【ヒルトン東京】クリスマス・アフタヌーンティー『プティ・ブーランジェリーdeノエル』

クリスマスツリー風スタンドで味わうパンづくしのアフタヌーンティー

【2020年10月28日】  ヒルトン東京(新宿区 総支配人ロジャー・ブランツマ)2階バー&ラウンジZATTAでは、11月13日(金)より12月25日(金)までの期間、ヒルトン東京ヘッドベーカー湯田 剛史(ゆだ つよし)とエグゼクティブ・ペストリーシェフ播田 修(はりた おさむ)が贈るパンづくしのアフタヌーンティー『プティ・ブーランジェリーdeノエル』を開催します。アフタヌーンティースタンドをツリーに見立て、クリスマスオーナメント風にころんと焼き上げるおかしパンや星型ジンジャーブレッド、ステーキとフォアグラを贅沢にサンドし、トリュフソースで味わう「ロッシーニバーガー」などのおかずパンに加え、サラダとスープがセットになり、お一人様¥4,000(土・日・祝日は¥4,200)にて毎日11:30amより6:00pmまでお楽しみいただけます。ゆったりと間隔をとった店内で、おしゃれなランチやアフタヌーンティーとしてはもちろん、シャンパーニュやワインを合わせて楽しむ軽めのディナーとしてもおすすめです。

チュロス&トロペジェンヌチュロス&トロペジェンヌ

たくさんの種類のパンを少しずつ色々食べたい!そんなパン好きへ贈る『プティ・ブーランジェリー』は、パンの名店でキャリアを積み、天然酵母や小麦、水、熟成のバランスを知り尽くしたヘッドベーカー湯田のこだわりパンと、ホテル1階「マーブルラウンジ」のデザートフェアを牽引するエグゼクティブ・ペストリーシェフ播田によるコラボレーションでお届けします。

 

18時間冷蔵発酵し、もっちりとした生地に仕上げたフォカッチャにローストした胡桃を合わせて焼き上げる「生姜と蜂蜜の胡桃パン」は、松ぼっくりをイメージ。生姜と蜂蜜にほのかに黒胡椒を効かせた大人味で、芳ばしい胡桃と相まって紅茶との相性抜群です。

スパイスクグロフスパイスクグロフ

ころんと丸いクリスマスオーナメント風「スパイスクグロフ」はブリオッシュ生地にシナモン、ナツメグ、クローブなどのスパイスを練り込み、赤ワインで煮込んだ無花果を忍ばせました。那須御養卵をブリオッシュ生地とクリーム両方に贅沢に用いて作る「トロペジェンヌ」は、さくっとした歯触りと濃厚なカスタードクリームが上品な味わいです。

ローストチキンとベリーコンポートローストチキンとベリーコンポート

ウィーン風パン ヴィエノワでご用意する「トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼサンド」、スモークダックとオレンジジャムを包み焼き上げる「ダック・オレンジ」、「ローストチキンとベリーコンポートのブルスケッタ」などのおかずパンも、パンの美味しさに合わせたクリスマスらしいラインアップでご用意。その他にもミニサイズでありながら、さくっとした歯触りとバターの香りを最大限活かすため、通常の27層折りから16層折りで作るクロワッサンでご用意する「苺のマスカルポーネクリームサンド」、生姜と各種スパイスを練り込み星型でご用意するホテルメイドの「ジンジャーブレッド」、ホームメイドチョコレートジャムと共に味わう「チュロス」など、1つ1つ丁寧に作られる13種類のパンは、紅茶やコーヒーはもちろん、ワインやシャンパーニュと一緒にゆったりと味わっていただきたいセレクションです。

ホテルが一斉にクリスマスデコレーションとイルミネーションに包まれるこの季節、フェスティブ気分を盛り上げるおしゃれなティースタンドに可愛らしく乗ったパンを味わいながら、華やかなお食事のひと時をお過ごしいただけます。

『プティ・ブーランジェリーdeノエル』 概要
会場:                       バー&ラウンジZATTA (ヒルトン東京2F)
期間:                       11月13日(金)~12月25(金)
営業時間:                11:30am – 6:00pm (ご予約は11:30am - / 2:30pm - / 6:00pm – の3部制となります)
料金:                       お1人様   ¥4,000 (土・日・祝日は¥4,200) ※税金、サービス料別途

