プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社PitPa
会社概要

Xtraveler主催イベント「X Hackathon」にて、参加学生にキャリア証明書を贈呈

第三者証明の国際規格(VC)を活用し、ハッカソンでの実績や評価フィードバックを就活時に使える「キャリア証明書」として学生に還元

株式会社PitPa

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(EMC)発のスタートアップ企業である、株式会社Xtraveler(本社:茨城県水戸市 代表取締役 関根 康太、以下「Xtraveler」)は、2024年3月23日(土)に、エンジニア・Webデザイナーを志望する高校生・大学生を対象に、ハッカソンプログラム「X Hackathon」を開催いたしました。また、株式会社PitPa(本社:東京都渋谷区 代表取締役:石部 達也、以下「PitPa」)は、ハッカソンに参加した18名の学生に贈呈された「キャリア証明書」の発行を支援いたしました。

「キャリア証明書」には、ハッカソンの開催概要に加え、学生間で実施した相互評価を通じたフィードバックコメント(主に、「強み」と「伸びしろ」に関するコメント)や、最終的なアウトプットに対するPitPa社員3名からの評価、そして、アワード受賞者にはその詳細などが記録されています。

▼キャリア証明書のデモ画面はこちらからご覧いただけます

https://vcs.staging.sakazuki.xyz/career-credentials/cltntibt50030s601pvjne4pv

この証明書の活用により、学生は自身の行動の振り返りができるだけでなく、就職活動において自身のスキルや人間性を企業に効果的にアピールすることが可能になります。今後も、X Hackathonでは引き続き、イベント終了時に参加学生に「キャリア証明書」が発行される予定です。

ハッカソンにおける「キャリア証明書」発行の意義

ハッカソンは、複数の参加者が技術力や創造力、チームワークを駆使して限られた時間内にアイデアを形にするイベントです。しかし、しばしば一過性のイベントに終わってしまい、経験や成果を次に繋げることが難しかったり、参加者の行動が十分に評価されず、成長を実感できないまま終了してしまうケースも少なくありません。

そこで、X Hackathonでは、ハッカソンの経験が単なるイベント参加に留まらず、より一層、学生のキャリア形成に繋がる機会を提供するこを目指し、今回の「キャリア証明書」の発行をスタートさせました。この取り組みにより、主に以下3つの価値の創出が期待されます。

1)ハッカソンでの経験と学びの最大化

2)就活機会への橋渡し

3)ハッカソン参加への動機付け

ハッカソンでの経験と学びの最大化:証明書には、学生間で行う相互評価のフィードバックコメントが記載されます。具体的には、ハッカソン参加中の言動や姿勢に対し、同じチームメンバーから「強み」と「伸びしろ」の2つの観点から評価された内容が記載されるため、参加学生が自身の行動を振り返ることで、自己認識の向上や、今後の成長に繋がります。

就職活動への橋渡し:ハッカソンで得た経験や学びに関するデータを「キャリア証明書」という形で持ち運べるようになることで、証明書を就活用プラットフォームのプロフィール欄に掲載したり、面接官に提示するといった活用が可能になります。これにより、学生は自らの技術力やコミュニケーション能力、チームで働く能力など、企業が求めるコンピテンシーを具体的に示すことができ、就職活動において他の候補者との差別化を図ることが可能になります。

ハッカソン参加への動機付け:キャリア証明書はハッカソンでの経験を正式に認めるものであるため、学生の参加動機や、イベント中のモチベーション向上にも寄与することが期待されます。さらに、将来的には、ハッカソン参加学生の進路に関する情報をデータベース化して公開することで、X Hackathonのブランド力向上に加え、より多くの優秀な学生を獲得し、質の高いイベントの開催に繋げていきます。

