滝沢秀明主演!大河ドラマ「義経」 2017年11月待望のCS初放送!

歴史に翻弄された悲劇の武将・源義経

CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河 株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋博礼)では、滝沢秀明主演の大河ドラマ「義経」を2017年11月よりCSで初放送いたします。

©NHK©NHK

【番組概要】
歴史に翻弄された悲劇の武将・源義経が、平家を滅ぼした後、兄の頼朝に追われ悲運の最期を遂げるまでの生き様を美しくダイナミックに描く。「情」を重んじる義経と「理」を重んじる頼朝。親子・兄弟・主従の絆、情愛、そして裏切り……。800年以上の時を超えて愛されてきた義経が滝沢秀明で再び甦る!
特集サイト:https://www.ch-ginga.jp/feature/yoshitsune/
【放送情報】11/14(火)スタート (月-金)午後2:00~ ※予定

 
  • たおやかで優美な滝沢秀明版・義経!
本作で大河ドラマ初主演となった滝沢秀明。当時22歳だった滝沢は、大河ドラマ『源義経』(1966年)の主演であった尾上菊之助(現:七代目尾上菊五郎)が持っていた大河ドラマ単独主演の当時最年少記録を更新している。また、ジャニーズ事務所のアーティストが主演する大河ドラマをCSで放送するのは、本作が史上初である。
印象的なシーンが多い本作だが、様々な戦いのシーンにおいて一際輝くのは滝沢秀明の立ち回りだ。殺陣やワイヤーアクション、約20キロもの鎧兜をつけたままトランポリンで飛び降りるなど、滝沢秀明の運動神経だからこそ実現できたシーンは必見。
 
  • 豪華キャストが集結!幼少期の牛若を神木隆之介が!
本作の見どころの一つは豪華キャスト陣。「驕る平家」の頂点に君臨した平清盛を渡哲也が熱演。本作では、幼き牛若との温かい交流も描かれている。義経の人柄に惹かれて集まってきた弁慶ら郎党たちの配役も松平健南原清隆など個性的だ。また、女性陣の活躍も見逃せない。義経を見守り続けるうつぼに上戸彩、美しく聡明な静に石原さとみといった若手俳優が華を添えている。今井翼が那須与一役で出演し、タッキー&翼での共演を果たしたことも注目を集めた。その他、義経の幼少期である牛若を演じた神木隆之介は、後に放送された大河ドラマ『平清盛』(2012年)でも義経を演じている。別作品にて成長後の同役を演じるのは極めて異例であり、当時話題となった。

 
  • 「弁慶の立ち往生」「勧進帳」「扇の的」誰もが知るあのシーンを再現!
自害する義経に敵を近づかせまいと奮戦し、全身に無数の矢を射られながらも、立ったまま壮絶な最期を遂げたという武蔵坊弁慶。このあまりに有名なエピソードは、本作のクライマックスにおける見どころのひとつだ。その他にも、義経主従の絆の強さを描いた歌舞伎十八番『勧進帳』でおなじみの「安宅の関」のエピソードや、『平家物語』に描かれている那須与一の「扇の的」など、誰もが知るエピソードがドラマの中で再現されている。


【作品情報】
大河ドラマ「義経
原作:宮尾登美子/脚本:金子成人、川上英幸/制作:2005年/話数:全49話
出演:滝沢秀明(源義経)、上戸彩(うつぼ)、石原さとみ(静)、松平健(武蔵坊弁慶)、中井貴一(源頼朝)、渡哲也(平清盛)、阿部寛(平知盛)ほか
特集サイト:https://www.ch-ginga.jp/feature/yoshitsune/



チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
NHK大河「平清盛」、中国「王女未央-BIOU-」、韓国「奇皇后」、トルコ「オスマン帝国外伝」他、日本初の世界の歴史ドラマから「松本清張サスペンス」、「孤独のグルメ」等の国内ドラマやNHKの豪華歌謡番組まで、大人世代の番組が満載のドラマ・エンターテインメントチャンネル。J:COMなど全国のケーブルテレビや、スカパー!、IPTVを通じ、約544万世帯(2017年7月末現在)のお客様にご覧いただいています。
https://www.ch-ginga.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた >
  3. 滝沢秀明主演!大河ドラマ「義経」 2017年11月待望のCS初放送!