AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク) W」が『神戸ルミナリエ』のコミュニケーションツールとして採用

 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:松田 憲幸)は、
12月7日(金)から12月16日(日)までの10日間、弊社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」が兵庫県神戸市で開催される『神戸ルミナリエ』のコミュニケーションツールとして採用されたことをお知らせいたします。
 本製品は、世界74言語(注1)で、互いに相手の国の言葉を話せなくても対話ができる小型通訳機です。
 『神戸ルミナリエ』は、阪神・淡路大震災の発生を契機に、鎮魂と追悼、街の復興を祈念して震災で激減した神戸への観光客を呼び戻す目的で、毎年開催されているイルミネーションの祭典です。今年で24回目を迎える同イベントは昨年、期間中に340万人もの人が来場しました。元町駅からの長い待機列に、特に訪日外国人旅行客からは待ち時間などの質問が多いため、沿道の案内スタッフをはじめ、インフォメーション、救護等で言語面のサポートツールとして、本製品が利用されます。
 弊社では、日本を訪れる多くの外国人への言葉の壁を感じさせないおもてなしを目指し、今後も多くの自治体、企業様を通じて、本製品の提供を広げて参ります。
(注1) 2018年9月7日時点

【 『神戸ルミナリエ』の概要 】
・期間 :
2018年12月7日(金)~12月16日(日)の10日間
・点灯時間 :
月~木曜日/18:00頃~21:30、金曜日/18:00頃~22:00
土曜日/17:00頃~22:00、日曜日/17:00頃~21:30
※混雑状況により点灯時間を繰り上げることがあります。
・会場 :
旧外国人居留地および東遊園地(兵庫県神戸市中央区)
・予想来場者数 :
約340万人 (昨年度実績 約340万人)
・ポケトークの利用先 :
合計 20台
インフォメーション(2台)、沿道案内スタッフ(10台)、救護スタッフ(2台)、
公式グッズ販売スタッフ、(4台)、本部問い合わせ対応(2台)
・イベント詳細 :
http://kobe-luminarie.jp/
 

【 「ポケトーク W」とは 】
 「ポケトーク W」は、世界74言語に対応した、手のひらサイズのAI通訳機です。話しかけるだけで通訳がいるかのように対話ができます。2.4インチの大きい画面に、タッチパネルを採用。世界109の国(注2)と地域で使える4G対応のグローバル通信機能を内蔵しているため(注3)面倒な設定は不要ですぐに使えます。言語数はインド英語やオーストラリア英語などのアクセントにも対応し74言語利用できます。
 なお本製品は弊社が開発したもので、ドイツの「IFA 2018」でもイノベーションアウォード(Innovation Award at IFA)を受賞しています。日本のみならず世界中に販路を拡大して参ります。
(注2)2018年11月7日時点
(注3)グローバル通信(2年)付きの場合
製品プレスリリース
https://sourcenext.co.jp/pressrelease_html/JS/2018/2018072601
詳細URL
https://pocketalk.jp/

コピーライト表記について
■製品の画面掲載などのコピーライト表記は、下記の通りお願いいたします。
© SOURCENEXT CORPORATION
お客様お問い合わせ先
■ソースネクスト・カスタマー・サポートセンター
■ご購入前相談ダイヤル : 0570-035-333 (IP電話からは 082-553-1081)





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソースネクスト株式会社 >
  3. AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク) W」が『神戸ルミナリエ』のコミュニケーションツールとして採用