エミレーツ航空グループ、従業員への新型コロナワクチン接種プログラムを開始

アラブ首長国連邦を拠点とする従業員を対象にワクチン接種を開始

 

エミレーツ航空グループは、2021年1月18日からドバイ保健局および保健予防省と連携して、アラブ首長国連邦(UAE)に拠点を置く客室乗務員やフライトデッキや、運航に重点を置く第一線で業務にあたる従業員を対象に、新型コロナワクチン接種プログラムを開始しました。


エミレーツ航空とdnata(エミレーツ航空が運営する旅行代理店で、航空機のグランドハンドリング、貨物、旅行、および機内食サービスを提供する空港サービスプロバイダー)は、世界で初めて新型コロナウイルスのワクチン接種を従業員に提供しました。エミレーツ航空とdnataは新型コロナウイルスのパンデミックの期間中、顧客、従業員、地域社会の健康と安全を確保するため、何段階にもわたる安全対策を実施してきました。新型コロナワクチン接種プログラムの展開はこれに勝る前進であり、旅客機でお客様にサービスを提供する従業員と、世界中の重要な物資の移動を支援する航空会社の従業員の健康と福祉を守るのに役立っています。


エミレーツ航空グループは、UAEの保健当局から承認を受けたファイザー社およびBioNTechSE製とシノファーム社のワクチンを、UAE全土の様々な企業の拠点で従業員が効率よく接種できるようにしています。ワクチン接種の予約は、週7日間毎日12時間受け付けており、できるだけ多くの必要な航空従事者がワクチンを接種できるようにしています。 UAEの指導者や保健当局は、ワクチンを無料ですべての市民や居住者が利用できるようにするための努力を惜しまないため、エミレーツ航空グループの従業員も、他の市民や居住者と同様に、政府指定の医療センターやクリニックでワクチン接種を受けることを選択することもできます。


オックスフォード大学が運営する「Our World In Data」(データで見る私たちの世界)がまとめたデータによると、UAEの新型コロナワクチン接種率は世界第2位で、人口100人当たり19.04回以上の接種が行われており、2020年12月に新型コロナワクチンが展開されて以降、市民や住民の190万人近くに対してワクチン接種が行われています。また、UAEは2021年3月末までに国民の50%以上に新型コロナワクチン接種を実施する予定です。


エミレーツについて
エミレーツ航空は2002年に日本への就航を開始しました。成田国際空港や関西国際空港からドバイまで、最も快適な空の旅を提供しています。エミレーツ航空はその商品やサービスが評価され、世界のアワードの数々を受賞しており、今年のワールド・トラベル・アワードでは「リーディング・エコノミークラス」「エアライン・リワード・プログラム」「ビジネスクラス空港ラウンジ」の3部門で受賞しています。また最近では、旅行、観光、ホスピタリティ業界におけるサプライヤーの取り組みを監視し、情報を提供する「セーフ・トラベル・バロメーター」で、世界で最も安全な航空会社として評価され、世界230社以上の航空会社の中でトップの座を獲得しました。


お問い合わせ先
エミレーツグループ 広報
REDHILL株式会社
青木
Email: ekjapan@redhill.asia

 
  1. プレスリリース >
  2. エミレーツ航空 >
  3. エミレーツ航空グループ、従業員への新型コロナワクチン接種プログラムを開始