月島機械株式会社との水エンジニアリング事業の統合に向けた協議開始のお知らせ

      月島機械株式会社との水エンジニアリング事業の統合に向けた協議開始のお知らせ

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)は、月島機械株式会社(社長:福沢義之、本社:東京都中央区)と、両社対等の精神に則り、国内水エンジニアリング事業の統合(以下、「本統合」という)に関する基本合意書を締結し、協議を開始することと致しました。

1.本統合の背景及び目的
国内水エンジニアリング分野の市場は堅調に推移していますが、人口減による市場規模の縮小及び競争の激化等により事業環境が厳しくなることが予想され、対応技術とサービスの向上による競争力強化が急務と捉えています。
本統合により国内上下水道分野のリーディングカンパニーを目指し、永続的に水インフラを提供することで一層大きく社会への貢献を果たせると考え、両社対等の精神での事業運営を前提とし、協議を開始することと致しました。
JFEエンジニアリングは「くらしの礎を創る・担う・つなぐ」企業として、水エンジニアリング事業を引き続き重要な事業の一つと位置付け、2022年4月末までの合意を目指し、協議に臨んでまいります。

2.本統合の形態
まず月島機械が持株会社体制に移行し、上下水道事業の事業承継準備会社を設立する計画です。その後、当社の国内水エンジニアリング事業を月島機械の事業承継準備会社に統合し、両社出資の事業統合会社とすることを前提としています。
本統合では、事業をリードする責任を明確にするため、月島機械が事業統合会社の株式の過半数を取得する方向で協議を行いますが、取得比率、方法を含め詳細は今後検討してまいります。また、事業統合会社の名称、所在地、代表者氏名、役員構成等についても、合わせて協議してまいります。
尚、海外水エンジニアリング事業については、本統合後の次のステップとして、事業統合会社への合流を協議する予定としています。

3.協議対象
対象事業  JFEエンジニアリンググループの国内水エンジニアリング事業 (アクア事業部門) 
上下水道処理施設、バイオマス利活用施設、汚泥再生処理施設、水道用鋼管の設計・調達・建設及び運転管理・修繕
従業員数  約850名
事業規模  約400億円


                                                 以上

  1. プレスリリース >
  2. JFEエンジニアリング株式会社 >
  3. 月島機械株式会社との水エンジニアリング事業の統合に向けた協議開始のお知らせ