介護リハビリテックのRehab、『Google for Startups Startup Academy: AgeTech 2022』に採択決定!

デイサービス向けリハビリ支援ソフト「リハプラン」を運営する株式会社Rehab for JAPAN(本社:東京都千代田区、代表取締役 大久保 亮 以下「当社」)は、Google が展開するスタートアップ支援プログラム『Google for Startups Startup Academy: AgeTech 2022』に選出されたことをお知らせします。

  • 採択と今後の活動
超高齢社会を支えるスタートアップ向けの「Google for Startups Startup Academy: AgeTech 2022」に当社が採択されました。
本プログラムでは、Google の経験豊富な AI チームや Fitbit チーム、海外スタートアップから国内外のヘルスケア領域での AI 活用やテクノロジーの事例を学ぶことができます。当社では本プログラムの参加を通じて、Google の AI をはじめとしたテクノロジー等について学習し、介護ヘルスケア領域における画期的なサービスの開発と実装、社会貢献を加速して参ります。
  • Google for Startups「Startup Academy: AgeTech 高齢化社会を支えるスタートアップのためのプログラム」とは
 Google for Startups は、スタートアップのさらなる成長を支援するプログラムを世界各国で開催しています。7 月から始まる「Startup Academy: AgeTech 高齢化社会を支えるスタートアップのためのプログラム」は、Google 社員や専門家によるセッションや 1 : 1 メンタリングを通じて、市場トレンドや Google のエンジニアからプロダクト開発を学ぶための 5 日間のプログラムです。
  • 株式会社Rehab for JAPANについて
当社は「介護に関わるすべての人に夢と感動を」をビジョンとし、より多くの高齢者が健康的に長生きすることで幸せに長く暮らせる世界(健康寿命の延伸)に向けて、「エビデンスに基づいた科学的介護」の実現を目指すスタートアップ企業です。介護現場のリアルデータを収集し、高齢者が元気になることを科学していきます。

・称号 :株式会社Rehab for JAPAN(リハブフォージャパン)
・創立 :2016年6月10日
・代表者:大久保亮・所在地:東京都千代田区飯田橋4丁目2-1岩見ビル2階
・資本金:618百万円(資本準備金含む)
・URL
-コーポレートサイト:https://rehabforjapan.com/
-リハプラン:https://rehaplan.jp/training/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Rehab for JAPAN >
  3. 介護リハビリテックのRehab、『Google for Startups Startup Academy: AgeTech 2022』に採択決定!