【2020年 第2回 G検定】過去最高となる12,552人が受験し、AI活用の今後を担う 8,656人の合格者が誕生。

第2回 G検定(ジェネラリスト検定) の結果を発表。

日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、2020年 第2回 G検定を2020年7月4日(土)に実施。過去最高となる12,552名が受験し、8,656名の合格者が誕生しました。AI(人工知能)分野の中でも特に成果を出すディープラーニングをビジネスへ活用する人材であるG検定の合格者は、累計27,377名となりました。

JDLAは、2020年 第2回 G検定(ジェネラリスト検定)を2020年7月4日(土)に実施しました。
今回G検定の受験者数は12,552名(2020年第1回は6,298名)。そのうち合格者数は8,656名(2020年第1回は4,198名)で、合格率は68.96%でした。
受験者数は初めて1万人を超え、前回と比較すると約2倍に増加する結果となりました。
 

  • 受験者数増加の背景

今回の受験者数増加はコロナ禍における [AI化の加速に伴う学習ニーズの高まり]と[学習機会としての自粛期間の活用]が大きく影響したものと推測しております。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、働き方や生活のオンライン化が加速。データの蓄積によるAI活用の加速を多くの個人・企業が予測したことで、学習ニーズが高まりました。
この状況を受けJDLAは自粛期間を学習機会として活用頂くため、今回G検定の受験料を半額とする施策を実施。結果として、受験者数が大きく増加しました。
 

  • ディープラーニングを活用/実装する人材の育成を目指して

G検定は、ディープラーニング技術に関する最新知識だけではなく、AIの歴史や機械学習の基礎、AI利活用時に不可欠な知識である法的リスクや倫理を取り巻く議論など、幅広く学ぶ検定です。今後も、協会内外の有識者、および関係者の皆様のご意見を頂戴しながらより良い形を目指して、日々改善に努めて参ります。
AI(人工知能)分野の中でも特に成果を出しているディープラーニング技術の産業応用が進み、日本の産業競争力が向上することを目指し、JDLAではより多くのビジネスパーソンに学んでいただけるようジェネラリスト人材の育成に取り組んで参ります。

<2020年 第2回 G検定(ジェネラリスト検定)概要>
名称  : JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #2
概要  : ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
受験資格: 制限なし
試験概要: 120分、小問200問、オンライン実施(自宅受験)
出題範囲: シラバス(https://www.jdla.org/certificate/general/#general_No03)より出題
受験料 : 一般 6,000円(税抜)、学生 2,500円(税抜) ※今回に限り受験料半額にて実施
試験日 : 2020年7月4日(土)13:00より120分

 <日本ディープラーニング協会について>
日本ディープラーニング協会は、ディープラーニングを事業の核とする企業が中心となり、ディープラーニング技術を日本の産業競争力につなげていこうという意図のもとに設立されました。ディープラーニングを事業の核とする企業および有識者が中心となって、産業活用促進、人材育成、公的機関や産業への提言、国際連携、社会との対話 など、産業の健全な発展のために必要な活動を行っています。

設立日 : 2017年6月1日
所在地 : 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目1番1号 住友不動産御成門タワー9F
理事長 : 松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授
ホームページ : https://www.jdla.org
Facebook : https://www.facebook.com/jdla123/
Twitter : https://twitter.com/JDLANews
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCmzOgHRgJYxgoOkuDXWdzRg
Connpass : https://jdla.connpass.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
日本ディープラーニング協会 PR事務局(㈱Green romp内)担当:野田・三橋
TEL:070-1515-5740 / MAIL:pr@jdla.org
 

  1. プレスリリース >
  2. 日本ディープラーニング協会 >
  3. 【2020年 第2回 G検定】過去最高となる12,552人が受験し、AI活用の今後を担う 8,656人の合格者が誕生。