働く現場をリアルに体験!化粧品開発に挑戦する内定式を、サティス製薬が開催。

「1人でも多くの女性に正しい綺麗を」をビジョンに、スキンケア化粧品の開発とOEM製造を行う、株式会社サティス製薬(代表取締役社長:山崎智士、本社:埼玉県吉川市)は、12月17日(金)、2022年度新入社員の内定式を開催いたしました。内定者に働く現場をよりリアルに感じてもらえるよう、化粧品開発のワークなどを実施しました。

 
  • オンライン就活で減少する、働く現場に触れる機会
コロナ禍で就職活動のオンライン化が進み、画面越しのコミュニケーションが主流となった今、学生の中には「内定先の雰囲気が分からない」「4月からここで働く実感が湧かない」などの不安を抱える人が出てきています。
当社は今年度、コロナ対策を講じた上で対面による内定式を開催。内定者がこれからともに働く仲間や環境をイメージできるよう、当社の仕事を経験するワークや、社員の価値観を知ることができる交流機会を設けました。
 
  •  内定式の様子
化粧品の処方開発
内定者はそれぞれ“化粧品をプレゼントしたい人”を決めてモノづくりに挑戦。当社が技術開発したスキンケアアイテムの中から、相手の肌悩みに合わせたベースを選定、好みや使用シーンに合わせた香りの調合を行いました。


 
有効性試験などの評価体験
化粧品および原料が持つ肌への有効性を数値や画像で可視化する評価試験に触れ、事業内容への理解を深めました。



内定者と先輩社員の価値観ワーク
内定者と各部門の現場リーダーが互いの価値観を共有し合うことで、これから共に働く仲間を知る機会になりました。



最後に、内定証書の授与式にて、当社代表やリーダー達から「サティス製薬が化粧品にかける想い」や「働く上で大切にしていること」などが語られ、内定者へ激励の言葉が送られました。

 
  • 参加した内定者の感想
「初めて自分で化粧品を作りました。忙しい母に向けた化粧品にすることができたので、渡すのが楽しみです。」
「これまで対面では会うことができていなかった内定者同士での交流もあり、仲を深めることができました。」
「先輩方の話を聞いて、安心して挑戦ができる環境だと感じました。失敗を恐れずに挑戦していきたいです!」
「グループワークを通して、先輩方が働く上で大切にしている考えを知ることができました。私も誰かに喜んでもらえるような仕事をしていきたいです。」


サティス製薬では、学生のみなさんに働くイメージを持っていただくため、仕事の現場を紹介する場を設けています。コロナ禍では自宅にいながら現場を感じられるように、オンライン職場見学や、学生宅へ化粧品を郵送して企画づくりを行うオンラインでのインターンシップを実施。現在は、23年卒学生向けに採用イベントを開催しています。

インスタグラムでも働く先輩方や会社の風土等を随時発信しております。こちらも是非ご活用ください。
▼働く社員や会社の雰囲気がわかるInstagram
サティス製薬 【化粧品OEM】新卒採用
https://www.instagram.com/recruit_saticine/
 
  • サティス製薬とは

「1人でも多くの女性に“正しい綺麗”を」を理念に、化粧品の開発・製造を行っております。スキンケア化粧品の企画提案から処方設計・製造までを一貫して行うだけでなく、独自原料の開発や、有効性・安全性の評価試験、物流サービスも行っており、これまで800以上もの取引先ブランドの立ち上げをサポートしてきました。今後新たな事業にも積極的に取り組んでいく上で、共に成長し、会社を作り上げていく仲間を募集しております。性別や文理などに関わらず、多様なバックグラウンドを持つ仲間が活躍する当社は、今後もブランドと共創し、ユーザーへ理想の肌状態を提供する化粧品づくりに取り組んでまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サティス製薬 >
  3. 働く現場をリアルに体験!化粧品開発に挑戦する内定式を、サティス製薬が開催。