メニュー:               
「ロッシーニバーガー」、「ローストチキンとベリーコンポートのブルスケッタ」、「トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼサンド」、「ダック・オレンジ」、「生姜と蜂蜜の胡桃パン」、「苺のマスカルポーネクリーム クロワッサンサンド」、「バナナ・キャラメリゼ」、「トロペジェンヌ」、「スパイスクグロフ」、「メープルチーズとラズベリーのデニッシュ」、「ピュイダムール」、「チュロス&ベリーチョコレート」、「ジンジャーブレッド」、日替わりサラダ、日替わりスープ

※パンの内容は日によって異なる場合もございます。

ご予約:                     ウェブサイト https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/lunch/zatta_2011
 

ヘッドベーカー 湯田 剛史(ゆだ つよし)ヘッドベーカー 湯田 剛史(ゆだ つよし)

 

 

へッドベーカー 湯田 剛史 (ゆだ つよし)
1974年生まれ。東京調理製菓専門学校高度技術経営科を卒業後、95年にホテルニューオータニに入社。ベーカリーの基本を習得し、主任昇進後は、レストランフェアにてアラン・デュカス氏やピエール・エルメ氏との仕事にも従事しました。2007年からはホテルエピナール那須にヘッドベーカーとして勤務し、地産地消をテーマに、契約農家が作る野菜やハーブを用いたパン作りを多く経験しました。その後2011年にベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢に入社。パン作りの基本に立ち返り、小麦、水、発酵を学ぶと共に、自家製酵母パンの製造を担当しました。ヒルトン東京には2014年10月に入社。ペストリー部門ヘッドベーカーとして、レストランで提供するパンやロングセラー「バナナブレッド」作りを担当しています。

エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田 修 (はりた おさむ)エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田 修 (はりた おさむ)

 

エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田 修(はりた おさむ)
1979年生まれ。東京製菓学校を卒業後、2005年に渡仏。MOFシェフ、エリ・カゾウシュスに従事後、06年からはパリの5ツ星ホテル「ル・ムーリス」でミシュラン3ツ星シェフ、ヤニック・アレノ氏のもと様々なデザート部門に
携わった後、アシェット・デセールを担当しました。また、同期間にフランスで最も権威のある製菓コンクールの1つである「ルレ デセール シャルル プルースト杯」にて06年入賞、09年には「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」の国内予選ショコラ部門で入賞を果たしました。帰国後は、徳島県にある実家のペストリーショップ「ナッツベリーファーム」にてシェフ・パティシエを務め、2017年1月よりヒルトン東京のエグゼクティブペストリーシェフに就任しました。

【ヒルトン・クリーンステイ対策】
新しい日常に合わせ、十分に間隔を保った店内でゆったりとアフタヌーンティーをお楽しみいただけます。ヒルトンの新たな衛生基準となる「ヒルトン・クリーンステイ」の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/

ヒルトン東京について
ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963年6月20日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。1984年9月1日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。8階より38階までが客室となり、スイートを含む全830室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジZATTAを擁するダイニングフロアTSUNOHAZU、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む6つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐600名、立食900名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計21室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細はhiltontokyo.jp をご覧ください。

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界118の国と地域に6,200軒以上(983,000室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年の歴史で30億人以上のお客様をお迎えしました。「2019年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2019年世界的業界リーダーにも選出されました。2020年には、新たな衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ」を策定し、全世界のホテルで導入しました。また、現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトンの4ブランド・17軒のホテルを展開)。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億800万人を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、客室を自分で選択できるデジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルでデジタル・キーのご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります)、コネクテッドルーム(日本では未導入)を会員登録直後からご利用いただけます。

最新の情報はこちらをご覧ください。http://newsroom.hilton.com, https://www.facebook.com/hiltonnewsroom, https://twitter.com/hiltonnewsroom,https://www.linkedin.com/company/hilton, https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

 

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒルトン東京 >
  3. 【ヒルトン東京】クリスマス・アフタヌーンティー『プティ・ブーランジェリーdeノエル』