コンカー、7年連続で国内経費精算市場トップシェアに

​出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)が提供する「Concur Travel & Expense」が、株式会社アイ・ティ・アール(以下ITR)が発行する市場調査レポート「ITR Market View:予算・経費・プロジェクト管理市場2021」において、国内経費精算市場におけるベンダー別売上金額シェアでトップを獲得、2014年度より7年連続でシェアNo.1*となりました。
同レポートによると、2020年度の経費精算市場でのコンカーのシェアは52.3%、SaaS型経費精算市場においては58.8%、売上は前年度比130.5%の成長を見込んでいます。

出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・プロジェクト管理市場2021」

本調査結果について、コンカーの代表取締役社長の三村真宗は次のように述べています。
「多くの皆様に弊社ソリューションをご支持いただき、7年連続*となる売上トップシェアを獲得できたことについて大変嬉しく光栄に思います。新型コロナウイルスの感染拡大により社会が大きく変化する中、単なる業務のデジタル化に留まらない、デジタル化を通じた業務変革の重要性が今後ますます高まることが予想されます。今後も弊社のソリューションを通じて日本企業の競争力強化に貢献できればと考えております。」

*出典:ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場」経費精算市場:ベンダー別売上金額シェア 2014~2020年度予測
※統計表およびグラフでは単位未満の数字を四捨五入により処理しているため、総数と内訳の計が一致しない場合がございます。
 
  • 株式会社コンカーについて
世界最大の出張・経費管理クラウド SAP Concur の日本法人で、2010年10月に設立されました。『Concur Expense(経費精算・経費管理)』・『Concur Travel(出張管理)』・『Concur Invoice(請求書管理)』を中心に企業の間接費管理の高度化と従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群を提供しています。
コンカーの詳細については https://www.concur.co.jp/ をご覧ください。
  • SAP Concurについて
SAP® Concur®は、出張、経費、請求書管理を統合したソリューションを提供する世界有数のブランドであり、これらのプロセスの簡素化と自動化を追求しています。高い評価を得ているSAP Concurのモバイルアプリは、社員の出張をサポートし、経費を自動で入力し、請求書の承認を自動化します。また、AIを使ってリアルタイムのデータを統合、分析することで、効率的な支出管理を行うことが可能です。SAP Concurのソリューションは、手間の掛かる作業をなくし、お客様の業務効率化に貢献、最高の状態でビジネスを進めることができるようサポートします。詳細は https://www.concur.com/ またはSAP Concur ブログ(https://www.concur.com/newsroom)をご覧ください。

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コンカー >
  3. コンカー、7年連続で国内経費精算市場トップシェアに