X Hackathonについて

X Hackathonは、武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部(EMC)発の株式会社Xtravelerが企画・運営する、学生エンジニア向けのハッカソンイベントです。様々な領域の企業様と共催・協賛という形でタッグを組み、月に1、2回の頻度で全国の学生にハッカソンの機会を提供しています。ハッカソン開催期間外は、過去参加者と今後のイベントへの参加を希望する学生が集う、コミュニティイベントの開催や情報発信も行っています。

note:https://note.com/hackathon

X:https://twitter.com/XHackathonX

■第2回 開催概要

・日時:2024年3月23日(土)

・主催:株式会社Xtraveler

・協賛:株式会社PitPa

・開催場所:渋谷パルコ DGビル 10F Pangaea

・参加学生:2025年以降卒業予定のエンジニア志望、Webデザイナー志望の学生

・イベントぺージ:https://xhackathon.connpass.com/event/311217/

■実施内容

第2回目の開催となった今回のX Hackathonには、2025年から2027年の間に卒業予定の、筑波大学や慶應大学などの大学に通う学生や、すでにエンジニアとしてのキャリアを有する高校3年生など、多様な属性の学生が参加しました。今回設定された課題は、PitPa社が提供する大学生向けのキャリア証明書発行サービス「sakazuki」をより多くの大学生に届けるというもので、学生は3、4名でチームを組み、成果物としてランディングページを制作してもらいました。

今回は1日限りの開催という時間的制約がありながらも、各学生が制作に打ち込み、初めて顔を合わせるメンバー間でも積極的なコミュニケーションが行われ、オフラインイベントならではの熱気と交流が生まれました。

成果発表では、PitPa社員3名が審査員として参加し、各チームの成果物に対して技術的な観点に加え、ターゲットである学生に向けた訴求ポイントが明確であるか、また、具体的なストーリーラインが構築されているかといったビジネス的観点からの具体的なフィードバックも行われ、学生たちが実践的な経験を積む場として貴重な機会となりました。

▼X hackathonの公式noteにてイベントレポートを公開しております。こちらも併せてご覧ください。

【開催報告!】 X Hackathon #2 - 【公式】X Hackathon(note):https://note.com/hackathon/n/n0971da2a1121?sub_rt=share_pb

学生に贈呈された「キャリア証明書」について

PitPaが発行する「キャリア証明書」は、VC(Verifiable Credentials:検証可能なクレデンシャル)と呼ばれる国際規格に準拠しており、キャリアに関するデータが証明書の発行元に依存しない形で、個人が一元管理できる仕組みを実現しています。

この証明書には、大学での学修歴や学位はもちろん、学外でのインターンシップやボランティア活動、部活動やサークル活動における実績、ビジネスコンテストの成績など、学生生活全般にわたる様々なキャリアデータの蓄積されます。さらに、インターン先企業の担当者や同学生からのフィードバックコメントも記録され、これにより、学生は自らの活動を振り返ることで成長に繋げられるのに加え、将来のキャリアを模索する際の指標として活用できます。

証明書の機能としては、学生のプライバシーを尊重し、情報の公開範囲を自由に設定できるように設計されています。これにより、面接時やエントリーシート提出時など、必要な場面でのみ、信頼性の高い情報源として第三者に提示が可能となります。

▼今回発行された、キャリア証明書の一例

※デモ画面: https://vcs.staging.sakazuki.xyz/career-credentials/cltntibt50030s601pvjne4pv

▼「X Hackathon」で発行されたキャリア証明書に記載されている内容

ハッカソンの開催概要/評価基準(行動評価・成果物評価)/評価者情報/学生間での相互フィードバック(個々の「強み」と「伸びしろ」に関するコメント)/各チームの成果物に対する評価/受賞歴(※受賞者のみ)

関係者からのコメント

株式会社Xtraveler 代表取締役(CEO)武蔵野大学アントレプレナーシップ学部 関根 康太

今回のXハッカソンはPitPaさんと共同で開催させていただきました。オフラインでの開催ということで、同世代の学生エンジニア同士での交流、チームワークをするいい機会になったのではないかと思います。これまでハッカソンを開催する中で、せっかくハッカソンに参加しても、そこでの活躍や成績が証明される手段が今までなく、何かしら良い方法はないのかと考えていました。証明書が発行されることで、ハッカソンでの活躍が客観的に評価され、就職する際に役立つなど、キャリアにプラスになれば良いなと思います。

