ジェイ・エス・ビーがプロデュースする食堂UniTime Kitchen(ユニタイムキッチン) 大学学生寮内に初オープン!

~管理栄養士監修のメニュー提供、コミュニケーションを大切に~

 UniLife(ユニライフ)のブランドで全国の学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行う株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:田中 剛、以下当社)は、当社がプロデュースし、全国の学生マンションで運営する食堂UniTime Kitchen(ユニタイムキッチン)の運営を、大学学生寮では初となる拓殖大学八王子国際キャンパス内にある学生寮「カレッジハウス扶桑」内にて、4月1日(水)より開始したことをお知らせします。

拓殖大学「カレッジハウス扶桑」内 UniTime Kitchen


 UniTime Kitchen(ユニタイムキッチン)は、若者に豊かな食環境を提供することを目的に、これまで全国の当社運営の学生マンション内で運営してきました。この度、学生寮で初となる運営を拓殖大学八王子国際キャンパス内「カレッジハウス扶桑」にて行います。

【管理栄養士監修のメニュー/館内コミュニティを活性化】
 UniTime Kitchenでは、管理栄養士監修の栄養バランスの取れた料理を館内調理で朝夕2食提供しています。入居者が同じ場で食事を取ることで、よりコミュニケーションの輪が広がります。寮内コミュニティの活性化に繋がるイベントの開催や、ご当地グルメ食といった楽しいイベントメニューの提供を定期的に行っていく予定です。

【誰でも利用できるランチ営業で交流を促進】
 同食堂内では、朝夕の寮食に加え学食としてランチ営業も実施します。ランチ営業は、寮生以外の学生はもちろん、教職員、近隣住民の方々も利用でき、多世代の交流の場として利用いただけます。また、寮生は、ルームキーでランチを購入することが可能となっており、前月のランチ利用分を寮費と一緒に支払うことも可能です。

【学生の住まいに併設された食堂の役割】
 昨今、若者の「孤食」「偏食」「少食」といった食の心配や、人間関係の希薄化などが社会的に問題視されています。伴い、学生の住まいに併設された食堂に対し、単なる食事提供の場だけでなく、学生の健康維持のスペースとして、また仲間との交流スペースとしての役割を求められるようになりました。当社では、心も身体も豊かに学生生活を過ごしていただけるよう、オリジナルの食堂を併設した学生マンションを全国で運営しています。
UniTime Kitchen紹介サイト:https://unilife.co.jp/event/shokusapo/

【その他画像】

食堂内
 

UniTime Kitchen ロゴマーク

【会社概要】
株式会社ジェイ・エス・ビー
本社所在地:〒600-8415 京都府京都市下京区因幡堂町655番地
創業   :1976年12月
上場   :東証1部(証券コード3480)
代表   :代表取締役社長 田中 剛
U R L   :https://www.jsb.co.jp/
全国の学生マンション検索サイト: https://unilife.co.jp/

ジェイ・エス・ビーグループは1976年の創業以来、全国で学生マンションの運営管理を手掛け、現在では北海道から沖縄まで学生向け賃貸仲介店舗「UniLife(ユニライフ)」78店舗を展開、2019年4月時点で66,661室を管理しています。高齢者住宅事業へは2011年より参入し、高齢者向け住居の企画開発、運営及び紹介事業を行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェイ・エス・ビー >
  3. ジェイ・エス・ビーがプロデュースする食堂UniTime Kitchen(ユニタイムキッチン) 大学学生寮内に初オープン!