「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」株式会社VooKの「書籍の要約動画サービス「WISQ」」がグランプリに決定

最終審査会/ピッチコンテストを2020年9月24日に開催

 サッポロ不動産開発株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:時松 浩)は、株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木 規文)と共同で運営する「EBISU BUSINESS CONTEST 2020(恵比寿ビジネスコンテスト2020))」の最終審査会/ピッチコンテストを2020年9月24日にオンラインで開催し、株式会社VooKの「書籍の要約動画サービス「WISQ」」がグランプリに決定しました。
 本年、4月に募集を開始し、約2か月で95件のご応募をいただきました。その中から、書類・面談選考を経て選抜された6チームが9月24日、最終審査会/ピッチコンテストに登壇しました。

<4月23日配信 「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」募集開始リリース>
https://www.sapporo-re.jp/pdf/sapporore/store/storage/cname_20200423093210.pdf
 

オンライン最終審査会の様子オンライン最終審査会の様子

グランプリ受賞株式会社VooKプレゼンの様子グランプリ受賞株式会社VooKプレゼンの様子

  
 グランプリに選ばれた株式会社VooKの「書籍の要約動画サービス「WISQ」」の事業アイデアは、本を“見る”という新しい文化醸成につながる事業コンセプトや、顧客ニーズを適切に捉えたソリューションであることが高い評価を得た他、将来の事業成長への期待感も大きいことなどにより決定しています。今後、グランプリ受賞企業を含め、本ビジネスコンテスト応募企業に対して、事業の成長性等を精査しながら協業の可能性を検討していきます。

 当社は、創業の地である恵比寿・札幌を中心として不動産の賃貸管理事業、不動産開発、ホテル運営事業等を展開してきましたが、昨今のデジタル化の進展と共に生活者の価値観が大きく変化する中、課題の迅速かつ柔軟な解決に向け、『EBISU BUSINESS CONTEST 2020』を開催しています。経営理念「まちや社会とともに、『豊かな時間』と『豊かな空間』を創り、育む」ことを実現するため、既存の不動産賃貸事業だけでなく、アセットを起点としない事業領域の拡大に挑戦し、多様な事業者との共創による新規事業開発を展開し、事業領域の拡大を目指していきます。

《グランプリ受賞チーム》


《登壇チーム》


《審査員(敬称略)》
● サッポロ不動産開発株式会社 代表取締役社長 時松 浩
● アーキタイプ株式会社 リードビジネスアーキテクト 貝沼 篤
● 株式会社ゼロワンブースター 代表取締役 鈴木 規文

《パートナー》
株式会社ゼロワンブースター
所在:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル10階
代表取締役:鈴木 規文
事業内容:起業家向けシェアオフィス、コーポレートアクセラレーター・イントラプレナーアクセラレーター
     プログラム企画運営、企業内起業人材研修、投資および資金調達支援、事業創造コンサルティング、
     M&A仲介サポート等
URL :https://01booster.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サッポロ不動産開発株式会社 >
  3. 「EBISU BUSINESS CONTEST 2020」株式会社VooKの「書籍の要約動画サービス「WISQ」」がグランプリに決定