シンポジウム 「OSEC(オセック)から子どもを守る!」~子どもへのオンライン性搾取がない世界を目指して~9月28日開催!

特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン(東京都杉並区、代表:高橋潤)は、子どもの権利の重大な侵害である「子どもへのオンライン性搾取 - OSEC(Online Sexual Exploitation of Children)」についてより多くの人に伝えるため、シンポジウムを開催します。


================================================
日時   2022年9月28日(水)14:00~16:00
会場   青山学院大学(青山キャンパス) 17号館3階 17309教室 ※対面での開催
参加費  無料
申込   https://forms.gle/s8LjvNDogjaWYbkE7 ※定員150名
================================================

コロナ禍で広がるオンライン性搾取

OSEC(子どもへのオンライン性搾取)は、グローバルな問題です。コロナ禍によって、子どもたちも自宅でインターネットに触れる機会が増えたり、経済的な困窮に苦しむ子どもが増えたりすることにより、各地で子どもたちの性被害を受けるリスクが増加しています。

加害者は、性的なたくらみをもって言葉巧みに子どもたちにつけ入ったり(グルーミング)、子どもを操作することで性的なコンテンツを作成したりします。虐待や売春の形態をとることもあり、その市場はインターネットによって世界中に広がっています。より深刻で、取り返しのつかない問題へと発展するリスクをはらんでいるのです。

海外の専門家も来日! シンポジウム登壇者紹介

■基調講演 Staca Shehan(ステイサ・シーハン)氏

全米行方不明・被搾取児童センター(NCMEC)ヴァイス・プレジデント、米国政府 「子どもと若者の性的人身取引のための国家助言委員会」委員などを務め、子どもへの性搾取に関する実務において第一線で活躍されています。

■パネルディスカッション
内田 絵梨氏
特定非営利活動法人ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会) 相談員
立石 聡明氏
一般社団法人インターネットコンテンツセーフティ協会(ICSA) 代表理事
ガブリエラ・シェーネクル・ウォルフ氏
スウェーデン 子どもへの商業的性搾取をなくすためのオンブズマン(OKSE) 代表
小田 佳祐氏
青山学院大学4年生

※逐次通訳あり

----------------------------------------------------------
【共催】特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン 、青山学院大学附置スクーンメーカー記念ジェンダー研究センター、同大学学生有志
【後援】日本ユニセフ協会、スウェーデン大使館、米国大使館(申請中)
【協賛】GMOインターネットグループ

【問合せ】
特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン
inquiry@childfund.or.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン >
  3. シンポジウム 「OSEC(オセック)から子どもを守る!」~子どもへのオンライン性搾取がない世界を目指して~9月28日開催!