バリューデザイン、英国風パブ「HUB」と「82」109店舗にて、オリジナル電子マネー「HUBマネー」の提供を開始

マーケティングオートメーションサービス「Value Drive」も導入し、顧客データの一元化と顧客動向に合わせた販促によりオリジナル電子マネー導入効果を大幅強化

                            
報道関係者各位
2021年3月24日
株式会社バリューデザイン
JNSホールディングス株式会社

バリューデザイン、英国風パブ「HUB」と「82109店舗にて、
オリジナル電子マネー「HUBマネー」の提供を開始
~マーケティングオートメーションサービスValue Driveも導入し顧客データ一元化
顧客動向に合わせた販促によりオリジナル電子マネー導入効果を大幅強化~

株式会社バリューデザイン(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 尾上 徹、東証マザーズ:3960、以下バリューデザイン)は、株式会社ハブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:太田 剛、以下ハブ)へ、2021年3月24日から、「HUB メンバーズカード」に実装するオリジナル電子マネー「HUB マネー」と、スマートフォンアプリ版「HUB メンバーズカードアプリ」、顧客管理・分析システムサービス「Value Drive」の提供を開始致しましたので、お知らせいたします。

ハブでは、英国風パブ「HUB(ハブ)」と「82(エイティトゥ)」における既存のお客様のロイヤルカスタマーへの引き上げを目指し、全国のHUBと82の109店舗(2021年2月現在)へオリジナル電子マネー「HUB マネー」を導入すると共にHUBマネーに対応したプリペイドカード「HUB メンバーズカード」と、公式アプリ「HUB メンバーズカードアプリ」の提供を開始しました。
「HUB メンバーズカードアプリ」は、弊社とJNSホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史、以下JNSホールディングス)が共同で提供しているスマートフォン決済サービス基盤「ValueWallet」をベースに開発し、「HUBメンバーズカード」と連携することで、HUBマネーによるプリペイドやチャージを行うことが出来ます。累積の決済金額をビールのパイントグラスとして可視化できる「スタッキングメーター」、全国の店舗巡りを楽しんでもらう「スタンプマラソン」、期間限定で開催する「スタンプラリー」、アプリに表示されている店舗を利用するとビンゴゲームができる「スタンプビンゴ」など、両社のサービス知見や開発力を活かしたエンターテインメント性のある機能も搭載されています。
「HUB」と「82」においては、従来より磁気式の会員カードを運用し、累計33万人の会員数を擁していましたが、今後はHUBマネーを軸とした「HUBメンバーズカード」および「HUBメンバーズカードアプリ」会員へ順次切り替えを進めていく予定です。

<サービスイメージ>   



<スマートフォンアプリ「HUBメンバーズカードアプリ」イメージ>


また、顧客の来店履歴や購入履歴等の分析を基に、セグメントに応じて最適な販促活動を支援するマーケティングオートメーションサービス「Value Drive」も同時に提供しており、「HUBメンバーズカード」や「HUBメンバーズカードアプリ」と連携して各会員のステータスにマッチしたクーポンを配布する等、電子マネーの導入効果を最大化するとともに効率的なマーケティング強化を実現いたします。

オリジナル電子マネー『HUB マネー概要>
カード名:HUB メンバーズ カード ※(店舗にて入会・入会金500円)
スマートフォンアプリ「HUBメンバーズカードアプリ」をダウンロードして開きます。お手持ちの「HUB メンバーズ カード」を登録します。

取り扱い店舗:全国のHUB(94店舗)と82(15店舗) の109店舗(2021年2月現在) 
※営業店舗にて順次導入を予定しております。

特典:10,000円未満で2.0%。10,000円以上で5.0%。
チャージ方法:アプリを使ったクレジットカードからのチャージ。店頭レジでのチャージ。

チャージ限度:100,000円

ランクアップ機能:来店回数と利用金額によりランクアップあり。詳しくは、HUB メンバーズカードページよりご確認ください。
HUBメンバーズカード
https://www.pub-hub.com/index.php/members


ValueWalletについて>
従来プラスチックカードだった電子マネーをスマートフォンアプリに格納し、キャッシュレス決済を可能にすることでユーザーの利便性を高めるとともに、店舗側においても顧客単価や利用頻度の向上に繋げます。
さらにプリペイドカード「バリューカード」および【ValueWallet】を介して取得した顧客データを基に、属性情報や利用回数等に応じたセグメント毎にクーポン配布やPUSH通知を行うなど、一人一人に寄り添ったきめ細やかなサービスを実現します。
 


スマートフォン決済サービス基盤【ValueWallet】についてはこちら
https://www.value-wallet.com/lp/


今後もバリューデザインとJNSホールディングスは、お客様の快適な利用と店舗の集客・販売促進支援のためのサービス開発と運営を通し、店舗と消費者の豊かな関係性の構築とキャッシュレス決済の普及推進、キャッシュレス社会の実現への貢献を行って参ります。

<バリューデザインについて>
【商 号】株式会社バリューデザイン
【本 社】東京都中央区八丁堀3-3-5 住友不動産八丁堀ビル6F
【U R L】https://www.valuedesign.jp/
【設 立】2006年7月
【代表者】尾上 徹

【事業内容】
ハウス電子マネーの発行、ギフトカードの発行・ポイントカードの発行などを飲食・流通業を中心に提供しており、導入社数800社、総店舗数85,560店舗(海外含む)は導入社数・店舗数ともに国内最多となります(2021年1月時点)。
また、海外でも中国をはじめとするアジア地域7か国でサービス展開を行っており、今後も同地域を中心に更なる事業拡大を加速するほか、Fintech関連業種との提携によるサービス拡充も実施していきます。

<ハブについて>
【商 号】株式会社ハブ
【本 社】東京都千代田区外神田3丁目14-10 秋葉原HFビル7階
【U R L】https://www.pub-hub.co.jp/
【設 立】1998年5月
【代表者】太田 剛

【事業内容】
英国風PUB事業の運営

<JNSホールディングスについて>
【商 号】JNSホールディングス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1丁目23-1 住友不動産神田ビル2号館
【上場市場】東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:3627)
【事業開始】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【U R L】 https://www.jns.inc/
【グループ事業内容】
◆DXソリューション事業:ハード・ソフト・コンテンツによるトータルソリューションで社会におけるあらゆるDX化を支援
◆X-Techサービス事業:教育・健康・金融・コミュニケーションなどデジタル技術による新たなICTサービスを提供

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バリューデザイン >
  3. バリューデザイン、英国風パブ「HUB」と「82」109店舗にて、オリジナル電子マネー「HUBマネー」の提供を開始