米国Netskope社と販売代理店契約を締結し、CASB製品の販売を開始

~すべてのデバイス、すべてのクラウドアプリにセキュリティ対策を~

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は
Netskope, Inc.(ネットスコープ、本社:米国カリフォルニア州ロスアルトス、CEO:Sanjay Beri(サンジェイ・ベリ)、以下Netskope社)と販売代理店契約を締結し、CASB (クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカー)製品の販売を2017年2月21日から開始します。
URL: http://cn.teldevice.co.jp/product/detail/netskope


■背景
企業におけるクラウドサービス利用の加速に伴い、企業内でのネットワークセキュリティ対策のみならず、各クラウドサービスの安全性の確認、利用状況の把握や管理、情報漏えい対策、不正利用の排除などの対策が必要となってきています。

CASBは、 ITアドバイザリ企業Gartnerが「現在、クラウドサービス利用に際してCASBを導入している大企業は5%に満たないが、2020年までには85%が導入するだろう」※1と急速な普及を予想している注目のクラウドセキュリティソリューションですが、既存のCASB製品は適用できる端末の利用形態やDLP (データ・ロス・プリベンション、データの紛失や漏えいの防止)機能が限定的であることが課題になっています。
※1 出典:Gartner’s Market Guide for Cloud Access Security Brokers, 24 October 2016

■特長・ユーザーメリット
利用サービスの検出、利用状況の分析、ポリシーに沿った保護をワンストップで実現
Netskope社のCASB製品は、Microsoft Office 365やBOX、Googleをはじめとする2万種類を超えるクラウドアプリが検出でき、利用状況の把握や管理、情報漏えい対策、不正利用の排除など、把握・保護・対処の機能をワンストップで提供するクラウドサービスです。

利用中のクラウドアプリを自動検出して可視化し、独自の信頼性インデックスで採点して安全性を評価することでリスク管理が行えます。また、シャドウIT (IT部門で利用を許可していないクラウドアプリ)も含め、クラウドアプリの操作状況をリアルタイムで把握できる上、詳細なログを記録するので、要注意操作があった場合にIT部門がすぐに分析や対策を講じることができます。さらに、DLPによる情報漏えい対策やマルウェア対策のためのセキュリティポリシーをユーザー、アプリ、ファイル種別ごとなどに柔軟かつ容易に定義でき、クラウドで最も不安を感じるデータの保護を効果的に実現します。

 

 

 

すべてのデバイス、不特定多数のクラウドアプリに対応、コスト削減にも
クラウドアプリへのアクセスにはモバイル端末が大きな役割を果たします。Netskope社はLAN経由のPCだけでなく、モバイルPC、スマートフォン、タブレットなどを使用した社外からのアクセスにおいても、不特定多数のアプリに対してポリシーの適用が可能で、すべてのデバイスから安全にクラウドアプリが利用できます。

また、許可アプリの利用においてもCASB製品を組み込むことでクラウドアプリごとに提供されているセキュリティサービスを利用する必要がなくなり、コスト削減にもつながります。

 
Netskope, Inc. CEO、サンジェイ・ベリ氏からのコメント
私たちは、これまで数々の米国最先端技術を日本に紹介してきた実績のあるTEDと協業できることを非常に嬉しく思います。TEDの優れた技術サポートや導入サービスは、IT部門の統制の元で安全にクラウドアプリを活用したいお客様に役立つと確信しており、正式に販売代理店契約を締結したことを光栄に思います。

TEDでは、Microsoft Office 365やBOXなどのクラウドサービスを導入する企業を中心に販売活動を行います。クラウドサービスとしての提供となり、料金体系はユーザー数に応じた年間サブスクリプションです。

■          Netskope のCASB製品の機能、特長
把握       ・利用中サービスと操作を自動検知して可視化
              ・シャドウITも一目瞭然
              ・自動分類とリスク分析による採点
              ・挙動と操作内容の判別と記録
保護       ・詳細なポリシー定義と適用
              ・告知、遮断、推奨サービス転送などのアクション
              ・DLP(情報漏えい対策)
              ・マルウェア検出
              ・暗号化
対処       ・ワークフローの自動化
              ・フォレンジックに必要な詳細な監査証跡
              ・詳細なインシデント履歴
              ・役割ベースの権限管理

■         サポート体制
導入・構築・検証支援までをサポートするとともに、導入後のヘルプデスクサービスを提供します。
URL:http://cn.teldevice.co.jp/support/detail/supportservice/ss

【セミナーのご案内】
◇◆クラウド活用のためのセキュリティ対策:新製品Netskope CASB発売セミナー◆◇
日程      : 3月7日(火) 15時30分-17時
会場      : 当社 新宿オフィス
定員      : 30名
参加費     : 無料
主催      : 東京エレクトロン デバイス株式会社
詳細、お申込み : http://cn.teldevice.co.jp/seminar/id/179

Netskope社について
Netskope社は、2012年に米国カリフォルニア州ロスアルトスで創業したCASBベンダーです。各企業の詳細なセキュリティポリシーを反映しながら、すべてのデバイス、すべてのクラウドアプリに対応できるセキュリティソリューションを提供しています。
URL:https://www.netskope.com/
 
東京エレクトロン デバイス株式会社について
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:http://www.teldevice.co.jp/

東京エレクトロン デバイス株式会社CNカンパニーについて
CNカンパニーでは、ストレージ、ネットワーク関連機器、およびソフトウェア製品を幅広く取り扱い、クラウド時代のビジネスソリューションとして提供しています。世界の最先端テクノロジーをいち早くキャッチするマーケティング機能を国内外に持ち、導入からサポートまで一貫して提供しています。
CNカンパニー専用サイト:http://cn.teldevice.co.jp/

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式 管理本部 広報・IR室 堀田・平
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム:http://www.teldevice.co.jp/contact/news_release/index.html

 <製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社
CNカンパニー パートナー第二営業部 松永
Tel:03-5908-1979、Fax:03-5908-1992
お問い合わせフォーム:http://cn.teldevice.co.jp/product/netskope/form.html

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

 
  1. プレスリリース >
  2. 東京エレクトロン デバイス株式会社 >
  3. 米国Netskope社と販売代理店契約を締結し、CASB製品の販売を開始