四街道市緑化推進協力会が花の種3,000袋を四街道市長に寄贈しました

 市内の造園業者を中心に組織されている四街道市緑化推進協力会が、市の花サクラソウをはじめとした花の種3,000袋を佐渡斉四街道市長に寄贈しました。
 
 いただいた花の種は公民館などの公共施設で市民に配布されます。

 また、緑化推進協力会の方々の提案もあり、昨年度からは市役所駐車場で開催されている朝市でも配布しています。

 緑化推進協力会会長の海保加壽夫さんからは、「たくさんの人に花の種を手に取ってもらい、市民の皆さんがもっと気軽に花を楽しめるようになってほしいと思います」とのお話がありました。

■日 時:
平成29年 4月18日(火) 
11時30分~12時00分

■会 場:
四街道市役所新館3階 公室

■来庁者:
海保 加壽夫(かいほ かずお)さん/(写真左から2番目)
渋谷 正幸(しぶや まさゆき)さん/(写真中央)
東海林 大介(しょうじ だいすけ)さん/(写真右から2番目)
藤井 義隆(ふじい よしたか)さん/(写真右端)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 四街道市役所 >
  3. 四街道市緑化推進協力会が花の種3,000袋を四街道市長に寄贈しました