メディアドゥ「FanTop」、お仕事マンガ『チェイサーゲーム』完結記念NFT販売開始

株式会社メディアドゥ(東証第一部 3678、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO 藤田恭嗣、以下「メディアドゥ」)運営のNFTマーケットプレイス「FanTop」は、株式会社ナンバーナイン(本社:東京都品川区、代表取締役社長 小林琢磨、以下「ナンバーナイン」)の人気コミックス『チェイサーゲーム』(原作・松山洋、漫画・松島幸太朗)の完結を記念したNFTサイン入りデジタルコレクションカードを2022年1月18日(火)より限定販売いたします。

作者サイン付き全7巻表紙ラフ画に加え、”仕事の厳しさ”に胸が苦しくなったり、熱い展開に胸が躍ったりする作中の名シーン8種の計15種がNFTサイン入りデジタルコレクションカードになって登場。デジタル上で保有者を証明することが可能なNFTにより、期間限定販売の記念グッズをデジタルカードとして手元に残すことができます。
 メディアドゥは今後もさまざまなNFTファンアイテムの展開など、デジタルコンテンツの流通における新たな選択肢を提案し、コンテンツ市場全体の拡大に貢献してまいります。

■『チェイサーゲーム』完結記念NFTの概要

販売時期 2022年1月18日(火)午前11時~完売次第終了
販売価格 税込2,750円
販売作品 『チェイサーゲーム』完結記念!サイン入りデジタルコレクションカード
販売数 600パック(1パック5個入り/カード全15種類)
販売所 FanTop(運営元:株式会社メディアドゥ)
https://fantop.jp

 

■『チェイサーゲーム』完結記念NFTサンプル画像

■コミックス「チェイサーゲーム」について
ファミ通.comで連載が始まるや否や“読むと(リアルすぎて)胃がキリキリする“と言われ、クリエイティブ業界を中心に波紋を呼んだ話題作!読み進めていくと、「あれ…この漫画、仕事中の自分のこと描いている……」とさえ感じてしまう共感エピソードが満載。
ゲーム開発会社サイバーコネクトツーの3Dアニメクリエイター。新堂龍也30歳。入社9年目にして、中間管理職のプレイングマネージャーに昇進を果たす。しかし、龍也を待ち受けていたのは、仕事報告を嘘つく年上の部下の上田や、やる気はあるが仕事の遅い新人社員の久井田、合理的に仕事を進めることしか考えない魚川といった、ひと癖もふた癖もあるメンバーばかり。試練続きの毎日ではあるが、ユーザーの笑顔のため日々ゲームを作り続ける!!
 

■「FanTop」について
株式会社メディアドゥが運営するFanTopは、各コンテンツのファンが、デジタル上の‟ファンアイテム”(ファン向けの収集品)の収集・鑑賞、ファン同士の共有・譲渡・売買を最大限に楽しめるNFTマーケットプレイスです。従来フィジカルの世界が主流だった“ファンアイテムをコレクションする喜び“を、デジタル上で何倍も享受できるよう、フィジカルとデジタルを融合し、アップデートします。
https://fantop.jp

・購入のハードルを下げる日本円決済
FanTopはNFTに親しみの薄いユーザー層の利用を想定し、購入のハードルを下げられるよう、仮想通貨ではなくクレジットカードでの日本円決済に対応しています。投機的取引で活発にアイテムの価格が高騰することを目的とせず、愛する作品のNFTを誰もが気軽に入手できる環境を目指します。

・「Flow」を採用、入手と同時に費用負担なくNFT化
FanTopはNFTの保有者情報の管理に「Flow」ブロックチェーンを採用しています。これにより、全てのファンアイテムは、入手すると即座に、ユーザーの費用負担なしに保有者情報がブロックチェーン上に書き込まれ、NFT化されます。保有者情報がブロックチェーンで公開されるため、自分と同じようなNFTを持つ人々や友人のコレクションを覗くのもNFTならではの楽しみの一つです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メディアドゥ >
  3. メディアドゥ「FanTop」、お仕事マンガ『チェイサーゲーム』完結記念NFT販売開始