【煎茶堂東京】冬の特別な「棒ほうじ茶」、モダンな年賀ギフト「あさひ」販売開始!

シングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」は、年末年始の縁起茶として、初日の出をデザインした「あさひ」と、冬にぴったりなシングルオリジン『やぶきた』棒ほうじ茶を発売いたします。2021年12月1日(水)よりオンラインストア、煎茶堂東京銀座店にて販売中です。



珍しいシングルオリジンの「棒ほうじ茶」

反響をいただいた昨年に続き、今年も煎茶堂東京では「ほうじ茶」のお取り扱いをいたします。珍しいシングルオリジンのほうじ茶。遠赤外線焙煎できらびやかな香りを引き出した逸品です。



初日の出をあしらった縁起モノ「あさひ」

2021年も残すところ1ヶ月!日本人にとっての年末年始は日本を感じる特に大事なイベントです。一年の労をねぎらい、ゆっくりとお茶を飲んでいただくきっかけになるよう、「お年賀向きなお茶」をご用意いたしました。


年賀デザインのモチーフについて

京都の玉露で女性らしい旨味の「あさひ」。 元旦・年賀を思わせる縁起物のお茶です。その名前をモチーフとして、「初日の出」をあしらっています。


 


商品名 【数量限定】「やぶきた」シングルオリジン棒ほうじ
価格 1,080円(税込)

https://shop.senchado.jp/products/1068







 


商品名 【お年賀デザイン】049 ASAHI あさひ (30g)
価格 1,900円(税込)

https://shop.senchado.jp/products/1107

 
  • 販売期間:2021年12月1日(水)〜(数量がなくなり次第終了)
  • 販売店舗:煎茶堂東京オンライン/煎茶堂東京 銀座店



煎茶堂東京について

2017年、銀座に創業したシングルオリジン煎茶専門店。日本初の「観て飲む」お茶の定期便(サブスクリプション)「TOKYO TEA JOURNAL」をリリースし、お茶を3メディア同時体験させるなどテクノロジーを用いた新しい日本茶を追求する。茶葉のパッケージデザインと割れない「透明急須」が2018年度グッドデザイン賞をダブル受賞。2020年に日本茶体験メニューを監修したJR東日本グループの「JAPAN RAIL CAFE」がオープン、JR九州の「36ぷらす3」の日本茶ワークショップ監修、九州7県の日本茶商品をコラボ販売。
https://shop.senchado.jp/



企画・商品デザイン: LUCY ALTER DESIGN
青柳智士と谷本幹人の2名のデザインユニット。2016年にコミュニティデザイン領域としてOffice & Remort Coffee Service「Garden」を開始。2017年に三軒茶屋に世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」、銀座にシングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」をオープン。その年の「DSA空間デザイン賞」入選、「JCDデザインアワード」BEST100を受賞。2018年にデザインプロデュースとして静岡に焙煎温度別ティージェラートカフェ「MARUZEN Tea Roastery」、京都に梅体験専門店「蝶矢」をオープン。同年、自社でデザイン・開発を行った「透明急須」が「GOOD DESIGN AWARD 2018」「Red Dot Award:Product Design 2018」を受賞。
https://lucyalterdesign.com
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LUCY ALTER DESIGN >
  3. 【煎茶堂東京】冬の特別な「棒ほうじ茶」、モダンな年賀ギフト「あさひ」販売開始!