バイドゥ、IMEに関する技術的な情報について 小町守准教授と連携し情報発信を開始

~来年より、小町准教授監修による技術的な情報をBaidu.jp上で積極的に発信~

バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 駐日首席代表 Charles Zhang、以下バイドゥ)
は、ユーザーにより安心してバイドゥのサービスをご利用いただけるよう、自然言語処理研究者である首都大学東京 小町守准教授と連携し、来春を目処にバイドゥの技術的な情報発信をしていきます。

バイドゥは、現在提供しているIME(Imput Method Editor)製品に関する基本的な仕組みと、その背後に貢献している自然言語処理の概要について、分かり易い事例とともに、小町准教授と当社技術陣、プロダクト担当とで情報発信していく予定です。小町守准教授には、当社が研究開発・当社IME製品に実装している自然言語処理のコアな部分やIMEにおける変換エンジンといった部分について、専門家のナレッジをもとに分かり易く紐解いていただきます。



本取り組みを通じて、バイドゥがユーザー向けに発信する“バイドゥを支える技術”について理解していただくことで、より安心してサービスをご利用いただける環境作りに努めます。




■バイドゥ株式会社について

世界の検索市場において第2位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu, Inc.(本社:中国北京市、代表者:Robin Li)の日本法人です。2008年1月に日本市場向け検索サービス「Baidu.jp」をリリース以降、2009年12月に「Baidu Type(ベータ版)」(2011年3月に『Baidu IME』と改称)をリリース、2011年12月よりAndroid版を、2014年9月よりiPhone/iPod touch版の日本語入力キーボード「Simeji」を提供しています。2014年12月に「Simeji」は、AppStoreが選ぶ「Best of 2014」に選出されました。



■首都大学東京 小町守准教授

首都大学東京システムデザイン学部准教授。
東京大学教養学部基礎科学科科学史・科学哲学分科を卒業後、奈良先端科学技術大学院大学を修了。博士(工学)。
2010年より奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教。
2013年より現職。

自然言語処理・計算言語学、特に大規模ウェブデータからの知識獲得とそれを用いた意味解析に関心がある。また、統計的自然言語処理、たとえば統計的機械翻訳・統計的日本語入力・統計的誤り訂正などにも興味があり、近年は日本語学習者・英語学習者の作文誤り検出・訂正の研究に中心的に取り組む。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バイドゥ株式会社 >
  3. バイドゥ、IMEに関する技術的な情報について 小町守准教授と連携し情報発信を開始