仕事終わりの20分で社員の歯を美白に!福利厚生で“セルフホワイトニング制度”を導入。

ビジネスマンの身だしなみ意識、広がる兆しか

美容系の店舗改善サイト『torakore(トラコレ)』などのWEBサービスを運営する株式会社シンクスマイル(本社:東京都品川区 代表取締役:新子 明希)は、2017年4月1日から福利厚生として歯のセルフホワイトニング制度の導入を開始しました。
■導入の背景

当社は「ルーレットde海外」という福利厚生があり、ルーレットで行き先が決まる海外旅行を社員にプレゼントするユニークな制度があります。そのほかにも「エステ給」と呼ばれる、「エステやヘアサロンなどの美容代を月に上限2万円まで会社が負担する」といった制度もありました。
しかし、2015年にエステ給制度が廃止され、美容に関する福利厚生が無くなったことで社員は一時的に意気消沈しておりました。そこで、美容に関わる制度を新たに設けることが検討されました。

思案した結果、シンク“スマイル”という社名にちなみ「素敵な笑顔は綺麗な歯から始まる」という考えのもと、セルフホワイトニング制度を導入する運びとなりました。

 

▼セルフホワイトニング専用の部屋

 

■実はハードルが高い?歯のホワイトニングという行為
一部の社員に簡単なアンケートを取った結果、10人中9人が「歯のホワイトニングに興味はあるが、したことがない 」という結果が出ました。理由は「金額が高い」「通うのが面倒」「歯に悪い影響がありそう」など、マイナスのイメージからくるものでした。

しかし、当社は「したことない。をへらす」という経営理念を掲げていることもあり、「まずはやってみる」という積極的な姿勢で物事に取り組む組織風土がすでに形成されています。

福利厚生についても「ホワイトニングをしたことがない社員が多いのであれば、なおさら面白い。やってみよう。」と代表取締役の新子は制度の導入を決定しました。

 

▼歯の白さをチェックする社員

 

■社員のメリット

・サロンやクリニックだと1回につき1~5万円ほどの費用がかかるところを、
 1回ワンコイン(500円)で受けることができる
・1回につき約20分という短時間で気軽にできる

・セルフ(自分自身)で完結するので行うタイミングを自由に決められる

・医療行為ではないので資格が不要


近年、“見た目”をテーマにしたテレビドラマが放映されるなど、人の“容姿”に対して世間の興味関心が高まっていることがうかがえます。時代の変化に合わせ、ビジネスマンの基本的な身だしなみにプラスアルファとして歯のホワイトニングを取り入れることで、取引先企業からの印象がより良くなることを期待しています。

仕事やプライベートに良い影響を与えてくれる福利厚生の導入によって、社員の会社に対するエンゲージメント向上を図ってまいります。

 

▼セルフホワイトニングを数回試した社員



【会社概要 】
・会社名:株式会社シンクスマイル
・代表者:代表取締役 新子 明希
・資本金:70,000,000円
・設立:2007年(平成19年)6月6日
・所在地
 東京本社:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-7-7 SGスクエア3F
 大阪本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場3-6-10 エミネント心斎橋ビル8F
・TEL 東京本社:03-5436-3460
・FAX 東京本社:03-5436-3461
・URL:https://5smile.com/

【 事業内容 】
・日本初のお試しサイト「Tryfeel.collection(トラコレ)」の運営
・社員モチベーションアップシステム「HoooP(フープ)」の運営
・チームワークアプリ「RECOG(レコグ)」の運営


【 本件に関するお問い合わせ先 】
企業名:株式会社シンクスマイル
広報担当:武内 彩
TEL:03-5436-3460
Email:pr@5smile.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シンクスマイル >
  3. 仕事終わりの20分で社員の歯を美白に!福利厚生で“セルフホワイトニング制度”を導入。