消防用無人放水ロボット「ARGシリーズ」をアトラックラボと、アームレスキューが開発

火災時に消火活動を行う消防用無人小型放水ロボットを共同で開発

株式会社アトラックラボ(埼玉県入間郡三芳町藤久保16-37 代表取締役 伊豆智幸 TEL 049-293-6138)は、株式会社アームレスキュー(埼玉県大里郡寄居町寄居1386-1 代表取締役 田中 章)と消防用無人放水ロボットを開発いたしました。

 

開発した消防用無人放水ロボット「ARGシリーズ」は、平成28年に発生した糸魚川市大規模火災などの建物密集地や隊員が容易に近づけない危険物火災を教訓に、隊員一人が進入可能な幅約0.7mで遠隔操作可能なクローラータイプフレームをベースとし開発。消防用無人放水ロボットの重量は約19㎏。バッテリーで約60分走行が可能。縦600㎜×横600㎜の台座に消防用ノズルと、消防ホースで構成されています。ノズルの上下は遠隔操作で、毎分500ℓの放水可能となっております。台座には、カメラ、作業アーム、センサーなど様々なユニットを取り付け可能で、多目的災害に活用可能です。


アトラックラボでは、アームレスキューのノウハウを活かし災害時に活動支援する消防防災に特化したロボットの開発を推進します。


アームレスキュー社ホームページ
http://armrescue.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社アトラックラボ
メールアドレス:sales@attraclab.com
アトラックラボホームページ:http://attraclab.com
アトラックラボ動画チャンネル:https://www.youtube.com/c/ATTRACLAB
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アトラックラボ >
  3. 消防用無人放水ロボット「ARGシリーズ」をアトラックラボと、アームレスキューが開発