保険契約の更改判定を自動化する機能をリリース

保険営業の業務を補完し、顧客情報を保管するクラウドサービス「hokan®」を提供する株式会社hokan(ホカン、本社:東京都千代田区、代表取締役 尾花政篤、以下hokan) は、手作業が多い満期更改管理を効率化する新機能をリリースすることをお知らせします。保険代理店にとって業務負荷が大きい業務の一つである更改手続きを支援するhokanを導入することで、さらに経営効率を上げることが可能となります。

 
  • 開発背景
保険代理店、特に複数の保険会社の商品を扱う乗合代理店においては各社のシステムから更改対象となる契約データを抽出し、担当者毎に振分け、保険会社システムにて更改状況の確認という定型業務をマンパワーをかけて行っているのが現状です。
この状況によって事務作業が業務負荷となり、代理店ランクに影響する早期更改の実施や更改落ち原因を分析した売上減少要因の把握といった経営改善を実行するまでのリソースが割けない状態でした。
hokanでは日頃多くのお客様から、短いサイクルで効率よく更改業務を遂行するため、更改対応の進捗管理に加え、更改の自動判定機能が欲しいという要望をいただいていました。

こうした課題の解決のため、更改業務に特化し、更改対応の進捗管理から現場情報の共有、更改契約の判定、更改落ち原因の集計までワンストップで実現できる機能をリリースすることとなりました。
 
  • 機能概要
以下のような機能の実装を見据えております。

■満期日2ヶ月前(カスタマイズ可能)の契約を自動で案件化/リスト化
設定したタイミングで更改対象となる案件を自動で抽出し、対象案件としてリスト化します。わざわざ各社システムで契約データを集約する作業が不要となります。
■カスタマイズした更改落ち理由による自動件数集計
独自に設定した更改落ち原因の項目で自動集計を行い、売上の低下に繋がる原因の把握・数字に基づく改善につなげることができます。
■更改手続き完了判定の自動化
更改が正確に行われたかどうかの判定を旧契約と成立契約の紐付けによって自動判定することで、各社システムでの確認工数を大幅に削減します。

また業界に特化したサービスである強みを活かし、満期更改のプロセスのみならず、業界全体にインパクトのある機能の実装を今後も予定しております。
 
  • hokan®️ について
・「契約管理を強みに変える」保険一元管理クラウドサービス
https://www.hkn.jp/
hokan®️ は、見込み顧客の発見から契約成立さらに保全までの一連の流れをオールインワンで管理できるクラウドサービスです。新規契約獲得時の情報をもとに、保全まで丁寧に実施できるよう保険営業をサポートしております。煩雑になりがちな事務作業を軽減し、保険の価値がお客様に正しく適切に伝わる世界を実現してまいります。

・ご利用の流れ
hokan®をご利用の全ての方が、基本料金の中で上記機能を含む全機能をご利用可能です。
オンラインで完結できる意向把握機能やカスタマイズできる名寄せなど業務効率化が期待できます。 hokan®を利用した顧客管理・売上向上をご検討の方は、お問い合わせページからお問い合わせください。保険代理店の皆様が最大限に活用できるように、hokan®の経験豊富なカスタマーサポートチームがお手伝いいたします。
 
  • 株式会社 hokan について
「保険業界をアップデートする」ことを目指し、保険代理店創業者と保険業界を担当していた戦略コンサルタントが創業し、保険代理店向け顧客・契約管理サービス「hokan®️」を中心に、メディアの運営や保険会社向けITコンサルティングサービスを提供しております。
創業以降、多くの保険業界関係者に支えていただきながらソフトウェアサービスを提供してきた知見を活かし、最新の技術を保険業界にきちんと適用することで、誰もが正しく適切に保険商品を享受できる社会をつくってまいります。
https://www.corp.hkn.jp/
 ※サービス内容ならびに料金体系は2021年9月現在のものであり、予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社hokan >
  3. 保険契約の更改判定を自動化する機能をリリース