齋藤 孝先生新刊!『常識として知っておきたい 日本語ノート』発売

ネット・SNSにあふれる‟言葉の間違い”、わかりますか?

青春出版社(東京都・新宿区)は『常識として知っておきたい 日本語ノート』(齋藤 孝/著)を9月3日に発売いたしました。


「的を得る」
「どちらにいたしますか?」
「愛想を振りまく」  …

 これらはすべて間違っている日本語です。最近では、こういった日本語の間違いがネットニュースやテレビの字幕、SNS上にあふれています。多少の言い間違いは問題ないかもしれませんが、回数が多かったり正式な文書で間違えると、立場によっては信用を失ってしまうことにもなりかねません。
 
 本書では、メディアでもおなじみの齋藤 孝先生が、敬語や漢字を含め、特に間違えやすい日本語をピックアップし、正しい言葉の使い方を丁寧に解説します。間違っている日本語とともに正しい使い方も一目でわかるので、恥をかかない日本語力、教養が感じられる日本語力をこの1冊で身につけることができます!
 
  •  本書の内容
【1章】「混同」の間違い
 すべからく/熱にうなされる/怒り心頭に達する  …
【2章】「意味・使い方」の間違い
 手ぐすねを引く/名前負け/耳障りのよい曲  …
【3章】「敬語」の間違い
 おっしゃられた/どちらにいたしますか?/ご購入できます …
【4章】「漢字」の間違い ①同音異字
 危機一発/興味深々/一身同体 …
【5章】「漢字」の間違い ②読み
 法の下/遡る/刹那 …
【6章】「漢字」 ③変化してきた読み方
 他人事/一段落/浅草寺 …
【7章】変化してきた言葉
 気が置けるメンバーで一杯/老体にむち打つ/どんでもございません …
【8章】「ことわざ・故事成語」の間違い
 課長のひそみに習う/破天荒なふるまい/私では役不足です …
 
  • 著者プロフィール
齋藤 孝(さいとう・たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。ベストセラー作家、文化人として多くのメディアに登場。著書多数。著書に『何のために本を読むのか』(青春新書インテリジェンス)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)、『語彙力こそが教養である』(KADOKAWA)等がある。著書発行部数は1000万部を超える。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導を務める。
 
  • 書籍情報
『常識と知っておきたい 日本語ノート』
著者:齋藤 孝
発売日:2021年9月3日
定価:990円(税込)
ISBN:978-4-413-04631-2
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 青春出版社 >
  3. 齋藤 孝先生新刊!『常識として知っておきたい 日本語ノート』発売