「キャリア証明書」を活用したキャリア形成支援サービス sakazuki

sakazuki(サカズキ)は、学修歴や学位、インターンシップ、部活・サークル、ビジネスコンテスト等の実績データを「キャリア証明書」として学生に還元することで、キャリア形成を支援するサービスです。

▼導入実績

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社様、株式会社麺食様、LIFULL Tech Vietnam様、日本電信電話株式会社(NTT)様、千葉工業大学様、datag株式会社様、HENKAKU Community様、セプテーニ・インキュベート様、一般社団法人デジタルサロン協会様、NEC様、Xtraveler様、アッドラスト様、慶應義塾大学公認団体ライフセービングクラブ 他

▼sakazukiでは一緒に事業を盛り上げてくれる学生インターンを募集しています!

詳細はこちら:https://pitpa.notion.site/PitPa-5cc758e0cc54461d801e752a9c60371b?pvs=4

株式会社Xtravelerについて

株式会社Xtravelerは、武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部(EMC)発のスタートアップ企業です。Webシステムの開発をはじめ、全国の学生をターゲットにしたエンジニア・Webデザイナー志望学生向けのハッカソン「X Hackathon」の企画・運営や、参加者交流イベントの開催などをおこなっています。

X Hackathonは、パートナー企業様に合わせて、企画のアレンジや学生とのコミュニケーション構築を行い、参加者の集客まで行っています。共催・協賛、また弊社の新卒採用支援事業にご興味のある企業様は「info@xtraveler.jp」までお問い合わせください。

【会社概要】

会社名:株式会社Xtraveler
本社所在地:〒310-0033茨城県水戸市常磐町1-4-37
代表取締​​役:関根康太
設立年月日:2019年10月31日
資本金:6,000,000円
主な事業内容:
・Webシステムの開発
・学生エンジニア向けハッカソン「X Hackathon」の企画・運営

株式会社PitPaについて

PitPaは「メディアのあり方を再定義し、持続可能な経済性を提供する」をミッションに、最先端のテクノロジーを活用しながらポッドキャスト制作事業やブロックチェーン/VCを活用した人材サービス業を展開しています。

ポッドキャスト制作事業では、音声コンテンツの制作・配信およびデータ分析をかけ合わせ、ポッドキャストを活用したビジネス・マーケティング・PRを支援してまいります。脚本家やサウンドエンジニアなど、音声番組制作のプロフェッショナルが在籍し、音声番組のコンセプトづくりからレポーティング、コミュニティ形成までを支援いたします。また、最先端の技術を活用した、リスナーのエンゲージメントを高める「会員証NFT」の配布等、新たな音声ビジネスの構築にも取り組んでいます。

・詳細:https://pitpa.jp/

ブロックチェーン/VCを活用した人材サービス業では、「会員証NFT」の配布を皮切りに、学歴や職歴、スキルといった人的資本に関わる証明書のデジタル化を通じて「個人」の可能性を最大化し、新たな機会を創出する人材事業にまで発展してきました。今後も、私たちが心から「面白い」と感じたテクノロジーやカルチャーを活用したビジネスの構築を通じて、個人が活躍できる社会の実現に向けて取り組んで参ります。

・詳細:https://sakazuki.xyz/

【会社概要】

株式会社PitPa(ピトパ)

本社所在地:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコDGビル

代表取締​​役社長:石部 達也

設立年月日:2018年8月

資本金:5,000万円

公式サイト:https://pitpa.jp/

主な事業内容:

・ポッドキャスト制作・マーケティング支援事業

・ブロックチェーン/VCを活用した人材サービス事業

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
学校・大学ネットサービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社PitPa

13フォロワー

RSS
URL
-
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコビル
電話番号
-
代表者名
石部達也
上場
未上場
資本金
-
設立
2018年08月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード