KnowBe4のトレーニングセッションが「オンライン・セキュリティ・レッスンの視聴者数」のギネス世界記録を達成

1日の視聴者総計で2,136を記録し、ギネス世界記録認定を獲得

東京(20211021日発) - 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4 (NASDAQ: KNBE)は、OneLogin およびEskenzi PRと連携して、「24時間以内でYouTubeでの最も多くのサイバーセキュリティトレーニング動画再生」のギネス世界記録の達成に挑戦し、ギネス世界記録認定を獲得したことを発表します。このギネス世界記録への挑戦は、欧州の「サイバーセキュリティ意識向上月間」と「Security Serious Week」*の期間中である2021年10月14日に実施され、ライブ配信と完全録画版の視聴合計で、1日の視聴者数で2,136を記録しました。

 

今回実施されたトレーニングセッションは、Zoomで開催され、Youtube Liveで公開されました。このトレーニングセッションは3つのパートに分かれており、KnowBe4とOneLonginによるランサムウェアに関する特定の分野の専門知識を提供するレクチャー、視聴者による演習、視聴者との質疑応答セッションで構成されました。ライブ配信後、完全録画版をYouTubeの「Security Serious」チャンネルでさらに23時間にわたり公開しました。今回達成したギネス世界記録は、ライブ配信と完全録画版の視聴合計をカウントしました。

このギネス世界記録は、これまでに挑戦されたことがなく、24時間以内に最低1,500回の再生回数を満たせば、ギネス世界記録として認定されます。この挑戦は、ギネス世界記録認定組織であるギネスワールドレコーズによって厳格なルールと規定書が遵守されているかが細かくチェックされました。 ギネスワールドレコーズの審査員であるリチャード・ステニング氏がこの記録の検証に立ち会い、10月15日に記録が達成されたことを承認しました。

世界中でサイバーセキュリティ攻撃が急激に増加している中、日々サイバー攻撃と戦っているセキュリティ担当者は、セキュリティ脅威を実感していますが、一般の従業員はセキュリティ脅威に対する認識はまだ不十分です。この心の隙をサイバー攻撃者は狙っています。今回実施されたトレーニングセッションとギネス世界記録挑戦の目標は、セキュリティに関しての意識を組織全体で情報共有し、意識変革のきっかけを作り出すことです。

KnowBe4のリードセキュリティアウェアネスアドボケートである Javvad Mali は、今回のギネス世界記録認定獲得について、次のように述べています。
「セキュリティアウェアネスは、デジタルにあらゆるモノがつながる今日の世界では必須の要件となってきています。今回のギネス世界記録の挑戦は、官民を超えて、このメッセージを広く共通認識するために恰好のキャンペーンと言えます。幼い頃からギネスワールドレコーズを追いかけていた私にとって、記録達成に関わることは想像もしていなかったことでした。」

Security Serious Weekの運営会社「Eskenzi PR」の創設者である Yvonne Eskenzi は、今回のギネス記録達成について次のように述べています。
「スポンサー各位の支援のおかげで、ギネスブックに登録されたことは極めて喜ばしいことです。これはEskenziのRohit Chavdaのアイデアから始まり、気がつけばこのような形になっていました。関係者全員にとって素晴らしい成果だと思います。Security Serious Weekの使命は、何よりもまず、サイバーセキュリティについて一般の方々に知っていただくこと、そしてそれを楽しみながら情報共有することにあります。」

今回のトレーニングセッションの講師を務めたOneLoginのグローバルデータプロテクションオフィサーのNiamh Muldoonは、次のようにコメントしています。
「セキュリティインシデント対応に関する私の知識をこのように多くの方々と共有し、サイバーセキュリティと、これらのインシデントが組織に与える影響に必要な光を当てる機会を得られたことを嬉しく思います。セキュリティはますます主流になってきていますが、問題の重要性と一般の人々の知識や理解にはまだギャップがあります。この活動が、このギャップを解消するための一助となれば幸いです。」

*注: 「Security Serious Week」は、 Eskenzi PR とSmile on Fridaysによって企画され、毎年10月の欧州サイバーセキュリティ意識向上月間に実施される Security Serious イニシアティブの一環として、実施さています。今年で7回目を迎える「Security Serious Week」は、セキュリティ業界が一堂に会し、広く一般にセキュリティの重要性を認知していただくための、楽しく、面白い、情報満載のイベントとして発展してきました。

KnowBe4について>
KnowBe4は、セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーです。KnowBe4は、IT/データセキュリティ・エキスパートであるStu Sjouwerman(ストゥ・シャワーマン)によって2010 年8 ⽉に米国フロリダ州タンパベイで設立され、セキュリティの「人的要素:ヒューマンエラーの克服」にフォーカスして、ランサムウェア、CEO攻撃/詐欺、ビジネスメール詐欺(BEC)を始めとする巧妙化するソーシャルエンジニアリング手口などの社員ひとり一人のセキュリティに対する認識を高めることで、「人」を狙うセキュリティ脅威から個人、組織、団体を防御することを支援しています。世界で最も著名なサイバーセキュリティ・スペシャリストであるKevin Mitnick(ケビン・ミトニック)がCHO(Chief Hacking Officer)を務めています。同氏のハッカーの視点に立った知見をベースにKnowBe4のトレーニングプログラムは組み立てられています。2021年8月現在、 4万1千社を超える企業や団体がKnowBe4を採用して、防御の最終ラインとして「人」による防御壁を構築しています。KnowBe4についてさらに知りたい方は、https://www.knowbe4.jpをアクセスしてください。

OneLoginについて>
OneLoginは、Identity & Access Managementにおけるナンバーワンのバリューリーダーです。OneLoginのTrusted Experience Platform™は、従業員、顧客、パートナーのセキュリティを確保するために必要なすべての機能を、お客様の予算に合わせた価格で提供します。サンフランシスコに本社を置くOneLoginは、Airbus、Stitch Fix、AAAなど、世界中で5500社以上の顧客に採用されています。OneLoginについてさらに知りたい方は、https://www.onelogin.comをアクセスしてください。

Eskenzi PRについて>
Eskenzi PRは、サイバーセキュリティに特化したPRおよびマーケティングイベント会社です。Yvonne EskenziとNeil Stinchcombeによって設立されたEskenzi PRは、26年以上にわたり業界の第一線で活躍しており、スタートアップ企業を有名企業に育て上げ、グローバルブランドを生み出すことで有名です。イギリス、アメリカ、シンガポール、オーストラリア、フランス、ドイツでビジネスを展開しています。また、Eskenzi PRは、European Cyber Security Blogger's Awards、Security Serious Week、IT Security Analyst & CISO Forumなどの業界で有名なイベントの主催・運営会社です。Eskenzi PRについてさらに知りたい方は、https://www.eskenzipr.comをアクセスしてください。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ノウ・ビフォー >
  3. KnowBe4のトレーニングセッションが「オンライン・セキュリティ・レッスンの視聴者数」のギネス世界記録を達成