ミドリ安全、神戸機材のオーダーメイドロボットシールドの販売取り扱いを2022年1月より開始

~産業ロボットを様々な外的脅威から守ります~

安全靴や作業着等を製造・販売するミドリ安全株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松村不二夫)は、株式会社神戸機材(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役社長:小林恵)が製造・販売するロボットシールド「スマート・シールド・システム®」の取り扱いを、2022年1月より開始いたしました。
 
  • 「スマート・シールド・システム® 」について
スマート・シールド・システム®は、スマート工場や食品業界で活躍するロボットをシールド等で覆うことにより、熱・粉塵・水・油などのあらゆる外的脅威からロボットを守るテーラーメイドサービスです。
ロボットの構造に合わせてCADでデザインを個別設計し、目的に合った最適な素材を用いて自動裁断機で裁断、最後は熟練した縫製スタッフが手作業で縫製して完成となります。長期にわたりロボットが活用できることで、更新コストの削減や補修に掛かる費用の削減が可能になります。

当社では2020年より、食品工場や製造工場で急増するロボットアームの保護対策として、手袋製造技術を活用したロボット用アームカバーの製造・販売を行っております。お客様からのご要望を受け、より幅広い製品の提供に対応するため、50年にわたる実績と自社工場でのオーダーメイド製作が強みの神戸機材の「スマート・シールド・システム® 」の取り扱いを開始したものです。産業用ロボットは今後もますます普及が広がる見通しで、そのメンテナンスや保守ニーズが高まることが想定されます。当社では今後も現場のニーズを取り入れ、様々な課題解決のお手伝いをしてまいります。

株式会社神戸機材:https://www.kobekizai.co.jp/

<ロボットシールドの特長>
・先端部分にゴムを入れ、水の侵入を防ぎます
・筒型形状で、先端から差し込むだけで取り付けも簡単
 

 マルチストレッチニット
・ニット素材で伸縮性があり、関節部分の生地の張りを軽減させます。
・撥水性があり、水がかかる現場でも安心して使用できます。
 

タイベック
・防護服として幅広く使用され、透湿性、防水性があります。
・ニット素材に比べ伸縮性は劣りますが、耐久性に優れています。


製造工程の流れ

1.設計
3D・2DのCADを使い、対象となる部分の動きを考慮したフィット感のある形状を設計します。
 

2.裁断
自動裁断機を用いて様々な素材を多様な形状で効率的に裁断します。

3.縫製
熟練した縫製スタッフが、立体形の複雑な縫製や、ザイロン生地など縫製困難な素材にも対応します。

工場内の環境やロボットの用途に応じて、複数の素材から最適な素材を提案いたします。
素材種類(一例)  特徴  用途
マルチストレッチニット 軽量で伸縮性、撥水性があり、カラーも多数あり 捻じれ・屈曲が大きい関節部分に最適
タイベック® 透湿性、防湿性に優れ、生地が柔らかく立体縫製に適している 防護服などに使用
PTFE100%フィルム 耐薬品性、耐水性に優れ、食品衛生法にも適合 食品工場やクリーンルームに最適
エコターポ® PVCを含まないターポリン、食品衛生法にも適合 食品工場などの防水カバー
神戸機材製アラミド 耐摩耗性、引張強度に優れ、カラーコーティングも可能 摩擦の多いケーブルやスパッタシート
ザイロン® 有機繊維の中で最も高い強度と難燃性を持つ 防弾チョッキなどに使用

 

 
  • ロボット市場は2035年 9.7兆円規模まで拡大


経産省の試算によるとロボット市場は2035年までに9.7兆円まで拡大するとされており、特にサービス分野の伸びが大きいとされています。中でも食品産業分野では、食品ハンドリング、食品加工を合わせ、3,383億円まで市場が拡大すると予測されています。

出典:経済産業省「ロボット産業市場動向調査結果」
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc241330.html












 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミドリ安全株式会社 >
  3. ミドリ安全、神戸機材のオーダーメイドロボットシールドの販売取り扱いを2022年1月より開始