10名(各濃援部) 

      ◇「探検部」            
        内容:援農作業、農園見学、ゼミナール、畑でBBQ、報告会 

        期間:6~9月  募集人数:10名                
        ※詳細は以下のリンクよりご確認ください。

  
  (4)  お申込み
       ・こちらのリンクにて詳細のご案内をご覧の上、お申込みください(先着順)。
       http://www.emalico.com/information/etan_2022/
       ・「こくぶんじ援農部」と「くにたち援農部」は、4月14日から受付を開始します。
                    「探検部」については、5月13日に同リンクでご案内予定です。

 

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JR中央線コミュニティデザイン >
  3. 地元の「おいしい」を発見する『イートローカル探検隊』スタート!